<   2013年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

f0180726_12471144.jpg

歌舞伎座、かなり出来上がってきましたよ(^-^)

あぁ、ここで勘三郎さんの歌舞伎を見たかったなぁ(T ^ T)

[PR]
f0180726_15351323.jpg


消費増税や富裕層への課税強化が注目されるなか、2013年1月に導入された「復興特別所得税」(復興増税)をはじめとした「増税」が国民生活を苦しめはじめている。

健康保険や厚生年金保険などの保険料も引き上げられ、2014年には消費増税が待ち受ける。給与明細や家計簿を見て、思わずため息を漏らす人は少なくないはずだ。

■1月から所得税額にプラス2.1%が加算


復興増税は、2013年1月からの所得税額に2.1%を加算した付加税として徴収される。たとえば、現行の所得税率が5%(課税対象が195万円以下)だったら、0.105%(5%×2.1%)が加算されて5.105%となり、負担が増す。

「所得」に課税されるので、給与だけではなく退職金にもかかるし、株式の配当や預貯金の利子にもかかる。株式の配当でいえば、これまでの10%の源泉税率(住民税3%を除く所得税分に加算)が10.147%になり、預貯金は20%の源泉税率(住民税5%を除く所得税分に加算)が20.315%に増える。この状態が2037年12月31日まで、25年間も続くのだ。

さらに、2014年6月からは住民税分が増税され、納税者一人あたり年1000円が徴収されることになっている。景気が回復して給与がアップすれば、2.1%の増税も気にならないかもしれないが、給与は上がらない、預金金利は年1%も付かないのだから、これでは大変だ。

13年1月から、給与所得控除の上限額が245万円になったことも「増税」につながる。これまでは年収1000万円超の人は「収入金額×5%+170万円」が控除できたが、年収1500万円超の給与所得者はすべて245万円で「頭打ち」となり、負担が増えることになった。

1月1日以降に支払われる勤務5年以下の役員退職金の課税ベースを2分の1にする措置も廃止。たとえば4年間勤務して3000万円の退職金を受け取る役員の場合、退職金の2分の1の控除がなくなったうえに、所得税の2.1%の付加税を課せられるので、これまでよりも700万円前後も多く納税することになる。

■厚生年金保険料、国民負担が毎年「自動的」に増える

給与から控除される健康保険料は、医療保険の厳しい財政状況に加え、高齢者医療への拠出などがますます増えることから、2011年度は9.48%、12年度にさらに増えて9.97%(東京都の場合)と、10%目前に迫っている。

40歳以上が負担している介護保険料は、2010年に1.19%から1.50%に値上げされ、11年には1.51%に、12年度はさらに1.55%となり、負担が増えた。

厚生年金保険料に至っては、保険料率を毎年0.354%ずつ、9月に引き上げることが決まっている。2013年には17.12%、14年は17.474%、15年は17.828%と上昇し、17年度以降は18.30%に固定される。国民の負担が自動的に増えるようになっているのだ。

消費税率は2014年4月に8%、15年10月に10%に引き上げる。富裕層への増税をめぐっては、15年に所得税の最高税率を現行の40%から45%に引き上げ、現在50%の相続税の最高税率も55%にするという。

大和総研は、すでに子ども手当の廃止と12年6月に住民税の年少扶養控除が廃止となった影響で、中学生の子ども1人あたり一律年3万3000円(非課税世帯を除く)の負担増になっている、と指摘する。

試算によると、消費税の10%増税が導入される2015年と11年を比べたとき、実質可処分所得は年収800万円のサラリーマン世帯(40歳以上の夫、専業主婦の妻と小学生の子ども2人)の場合で、41万2400円(6.43%)減少するという。このうち、消費税分の負担増は25万円、厚生年金保険料の負担増は5万6000円、子ども手当の減少分を5万4000円、年少扶養控除の廃止が6万6000円などとみている。

増税には、石油石炭税に上乗せし、12年10月に導入された「地球温暖化対策税」のように、モノの値段にハネ返るものもある。税負担が増え、物価も上がるとなると、真綿で首を絞められるようにジワジワと生活が苦しくなってくる。

