中国、上海に16日、中国本土で初めてのディズニーランドがオープンします



f0180726_10244978.jpg

中国、上海に16日、中国本土で初めてのディズニーランドがオープンします。個人の所得が増加し、レジャーに対する関心が高まる中国で、どこまで客を呼び込めるか注目されています。
上海のディズニーランドは、ホテルや商業エリアなどを含めて390ヘクタールの敷地におよそ340億人民元(日本円で5500億円近く)をかけて建設され、ディズニーの施設としては世界で6か所目、中国本土では初めてとなります。
各地のディズニーの施設では中心部にシンボルとなる城が建てられていますが、上海ディズニーランドのものはその中で最も大きいほか、ディズニーの映画をテーマに雑技団のメンバーが演じるショーなど中国らしさも盛りこまれています。
先月からおよそ1か月間行われた試験営業では60万人以上が訪れ、連日、地元のメディアでも関連の話題が報じられるなど高い関心を呼んでいます。
16日は、現地時間の正午(日本時間の午後1時)にオープンする予定で初日の入場券は発売直後に完売したということです。中国では、所得の増加に伴って人々のレジャーに対する関心が高まる一方、各地でテーマパークの建設が相次ぐなど競争も激しくなっていて、上海のディズニーランドが中国の消費者をどこまで呼び込めるのか注目されています。
[PR]