<   2013年 09月 ( 69 )   > この月の画像一覧

f0180726_83992.jpg


2010年にテック系コラムニストのNick Carrさんが「Googleで人間は馬鹿になるか?」という質問を、米誌「The Atlantic」で投げかけていました。以降、この手の話題が議論されるようになりました。ちなみに、Carrさんは自身の著書『ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていること』でも同じ内容について語っています。

彼の基本的な考え方は、インターネットは脳の考え方を変えるというものです。もちろん、人間は自分自身で考え方を変えるのですが、インターネットは、「考え方の変え方」に影響を与えているはずだと言っています。それは必ずしも悪いことではありません。一部の人騒がせな人たちが、インターネットが人間の記憶力を低下させたと言うことがありますが、それについて米誌「Wired」でJonah Lehrerさんが以下のように言っています。

いわゆる交換記憶(transactive memory)の利点として、事実確認をして自己中心的な考え方に陥っていないかをチェックするというのがあります。自分の記憶を共有したり、比較したりすることで、他にも一般的な事実があるか確かめることができ、思い込みに囚われることがなくなります。

そういう意味では、あてにならない人間の脳を信じるよりも、直感的にGoogleの情報が欲しいと思うことは、健全な衝動だといえます。実際、Googleに私の間違った記憶を正してもらったことは数えきれないほどあります。このことが、テクノロジーが人間の脳をダメにしている兆候だとは思いません。むしろ人間は、自分が得意としない能力をアウトソースするくらい賢いということを証明していると思います。

多くの人が、Lehrerさんのこの考え方に共感していました。確かに、インターネットのお陰で、人間は取るに足らない些細な情報を覚えておく必要がなくなったのでしょう。脳の考え方、記憶をたどる方法が変わったということです。

知性とは、知識を習得して生かす能力のことです。正しい知識がないことは、その人が馬鹿だという理由にはなりません。正しい知識をすばやく検索できればいいのですから。


頭がおかしくなる?

130417_Internet_03.jpg


Photo by Franco.

米誌「Newsweek」が「Webは人を狂わせているのか?」という疑問を投げかけていました。その記事は、いくつかの研究を引用した上で、「狂わせるもの」だと結論づけていました。

持ち運び可能で、ソーシャルで拡がり、加速度的に進化を遂げ、あらゆるところに普及している現在のインターネット環境は、人間の頭を悪くし孤立させるだけでなく、気分を落ち込ませ、不安にし、強迫神経症かつ注意力欠乏症候群にし、おかしくしてしまうのです。

しかし、米メディア「Mind Hacks」と「Time」はどちらも、Newsweekが選んだ研究があまりにもお粗末だったことを指摘しています。

比較的古いものや、論調があきらかに恐怖を植え付けるようなものもありました。Mind Hacksでは、以下のように説明しています。

何十年も精神病の環境リスク要因について研究してきましたが、インターネットが、リスクを増加させることを証明するものは何もありませんでした。このことは間違いなく最新の科学的な証拠です。
[PR]
f0180726_8171891.jpg


【生中継】AKB48小嶋陽菜がトップモデルとして登場。「ガールズアワード」が代々木で開幕しました。
http://www.fashionsnap.com/news/2013-09-28/girlsaward8-kojiharu/
[PR]
f0180726_781342.jpg


どこへ出かけるときでも、おしゃれをしたり、

化粧したりするのを忘れないようにね。

最良の人に、いつどこで逢うかわからないから。

(by ココ・シャネル)
[PR]
f0180726_16295633.png


「自分とは違う人を許せる?許せない?」
ー戦争、弾圧、クレーム、批判、誹謗中傷・・・
すべては許せない怒りから-


自分とは違う人。
自分が「こうあるべきだ」「こうでなければならない」
と思っていることから外れている人。

そういう人が現れた時、あなたはどうする?

許せる?それとも許せない?

許せない人には、怒りが生まれる。
そして、その怒りはやがて暴力となる。


国家間同士で指導者が、そうなれば戦争になる。
権力者が、そうなれば弾圧をする。
消費者が、そうなればクレームを言う。
親や学校の先生が、そうなれば、子供や生徒はグレる。
一般人が、そうなれば批判したり、誹謗中傷をする。


