<   2008年 09月 ( 73 )   > この月の画像一覧


f0180726_12212893.jpg


今日は新米……だから……絶対、塩むすび!
明太子や塩昆布や梅干しも捨てがたいけれど、美味しい塩でむすんだご飯にはかえって邪魔だろうな。
新米の美味しさを堪能したいならこれに限る。




それとぬか漬けさえあれば……『全てこの世はこともなし』。  
仕上げは熱い煎茶で決まり。
[PR]
by denhazim | 2008-09-30 12:21 | グルメ
f0180726_2048638.jpg



地球の細胞分裂

再生不能の地球

ついに細胞分裂を始めた
移住資格があるのは-------

ヒトは資格があるのかなァー



細胞分裂と再生不能のパラドクス。
愛する地球を守ることと脱出することのパラドクス。
[PR]
by denhazim | 2008-09-28 20:48
f0180726_18124555.jpg

f0180726_1813211.jpg

これをつくった人はどんな人なんだろうと想像してしまいました。
たぶん日本ではなく、東南アジアのどこかの国の片田舎で、親子して、あるいはおじいちゃんおばあちゃんが、日銭を稼ぐためにつくっていたのかもしれないなどと想像しながら、それでもきっと楽しそうにつくっていたには違いないと思うのです。
この笑い顔を見たら、そんな風にしか思えません。
つくっている本人も、つくっていくうちに、どんどん楽しくなっていったんじゃないかなって。
そうだといいなって考えました。
[PR]
by denhazim | 2008-09-28 18:13
f0180726_17504873.jpg




冷めて身のしまった骨付きのチキンをお行儀悪くかじるのも好きだけれど、サンドイッチの具材にするのはもっと好きだ。レタスでもオニオンスライスでも、アルファルファでも胡瓜でもトマトでも、何にでも相性がいい。
今日は食パンに挟んでみた。
味付けは、バターとマヨネーズを塗り重ねるだけ。
私にとっては、ハムや卵やツナとともにオーソドックスなサンドイッチの定番。
チキンは厚めにスライス、思いきりよくアルファルファをてんこもりにすると、すっごく美味しくなるんだな。
たっぷりの紅茶を用意しなくちゃ。
[PR]
by denhazim | 2008-09-28 18:03 | グルメ
f0180726_1754665.jpg

f0180726_17545736.jpg


栗ご飯でその甘さを味わうなら、塩とだし昆布だけのシンプルな味付けがいい。
餅米を1割ほど加えると、噛みごたえも栗の絡みもよくなる。
ご飯とのバランスを思っても、ついつい栗を入れ過ぎてしまう。
でも、栗いっぱいの栗ご飯が出来上がると、なんだか嬉しくなってしまうのだ。
[PR]
by denhazim | 2008-09-28 17:55 | グルメ
f0180726_1746515.jpg



地球の細胞分裂

再生不能の地球

ついに細胞分裂を始めた
移住資格があるのは
ヒトは資格があるのかなァー

細胞分裂と再生不能のパラドクス。
愛する地球を守ることと脱出することのパラドクス。
[PR]
by denhazim | 2008-09-28 17:47

f0180726_13144237.jpg


時計を止めて
地球の大掃除しましょう。


地球が長年かけてつくりだした
限りある資源であることを考えず
それを大量に使ったため、「枯渇」という危機が訪れた。
また、それを燃やすことで「地球温暖化」という
ヒトそのものの存亡にも関わる重大な事態を引き起こした。

『ヒトは化石燃料とともに絶滅する。』

てな事を言い出した学者が現れた。
自然破壊の前にヒトが絶滅するだろう。
ヒトは何処に行こうとしているのだろう
ヒトは自然破壊の結末は見届けられないのだろう
ヒトが絶滅した後自然はまた回復するのだろうか

『ヒト』何だろうこの動物
知恵があるのか無いのか 無いのかあるのか
考えてると眠れなくなっちゃうね(大笑)
[PR]
by denhazim | 2008-09-26 13:14

f0180726_15445243.jpg



お~~いつぶさないでくれよ~~

人間社会も不信が渦巻く
自然界も確実に破壊されてきてる
不信感は何れ回復されるだろうが
自然の回復はそう簡単でないぞ
[PR]
by denhazim | 2008-09-23 15:45
f0180726_15413119.jpg



今日は銀座FEERIEのヘアースタイリストさん
NAOさんのお誕生日です。
おめでとう御座います。

夜の銀座をますますあでやかに演出して下さ~い。(笑)
銀座族を代表して(?)お祝い申し上げます。
[PR]
by denhazim | 2008-09-23 15:41
アガサはとにかく良く食べた。
おかげで歯と胴回りは相当な被害を被ったらしい。
それにもかかわらず、その横暴で気まぐれな食欲を満たすための工夫は、怠らなかった。
伝統的なイギリス料理を生涯好んだが、意外なことに、「イギリス人の飲み物」と呼ぶ紅茶よりもコーヒーを好んで飲んでいたとか。

「キスは美味しい料理ほど長続きしない」(ジョージ・メレディス)
「食物に対する愛より誠実な愛はない」(バーナード・ショー)
そんな思いが巡った後、アガサは離婚を経験する。

性格は人見知りの傾向。失踪事件(1926)でマスコミの餌食とされたこともあり、意識的に表舞台を離れるようになったけれど、この出来事が神秘的なミステリーの女王伝説につながっていったとか。

彼女の得意料理は、冷製の鶏肉マヨネーズ和え。
好きなものは林檎と桃、そして「食にまつわる殺人」。
彼女は薬剤師の経験もあったらしい。
どうりで毒薬の知識が豊富なはずだ。



エルキュール・ポアロが好きなのはホット・チョコレート。その中にクロワッサンを浸して食べる。ポアロの口にイギリス料理は合わないらしい。彼はベルギー人。「灰色の脳細胞」の活性化に効果的な食べ物とは…。

ミス・マープルをうっとりさせたアフタヌーン・ティー。
サンドイッチ、カナッペ、スコーンとデボンシャー・クロテッドクリーム、マフィン、クランペット、ロックケーキ、タルトやパイ。
アフタヌーン・ティーにはおなじみのお相手たち。

f0180726_19343835.jpg


「甘美なる死」(『殺人予告』)
その名の示すとおり魅惑的なスイーツ。
彼女が「甘美なる死」を望んだのか否か。

この本の、おびただしいレシピの数々を見ているうちにふと思った。
彼女はミステリーをではなく、魅惑的な食べ物を書きたくてペンを握っていたのかも知れないと。
今となっては、彼女の心情を誰も知らない。
これこそがミステリー。

f0180726_19373380.jpg

[PR]
by denhazim | 2008-09-20 19:34 | グルメ