[PR]

f0180726_13331972.jpg

少女と父親が橋を渡っているときのことです。
父親はちょっとビビッたので、娘に声をかけました。

「お父さんと手をつながないか。そしたら、川へ落ちないだろ。」

すると、娘は、

「お父さん!お父さんが私と手をつないでよ。」

「父さんがお前に手をつないでもらうのと、父さんがお前と手をつなぐのでは、何が違うんだ?」

父親は、キョトンとした様子で娘に聞きました。

「全然違う!」と娘が言いました。

「私がお父さんの手をつないだら、何かが起きたときに、(私は)お父さんの手を放してしまうわ。でも、お父さんが私の手をつないでくれたら、何が起ころうと、私の手を絶対に握っていてくれるでしょ。」

どのような関係においても、信頼は、束縛であってはいけませんが、保障にはなりますね。つまり、あなたの愛している人から手を差しのべてもらうのではなく、あなたがその人の手を握ってあげなさい。そのほうが確かですよ…

日本の場合だと、信頼は愛から生まれるもので、義理や義務などための束縛になってしまうと、厳しいですね。自分自身の気持ちをしっかり見定めたうえで、あなたから手を差しのべてみてはいかがですか?

[PR]

f0180726_13162935.jpg

阿部総理 経済通だった?、、なんだかしっくりきまへんな~この空気
アベノミクスでバブルへGO ?、、まだ踊っちゃーあきまへんで
宝の山 団塊の世代狙い撃ち、、そう簡単に使いまへん アマイ 
株や不動産でマネーゲーム、、同じ失敗はしまへん(笑)
官民ファンド、、、役人が先導して成長産業になるか?絶対なりまへん
「増えるのは借金だけ」、、絶対ゆるしまへんで

[PR]
f0180726_12134314.jpg

米メディア Fortune は1月17日、2013年版の「働きがいのある企業トップ100」を公表。Google をもっとも働きがいのある企業に選出した。Google が選ばれるのは、2年連続4回目。

2013年版のランキングでは、IT 関連企業としては2位に SAS、6位に NetApp、9位に Ultimate Software、11位 に Qualcomm、19位に Salesforce.com、22位に Intuit、24位に World Wide Technology Inc.、34位に Rackspace Hosting、42位に Cisco、43位に Autodesk、63位に Hitachi Data Systems、68位に Intel、そして75位に Microsoft が選ばれている。一方、Twitter、Facebook、Apple などは100位以内には選ばれなかった。

Fortune は、Google が1位になった理由について次のように述べている。

「インターネットの巨人が、最も働きがいのある企業に選ばれたのはこれが4回目。昨年 Google は、新たに3つのウェルネスセンターと、7エーカーもの広さを持つスポーツ複合施設を社内に設置した」

Google が2年連続で「もっとも働きがいのある企業」に選ばれる−米国 Fortune、「働きがいのある企業100社」を発表

Slate は、Google の従業員への待遇が手厚いことは、Google にとってもプラスになっていると指摘している。

「時折、Google の気前の良さは行き過ぎと思えることがある。貴族的とも言えるが、企業収益を考えたときには、無駄使いにもみえてしまう。例えば8月、Forbes は Google の社員特権を明かした。これは、従業員が亡くなったとき、配偶者や同性パートナーに対して、従業員の給与の半額を10年間支払い続けるというものだった。

だが、Google がこのような社員特権を親切心から提供していると考えるのは間違いだ。Google の人事部は、従業員が Google の高待遇に対してどのように応えるかを調査している。それによれば、従業員の待遇を手厚くすることは、企業にとっての損失にはならないという。例えば、5か月間の産休は、Google の社員向け待遇の中でも最も効率の高いもの。このプランの導入後、Google の離職率が大幅に改善されたためだ。Google 人事部の Laszlo Bock 氏は、『新規採用コストが節約できることを考えれば、5か月の産休は Google のコストに悪影響は与えていない』と述べている」

San Francisco Chronicle は、同ランキングに Twitter と Facebook が選出されなかったことに触れている。

「Twitter と Facebook が選ばれていないことは注目すべき点だろう。だが両社は昨年、San Francisco 市内とスタンフォード大学近郊の Menlo Park のそれぞれの新規オフィスに多大な費用を計上した。新しいオフィスは、新たな才能を惹きつけることに成功している」

[PR]
f0180726_1163634.jpg

1/22発売の週刊SPA!では「安倍バブル銘柄20で一儲け」という特集を組んでいる。約2か月で2000円上がった日本株にまだチャンスはあるのか?

