<   2011年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ちょっと待って 
f0180726_1827463.jpg

白雪姫が魔女から差し出されたリンゴを見て
「ちょっと待って あなたは日本から来たの?」

という一コマ漫画が掲載された。

この漫画について日本領事館は
当然抗議したようだが

海外ではこのような風評被害が数多くある。
特に若い留学生は戸惑っているようだ。

これは全て日本政府の
原発事故の状況発表が信用されてないことが原因だ
一日でも早く信頼を回復せねば

[PR]
f0180726_8183329.jpg

大自然を支配するのは不可能だ
大自然に立ち向かうのでなく
順応することだ


売上と利益ばかりで意識がモウロウとしている経済主役現代人
自然が破壊され
家族が破壊され
地域社会が破壊された

いまこそ意識改革が必要な現代人 主役を大自然に交代させよう
自然を取り戻す
家族を取り戻す
地域社会を取り戻す

万人類の知恵を結集させ
90億人になる22世紀の人類の「生き方」の指針に

[PR]
f0180726_10184211.jpg


いつまで遊んでんだ 永田町

いやーほんまに
口もあかないねェー(笑)
どうにかせんと あきまへんでェー
国民一人一人が意識を変えないと どうにもならん。
永田町に危機感がまったくないね。
とりあえず 国際的に信用を回復させないと
物理的な破壊は、時間が解決してくれるが
信頼は時間では回復出来ない
政治によって信頼が失われるとは
悲しいね。
政治家は国民が選べる事を
改めてしっかりと認識してほしいね。

[PR]
レベル7
f0180726_13512865.jpg

やっと認めた保安院
原発事故はレベル7に引き上げられた
またまた国際世論の不審を招いた
この際政治家得意のグレーゾーンはあってはならない
はっきりした言葉でしゃべれないのか 阿呆たれ
あの広大なソ連で起きた人類史上最大の原発事故チェルノブイリ
この小さな島国で起きたレベル7
どれほど恐ろしいものか われわれには想像もつかない
冷静に観れる他国の判断が正しいのだろう
日本人は冷静だと褒められているが
素直に喜んでいいものか
今何が起こってるのか理解出来てないことだろう
本当のところ政府はどこまで解ってるんだか
不信感が増長するばかりだ

事故はまだまだ進行中
地球規模の大惨事だ

見て見ぬふりしないで冷静に真正面から受け止めないと

最後の砦「心」まで壊さないで
日本人同士信頼し合い進んでいくほかない
つまらん 低次元の政争はやめろ
[PR]
f0180726_2011673.jpg

遼君 最終日は楽しんで
できれば16位以内に入って来年
目標である「20歳での優勝」を目指したいね。
只今 1アンダー 30位 
5アンダーにすればOKだね。
東京から応援してるよ。

[PR]
f0180726_172963.jpg

巨大津波は想定されていたが少数派意見として、もみ消された。
当時の原子力安全委員会会長の証言。
「膨大な予算がかかるから止めた」そうだ 呆れたもんだ。
この学会は国に対して予算を提言する学会じゃあないぜ 阿呆タレ。
事業者(東電)の御用聞きだ。

原子力安全保安委員 事業者を監視する役目だが
これまた東電の御用聞き 天下り集団だ
全て既得権益でうごめいてる。ここまで腐っているとは

国際的にはもう見透かされている。
「今日本で何が起こってるのか分からない」日本政府が一番始末が悪い 
国際的にも国民も日本政府をまったく信用してない。最悪の状態
日本政府も国民を信頼してない悲しい状況
日本政府では判断能力が全くない。思考停止状態だ。

政府がやることは 
事業者からデータ―の全てを提出させることに専念すること。
国際委員会に全て判断を任せ にわか専門家は黙っていろ。  
国際的信頼を回復させること。
にわか専門家の意見はもうたくさんだ。

日本の政治家に日本が潰される。


我慢しないで声を出しで悲しんでください。
被災地の皆様 国民一人一人が支えます。
辛いでしょうが決して

天を恨まないで
[PR]

一から絵を描こう
f0180726_11301237.jpg

原発という魔女と共存して繁栄という虚栄を追い求めるか
自然界と共存して「生き物本来の豊かさ」を求めるか
そろそろ選ぶ時がきたようだ。
地球は生きている。 必ず地震と津波はまたやってくる。天災は防ぎようがない
「核」という魔女に二度も滅多打ちにされた日本列島。人災だ。

簡単な方程式だ
天災とは共存して新しい街造りを
魔女とは別れを告げ天然エネルギーを

一から絵を描ける時だ。
甘いチョコレートに苦い現実
「人類の意識」の変革がなければこの現実は消えない。

地球上の皆さん地球が泣いてます。
どうか可愛がってやってください。

[PR]