<   2010年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧


バーブラ ストライサンド

多くの思い出を創ってくれたアーティスト。
プレスリーよりも
ビートルズよりも
私にとっては忘れられないアーティスト。
フランクシナトラ以来の偉大なポップ歌手。
数十年ぶりのライブ
愛犬も一緒に楽しんでいた。
いい年のとり方をした代表選手だ。
f0180726_1239434.jpg

アメリカ人はスターをいつまでも大事に育て
いつまでもスターと一緒に楽しむことを知っている
うらやましい、すばらしい国民性だ
なんで日本に来ないんだろう
バーブラの生き様を理解できない
空気感の違う場所でのライブは
本人も気が向かないだろうし
日本での大人のライブはむりだろう思う。
一度も来日経験の無い大物アーティストの数少ない一人だ。
[PR]
by denhazim | 2010-02-28 12:39

f0180726_18233854.jpg

アンチエージング医学の定義

加齢とは
神秘のベールの中の避けられないもの
でなくなった。
近い将来、医学的に解明されるであろうが

単に寿命を延長する事だけではなく
人間としての寿命の質が問われる時代になってくるだろう。
たとえ齢をとることによって何らかの病的状態が出現して いても、
肉体的にも精神的にも“元気であり”

バランスボールと仲良く出来る事が大切だ。

特に女性はいつまでも美しくあってほしいもんだねェ。(男性願望)
おじいちゃんも綺麗に可愛く格好良く年をとって下さいナ。(笑)
[PR]
by denhazim | 2010-02-27 18:23
f0180726_9464969.jpg

メイプルの国旗が印象的だった。
f0180726_9474281.jpg

この迫力 日本に持って帰りたい(笑)
f0180726_948685.jpg

力尽きたカーリング お疲れ様でした。


2010年2月12日 午後6時(現地時間
カナダ バンクーバーで冬季オリンピックが開催された。
カナダでは3回目のオリンピック
22年ぶりのオリンピック
オリンピックの楽しみはなんといっても開会式の演出だ
カナダの壮大な雪山をバックに始まり素晴らしい開会式だった
真っ赤なメイプルの国旗が印象的だ
カナダの国の生き様を良く現している

競技は、カナダ 韓国の活躍が目に付いた
日本選手も良く頑張ったが、チョット気迫に欠けたかな
イマの国情そのままだね。勝負に拘りが無くなった。残念だ
涙の残念会見が目に付いたな。
ベンチャー起業家が生まれてこない要因も同じだな
リスクを負いたくない日本の若者。特に男性諸君。
もっと冒険して欲しいな。失敗を怖がらず
肉をバリバリ食ってエネルギッシュに行動しなくちゃーね(笑)
人口の半分は女性軍
国会議員も企業家ももっとモット女性軍が増えてこないと
日本沈没しちゃうぞ。
女性軍もガンバレ 男に任せてられないよ(笑)

今日は大勝負 真央ちゃんガンバレ。
[PR]
by denhazim | 2010-02-26 09:50
f0180726_18203820.jpg

世界一の企業の代表が公聴会に呼ばれる
10年前のブリジストンのタイヤ事件以来の
前代未聞の出来事だ。
ピンチ日本ブランド
24日に豊田章夫社長 アメリカ公聴会で証言 
ロビー活動効果上がるかな?
 頑張ってくれ 豊田社長

豊田社長の証言によっては日本ブランド総崩れか
場慣れしてそうもない若社長
自信を持ってドーーンと証言してくれ
アメリカの事情もあるので貿易摩擦までは発展しないだろうが
純粋にアメリカ国民の安全性だけの問題であれば良いんだが
ちょっと心配だな。裏の裏が(笑)

ブリジストンの名が出てくるのも何かの因縁か
鳩山さんも頑張ってちょうだいョォー パンクしないように(笑)

さァーちょっと出かけてきます。
OB出さないように気ォ付けなくちゃー(笑)
[PR]
by denhazim | 2010-02-23 18:20
福井県 永平寺 
750年前、道元禅師が真の自分にめざめる為、禅の修行を行った。
修行とは、自分自身を知ること。
しかし自分とは何者?だと突き詰めることでなく自分を忘れること。
とらわれのこと全てを捨てたとき
本来の自分と出会う。
f0180726_2143334.jpg

最近若者の多くが禅の世界に惹かれ、入門の許可を得るため永平寺の山門に立つ。
f0180726_2151181.jpg

京都生まれの青年
10才の頃から茶の湯をたしなみ、柔道も2段の腕前
政治家を志 東大法学部 在学中 当年とって19歳
典型的な肉食男児のナイスガイ
カラオケをやらせればプロ級、マイクを離さない。
この春 福島県永平寺に入門志願、永平寺の山門に立つ
許可が得れれば、雲水になり一年間の修行に入る。
雲が行き水が流れるごとく真の仏法を求める。
「日常の生活全てが修行である。」道元禅師の教えだ。