「公共投資やインフラ関連は長きにわたって伸びる。なぜなら“循環”が効くから」とはカブドットコム証券投資情報室チーフストラテジストの河合達憲氏。

「まず、マネーは主力のゼネコン(大成、清水、大林、鹿島)に入り、そこから東急建設やピーエス三菱などの中小建設や中小ゼネコンに流れて、そのあと材料系仕手株と呼ばれる不動テトラや日本橋梁などに流れる。株価もこの順番で上がっていき、材料系まで来たらまた主力ゼネコンに戻るんです。このように“タテ掘り”できるセクターは長期で伸びる。僕は『マリオ投資』と言っているんですが、スーパーマリオがステージをポンポン上がっていくように、高くなったら下へジャンプして乗り換えて……というやり方がオススメ」

 というわけで、主力、末端を問わず買いと言えそうな公共投資系銘柄だが、中でも河合氏の一押しは、建機レンタルのカナモト。

「工事の増加で全国的にパワーショベルやブルドーザーが不足しており、建機レンタルはすごく伸びています。カナモトは北海道と東北を地盤に置く企業で、復興特需が約束されているのはもちろん、北海道新幹線の工事もここの独壇場になるので、まだまだこれから」

 円安で強くなった外需関連株がある程度ピークを打った後は、内需の出番。今のうちに仕込んでおきたいのがオリエンタルランドだ。

「内需系はここ2か月の相場にはついてきてないので、チャート的には見栄えしませんが、これから物色されるでしょう。東京ディズニーリゾートは今年は30周年記念ですし、下がる気がしないですよね」

「まだ間に合う」厳選2銘柄(株価は1月17日終値)は以下のとおり。<取材・文/日刊SPA!編集部 人形制作/たまいはるこ 撮影/高仲建次>

『カナモト』 期待度★★★★★

東証1部・9678 株価●1348円 単元株数●1000株

建機レンタル最大手。12年10月期の連結経常利益は前期比2.6倍の59.3億円に急拡大中。建機は全国的に不足しているので西日本最大手の「西尾レントオール」もチェック

『オリエンタルランド』 期待度★★★★☆

東証1部・4661 株価●1万1180円 単元株数●100株

東京ディズニーランド・シーの運営母体。開園30周年のディズニーランドでは、記念イベントの目玉として新アトラクション「スター・ツアーズ」がお目見え。動員増は必至
[PR]
f0180726_1135928.jpg


やっぱり、コレが落ち着きます ♪
[PR]
f0180726_111259.jpg

21日、中国で北京市を中心に連日にわたって深刻な大気汚染が確認された問題で、これが遠く米国にまで波及すると米メディアが伝えている。写真は2013年1月、黒竜江省ハルビン市で再び確認された濃霧に伴う大気汚染。(Record China) 2013年1月21日 19時00分
[PR]


f0180726_10574429.jpg


★赤プリがどんどん縮んでいくーっ! 新解体法『テコレップシステム』に海外からも驚きの声が続出
[PR]

世界の失業者は、13年で、2億人突破!!
⇒日本でも新宿をたむろす多数のアフリカからのホームレスの対策を急いで検討する必要ありと、NPOが動いています。
f0180726_10562470.jpg


★世界の失業者、13年に初めて2億突破
⇒日本の政府は、これをどのように解釈しているのでしょうか?
⇒これで、どうやって2%を維持するの?

国際労働機関(ILO)は2013年1月22日に発表したレポートで、13年中に世界の失業者が初めて2億人を突破するとの見通しを示した。12年の失業者は1億9700万人になったもようで、13年には510万人増えて2億200万人を超えるとみられる。世界の失業率は、17年まで6.0%と横ばいで推移するとみている。
...

[PR]