【自転車】ブリヂストンサイクル、走行性能を追求した折りたたみ自転車を発売



f0180726_10453455.jpg

【自転車】ブリヂストンサイクル、走行性能を追求した折りたたみ自転車を発売2015年9月10日(木) 09時15分
ブリヂストンサイクル、走行性能を追求した折りたたみ自転車「CYLVA(シルヴァ)F6F/F8F」を発売
ブリヂストンサイクル、走行性能を追求した折りたたみ自転車「CYLVA(シルヴァ)F6F/F8F」を発売
ブリヂストンサイクル 特別編集
ブリヂストンサイクル、カーボンフラッグシップロードバイク「ANCHOR RS9」発売
ブリヂストン、シニア向け電動アシスト自転車を軽量化し発売
ブリヂストンサイクル、少女向け自転車を開発…「大人のテイストに子供らしい可愛さを」


編集部にメッセージを送る
ブリヂストンサイクルが9月下旬より、都市生活をアクティブに変えるミニベロ折りたたみ自転車「CYLVA(シルヴァ)F6F/F8F」を発売する。

折りたたみ自転車は、都市生活とマッチングするモビリティとして注目を集めている。自転車の車種別購入意向は、折りたたみ自転車が1位。保有率でも一般軽快車に続く2位だ。そうした市場背景を受けて同社はさらなる需要喚起を目指し、アクティブな都市生活を提案する新たなミニベロ折りたたみ自転車を開発した。

折りたたみ自転車の特長はフレームやハンドルをコンパクトに折りたためること。折りたたむことで車に積み込んだり、電車に持ち込んだりすることが可能となり、移動先での足として活用することができる。また、マンションでの駐輪スペースが確保できない場合も部屋で保管することができ、盗難のリスクも低減する。

今回発売する商品はそうした折りたたみ自転車の特長は当然ながら、「都市生活をアクティブに変える」をテーマに走行性能を追求。軽量なアルミ素材のフレーム、足にフィットするペダル、お尻が痛くなりにくいサドル、外装多段変速を搭載。乗車姿勢も従来の折りたたみ自転車と比べてスポーティ(前傾姿勢)となるように車体を設計。サイクリングでも活用可能な走行性能を実現した。

タイヤサイズは走行性を重視して20インチを採用。走行性能は維持しつつ、漕ぎ出しが軽く、小回りよく乗車することができるので、ストップ&ゴーの多い都市散策に最適。重量は11.6kg(F8Fモデル)、折りたたみ時は、縦765mm×横820mm×奥行415mm(F8Fモデル)のコンパクトサイズを実現。車や電車でも楽に持ち運ぶことが可能。

外装6段変速を搭載したモデル(4万4800円)から計4色、シマノ・ソラ外装8段変速を搭載したモデル(5万9800円)から計2色を発売。価格は税別。
[PR]
by denhazim | 2015-09-10 10:45