よろしくたのんまっせ 道元禅師(笑)

はたして、この青年 無の境地に達する事ができるか
20年後は日本の政界も大統領制になってるだろう
40代で日本初の大統領になるか
20年後のたのしみが一つ増えた。(笑)
[PR]
by denhazim | 2010-02-16 21:05
利休の死後その精神は利休の子孫に受け継がれていった。
利休の孫の三男 表千家「不審庵」
f0180726_1142891.jpg

四男の裏千家「今日庵」
f0180726_115333.jpg

次男の武者小路千家「官休庵」
f0180726_1153676.jpg

利休の「侘び寂び」の精神は三千家をはじめ茶の湯を愛する人々に
今も生きている.
[PR]
by denhazim | 2010-02-11 11:06
f0180726_1052626.jpg

茶の湯に「わびの心」を取り入れ新たな歴史を刻んだのが千利休
利休の強い美意識と茶の湯にかける強靭な意志が
この鋭い眼光にみてとれる。
利休の生きた戦国時代
戦国武将の間で広まった。
f0180726_10524118.jpg

織田信長は茶の湯を政治の道具に使い
領地の代わりに茶道具をほうびとして与えた.
貿易で富を蓄えた境の商人の力を使い高価な茶道具を揃えた
境で生まれた利休も信長に使えた.
f0180726_10531012.jpg

低い身分からのし上がった秀吉は
黄金の茶室を作り権力を誇示した.

f0180726_1057221.jpg
こうした並み居る戦国武将とのつながりを持ちながらも
利休が追い求めたのは「侘び寂び」の世界.
その心は利休の道具によくあらわれている。
利休自作の茶杓「ゆみ竹」
あえて節の部分を取り込み
自然な歪みを強調してる。
f0180726_1058386.jpg

花いれ「園城寺」
正面に大きなひび割れが走っている
整然とした美しさではなく
こうした自然の荒々しさにも利休は美を求めた。
[PR]
by denhazim | 2010-02-11 10:47

f0180726_10325044.jpg

f0180726_10373591.jpg

f0180726_1038436.jpg

f0180726_10392334.jpg

[あからく]という茶碗。
手にすっぽりと収まる簡素な形と飾り気のない自然の色合い。



茶の湯の世界では道具にも茶室にも独特の美意識が流れている。
茶の湯を理解するうえで隠せないのが「わび」という言葉
「わび」とは豪華ではないけれど自然な風合いが素朴で味わい深い
そんな美意識だ、

歴史に残る大作家 大芸術家 が追い求めた「純粋無垢」の世界
千利休も一生をかけ追い求めたのだろう。




対物 対人 どれに対しても
「おもいやりの心」が無ければ対話はできない
「思いやりの心」は自分に豊かな心がないと生まれてこない。
まずは、それぞれ自分が豊かになることです。

昨今日本では無縁社会が広がってる。
毎年36000人の無縁仏があるそうで
新しいビジネスが生まれてきてるそうだ。
7割の人が生前十分な社会生活を送っていた人らしい。
悲しい現実だ。
周りに思いやりの心が少しでもあればーーーと
自分から無縁社会を選んだ人も多いだろうが
これも問題だ
4人に一人が生涯独身らしい。
これまた問題だ
男性が弱くなったのか
女性が本能の強さを出してきたのか
男と女の世界ではグレーゾーンがあっても良しとせねば(笑)

男は強くなくちゃーいけないね。(空元気でも良し)(笑)
[PR]
by denhazim | 2010-02-11 10:33
f0180726_10222352.jpg

古都京都
長い年月をかけて茶の湯の文化が育まれてきた
亭主が客を招き茶をたて心をこめて振舞う茶の湯
今も多くの人々が
茶の湯の心を学び美しい手さを身に着けようと
日々稽古にはげんでいる
茶の湯はさまざまな伝統文化の礎ともなり
その影響は
陶器や竹細工の工芸品から建築の世界
会席料理や茶菓子の食の世界までひろがっている
今では海外でも多くの人々が茶の湯に魅了される
日本の総合芸術ともいわれる茶の湯
時を越えて国境を越えて広がる壮大な茶の湯の世界
茶会を楽しんでみよう。
f0180726_1027381.jpg

f0180726_10273770.jpg

f0180726_10281589.jpg

f0180726_1029281.jpg

「夏は涼しく冬は暖かく
炭は湯が沸くようにおきなさい
茶は飲みやすくたてなさい
そのような茶会をしてくださるならあなたの弟子になりましょう。」

無心の心を持つことがもっとも難しい

茶の湯三昧で一生を終えた利休も獲得できなかった「無心の心」
われわれ凡人には、、、、、、
茶の湯の心を日々の生活に生かすことが大事なのかなァー
若い人たちに広がっているようで、、いいことだと思う

日本も少しだけいい方向に向かっているかな
全世界に広がって行くといいですね。(笑)
[PR]
by denhazim | 2010-02-11 10:23