TKG(卵かけご飯)にオムレツにポーチドエッグ!



f0180726_1061798.jpg

TKG(卵かけご飯)にオムレツにポーチドエッグ! みなさんは、どんな卵料理がお好きですか? 記者(私)は目玉焼きがだーい好き。ほぼ毎日、目玉焼きを食べているほどです。

最高の目玉焼きを追求すべく、調理のコツをネットで調べていたところ、ある料理研究家が「目玉焼きは、白身と黄身を別々に焼くと最高においしい」って言ってるのを発見!

「水を少々加えて白身をふんわりさせる」など、これまで色んな焼き方を試してみたけれど、別々に焼くという発想はなかった……! さっそく試してみましょう!

【白身と黄身を別々に焼くと、目玉焼きは超ウマイらしい】
アサヒビールのWebサイトに、料理研究家のコウケンテツさんによるレシピ動画「コウPoint Cooking」が掲載されています。目玉焼きの作り方も、ここで紹介されていました。題して、「これが理想の目玉焼き」。

コウさんによれば、白身と黄身を別々に分けて焼くことで、「カリッとした白身」と「トロ~リな黄身」のコントラストが楽しい、理想の目玉焼きに仕上がるのだとか。今朝も目玉焼きを食べたばかりだけれど、今すぐにでも理想の目玉焼きを食べてみたいッ!! さっそく、試してみることにしました。

【作り方】
用意するものは卵とサラダ油のみ。

まずは卵を黄身と白身に分けます。

フライパンに油をひき、白身を入れます。周囲がカリッと焼きあがったら黄身をのせて焼き上げる、というのがおおまかな手順です。超カンタン!

【簡単なのにウマすぎる!!】

カリカリッとした香ばしい白身とトロンとした黄身のマリアージュが素晴らしく、新感覚の食感です。いつもと同じ卵を使っているのに、味もレベルアップしています。白身と黄身を分けて焼くだけで、ワンランク上の目玉焼きに仕上がるとは、本当に驚きました!

黄身のトロミ具合がTKGを思わせる、最高の目玉焼き。白身と黄身を分けて焼くひと手間がかかるけれど、試してみる価値アリですよ。 
[PR]