カテゴリ:建築家の料理教室( 146 )



f0180726_9281555.jpg

紀二千六百七十七年 平成29年丁酉 山下火一白水星 5月 22日(月)己酉、四緑、赤口=正午は吉、前後は大凶。ガールスカウトの日。おはようございます!近畿の気温は18℃~31℃、概ね晴れ。昨年、4月から今年の2月 8日までに全国で6500回以上の地震がありました。福島県でも計310回の有感地震が続いています。PRAY FOR FUKUSHIMA 熊本県では4月14日から続く、一連の地震で震度1以上を観測した地震の回数は22日06時00分までに合わせて4330回に上っています。PRAY  FOR KUMAMOTO 鳥取県でも震度1以上が351回になっています。PRAY  FOR TOTTORI
[PR]


f0180726_9245512.jpg

皇紀二千六百七十七年 平成29年丁酉 山下火一白水星 5月 18日(木)乙巳、九紫、友引=午前は利益なく夕方より吉。国際親善デー。三国まつり。世界電気通信記念日。おはようございます!近畿の気温は13℃~25℃、概ね晴れ。昨年、4月から今年の2月 8日までに全国で6500回以上の地震がありました。福島県でも計309回の有感地震が続いています。PRAY FOR FUKUSHIMA 熊本県では4月14日から続く、一連の地震で震度1以上を観測した地震の回数は18日06時00分までに合わせて4327回に上っています。PRAY  FOR KUMAMOTO 鳥取県でも震度1以上が351回になっています。PRAY  FOR TOTTORI
[PR]

f0180726_85828.jpg


木陰で一休みしましょう♡
"Shall we have a seat?"
Mahler: Symphony No. 5: Part III: Mov. 4 - Part 1 of 2
[PR]


f0180726_11364453.jpg

❤️Happy Mother's Day
[PR]

f0180726_16322563.jpg

今度の日曜日、5月14日は、母の日だね〜❤️
[PR]
f0180726_8639.jpg


皇紀二千六百七十七年 平成29年丁酉 山下火一白水星 5月 8日(月)この世と世界には欺瞞が満ち溢れている。。おはようございます!近畿の気温は11℃~26℃、晴れ。昨年、4月から今年の2月 8日までに全国で6500回以上の地震がありました。福島県でも計307回の有感地震が続いています。PRAY FOR FUKUSHIMA 熊本県では4月14日から続く、一連の地震で震度1以上を観測した地震の回数は8日06時00分までに合わせて4315回に上っています。PRAY  FOR KUMAMOTO 鳥取県でも震度1以上が350回になっています。PRAY  FOR TOTTORI
[PR]


f0180726_10555487.jpg

❤今日は何の日 5月4日

◆国民の休日(1989)、ラムネの日、ファミリーの日、競艇の日

▲藤原保則が陸奥の蝦夷制圧に出発(878)
▲伏見城の天守閣、完成(1597)
▲エブソムでダービー初開催(1780)
▲千葉勝五郎がラムネの製造販売許可を得る(1872)
▲郷従道と大久保利通の会見が長崎で行われ、台湾出兵の実施が決まる(1874)
▲独・仏・露、三国干渉。政府が遼東半島の全面放棄を決める(1895)
▲第一回全国中学校陸上競技選手権大会開催(1919)
▲プロ野球第一号本塁打(1936)
▲TBSが外科医師の物 語「ベン・ケーシー」の放送を開始(1962)
▲堀江謙一、ヨットで世界一周に成功(1974)
▲女性初のマナスル登頂に日本女性山岳隊が成功.。女性で初めて8000メートル以上の山征服(1974)
▲サッチャー、英国史上初の女性首相に(1979)
[PR]

f0180726_1116493.jpg

5月3日は1948年に「憲法記念日」と制定されました。
「日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する日」と法律で定められました。国民の祝日の1つです。正確に言えば、日本国憲法は1946年11月3日に公布され、その半年後の1947年5月3日に試行されました。
その憲法の内容は、以下の3つの柱から成立しています。
・国を治める主権は国民にあるという「国民主権」
・人間が生まれながらにして持っている、人間らしく生きる権利を永久に保障する「基本的人権の尊重」
・世界の平和を永久に守るため、外国との争いが起きても戦争をしないで平和的に解決するという「平和主義」
現在は「平和主義」に基づく憲法9条の問題がしばしば討論の的になっているようです。
[PR]

f0180726_11534347.jpg

❤️2017年4月16日(日)は、イースター(復活祭)
キリスト教では、十字架の刑に処されたキリストが数日後に生き返り、復活を祝う日とされているようです。
我が家は仏教徒なので詳しくは知りませんが、幼稚園児だった時に「イースターになると、本当に暖かくなるから、お洋服を春物と入れ替えるのよ。」教えられたように思います。
成人してからは、仕事に関わりが出てきたので、気にしています。
基本的に「春分の日の後の最初の満月の次の日曜日」に祝われるため、年によって日付が変わる移動祝日です。日付は変わるものの、必ず日曜日に祝われ、キリスト教が優勢な国においては復活祭の翌日の月曜日も休日にされていることがあります。
欧州における主要株式・債券市場は、復活祭の前の聖金曜日、復活祭後の月曜日に休場します。
現在、復活祭の説明としてよりどころとされているのが、8世紀のBedeという神父が唱えた説で、北方神話の春の女神「Eostre」に由来すると言うもの。本来はキリスト教とは関係のない異教徒の春の祭りだったが、キリスト教の布教の際に、意味を変え、普及したと言われています。寒さ厳しい暗い冬から、草木が芽吹き動物たちが繁殖する春へと移り変わる様が、十字架で処刑された後に復活したとされるイエス・キリストのイメージと重なり、統合されていったと見られているようです。
イースターは、古典英語では「Pasch」「Pascha」とも表します。ユダヤ教の「過ぎ越しの祭(Passover)」と「復活祭(Easter)」の二つの意味があるそうです。
イースターの象徴は、「イースターエッグ」。伝統的に、生命や復活を象徴するものとして、卵が使われてきたのではないかと言われています。
卵は、「イースターうさぎ」(Easter hare/Easter rabbit)が運んできたとされ、子だくさんのうさぎは、古代より、繁栄・多産(fertility)のシンボルでした。(イギリスでは、野ウサギに「hare」という単語を使うのがふつう。アメリカでは「rabbit」や「bunny」という言い方が定着しています。)
カラフルな紙や布やペイントで卵を彩って家に飾ったり、子どものいる家庭では、庭に卵を隠して子どもに探させる「エッグハント」(egg hunt)や、ホワイトハウスでも毎年行われることで有名な、丘の上から卵を転がす「エッグロール」(egg roll)、卵をスプーンにのせ、落として割らないように気をつけながら、誰が一番にゴールにつけるかを競うレース「エッグレース」(Easter Egg Spoon Race)も人気です。
イギリスでは古代演劇「ペース・エッグ」(Pace Egg)が行われる地域も。家族でゆで卵を食べたり、家族や友人など親しい人とタマゴやウサギの形のチョコレートや、中にプレゼントを入れたチョコレート卵を交換し合ったりする風習があります。
ちょっぴりイースター(復活祭)のお話でした。
Happy Easter!
Have a wonderful Sunday!
f0180726_11535613.jpg
f0180726_1154787.jpg

[PR]
見つけました‼️

f0180726_10515458.jpg

[PR]