インテルは、スティーヴン・ホーキング博士が声を得ることに役立ったソフトウェア


f0180726_10111757.jpg


インテルは、スティーヴン・ホーキング博士が声を得ることに役立ったソフトウェア
と同じ技術を、ライセンスフリーでリリースすることにした。
「支援用状況認識ツールキット(assistive context-aware toolkit)」、略してACATと呼ばれるこのプラットフォームの開発については、こちらの記事でも紹介している。このツールキットのソースコードが公開されたことにより、ホーキング博士がテキストの入力、アプリケーションへのコマンド送信、および世界との音声コミュニケーションに利用しているものと非常によく似たシステムを、誰でも構築できるようになる。
ACATでは、利用者の顔にある視覚的な手がかりを使ってコマンドを理解する。筋委縮性側索硬化症(ALS)を患うホーキング博士の場合は、頬の筋肉の動きを追跡する。ACATは、コンピューターにウェブカメラが付いていれば利用できる。ただし、ACATをさらに活用することが望まれる、またはその必要が生じると思われる人には、今後、ほかの種類の入力が必要になる可能性もある。
インテルの「Anticipatory Computer Lab(予想コンピューター研究所)」の所長を務める主任エンジニアのラマ・ナッハマンは、「わたしたちは各種のセンサーをつくっては、患者に試してもらうことを続けています」と述べている。ナッハマン所長によると、この実験には、近接センサーや加速度計を利用したセンサー、インテルの「RealSense 3Dカメラ」などが含まれるという。
現時点で、ACATが開発者や学術コミュニティ向けであることは明らかだ。しかし、先駆けて利用している人たちの話を聞くと、ACATのインストールは非常に簡単なように思える。もちろん、ユーザーガイドを調べたくなることはあるだろうが、ソフトをインストールして起動し、コンピューターに自分の顔を読み取らせて入力してもらう操作を始めることはできる。
[PR]
by denhazim | 2015-08-21 10:11