「こうあるべきだ」と思うことがあっても良い。

自分がその信念に基づいて行動することは素晴らしい。

でも・・・、自分とは違う人がいるからといって
怒ったり、攻撃したり、見下す必要はない。


「いろいろな人がいて良いよね」
「素晴らしいことだよね」


そういうことを教えなければならない
指導者や先生の中で、
そういった「多様性」や「許すこと」が出来ない人もいる。

許すことができないから、多様性を認められないから
怒ったり、見下したり、責めたり、嘆く。

そして、その怒りは、確実に伝染して
世の中に広がっていく。


学校の先生も、
セミナー講師も、
企業研修講師も、
企業経営者も、


まずは、許すことを教えられるようになると、
きっと社会は良くなる。


僕自身は、本来、許すことを教える立場の
指導者、先生が、許せない気持ちで怒りを
表現していることを、まずは許します。

その中で、少しずつ怒りを
世のまき散らさない世の中にしたいし、
そういう教育を広めたいな。


P.S.怒ってはいけないのではない。
時には叱ったり、怒ることも重要だろう。

大切なのは、自分も他人も
自分と違う考えも
認めるか、認めないかの問題だ。
[PR]
f0180726_9223949.jpg


【ハーマン・カーン賞とは?】

ハーマン・カーン賞とは、国家安全保障に献身し、創造力や先見の明のある指導者に毎年与えられる賞である。

これまでの受賞者は保守派の米国人が占めており、ロナルド・レーガン元大統領、ヘンリー・キッシンジャー元国務長官、ディック・チェイニー元副大統領、ジョージ・シュルツ元国務長官などが名を連ねている。

受賞者の中には、日本やアジアとゆかりの深い人物もいる。レーガン元大統領は、当時の中曽根元総理大臣と「ロン・ヤス」と愛称で呼ぶ仲であり、個人的にも日米強化に努めていた。

キッシンジャー元国務長官は、ベトナム戦争終結やニクソン元大統領の電撃訪中の立役者として有名であり、早くからアジアに目を向けていた。さらに、シュルツ元国務長官などと『核のない世界へ向けて』の共同論文を執筆しており、ウォール・ストリート・ジャーナル紙(2008年1月)などで発表していた。
[PR]
f0180726_854059.jpg


福島県の沖合18キロメートルの洋上で進められてきた風力発電所の設置作業がまもなく完了して、10月中に試運転に入る予定だ。世界でも有数の浮体式による大型風力発電設備の実用化に向けて、5年間の実証プロジェクトの後半が始まる。合わせて変電設備も浮体式で洋上に建設する。
 発電能力は2MW(メガワット)ある。一般家庭で1000世帯以上の電力を供給することができる。陸地から遠く離れた浮体式では世界でも有数の発電規模だ。沖合にあって近くを船舶が航行するために、基礎部分の甲板には航路標識や霧笛(音波標識)まで付いている。まさに海洋施設である。

 発電設備のほかに、陸地に電力を送るための変電設備も同様に浮体式で建設する。この変電設備には各種の観測機器を装備して、風向や風速などの気象、波浪などの海象、さらに浮体設備の揺れをジャイロなどを使って計測することが可能になっている。

 続いて2014年には、7MWの超大型の風車を2基稼働させる計画だ(図3)。羽根の直径は167メートルにもなり、高さは海面から200メートル近くに達する。合計16MWの浮体式による洋上風力発電設備は世界でも類を見ない。完成すれば日本が実用化に向けて世界をリードすることができる。
[PR]
f0180726_84654.jpg

東日本大震災の教訓から我が国のエネルギーインフラを再構築する取り組みが始まり、その一環で節電対策としてBEMS/HEMS(ビル/家庭向けエネルギー管理システム)と定置用リチウムイオン蓄電池を普及させる国の補助金が2012年度から実施されてきた。BEMS/HEMSで300億円、蓄電池で210億円の合計510億円を投じた大型の補助金制度だったが、復興庁と財務省による予算執行の厳格化によって計画よりも4カ月早く終了することが決まった。

 BEMSは2013年10月31日までに、HEMSと蓄電池は9月30日までに、それぞれ契約を締結しないと補助金を受けることができない。補助金制度を所管する経済産業省が復興庁と財務省からの要請に応じたもので、期間短縮によりBEMS/HEMSで52億円、蓄電池で54億円の予算を国庫に返還する

 予算の返還そのものは復興庁と財務省が7月2日に公表していたが、補助金制度の期間短縮は9月13日に経済産業省から突然発表された。関連する事業者や導入を予定していた企業や家庭に対する影響は小さくない。

 3種類の補助金のうち、BEMSだけは実際の申請状況が運営団体のSII(環境共創イニシアチブ)から毎週発表されている。最新の2013年9月6日時点の申請数は6488件で、制度の開始当初に掲げた2年間に1万件の目標に対して65%程度の進捗率である。このまま2013年度末まで継続しても目標に達しない可能性が大きかったことは確かだ。申請状況を公表していないHEMSと蓄電池についても同様の状況にあるとみられる。

 一方で経済産業省は新たに2014年度の概算要求で同種の補助金制度を計画している。BEMSを含めて事業所に導入する省エネ設備を対象に700億円の「エネルギー使用合理化等事業者支援補助金」のほか、130億円の「定置用リチウムイオン蓄電池導入支援事業」を要求項目に盛り込んだ。経済産業省には従来の制度の問題点を十分に検証したうえで、より効率的な制度設計と実施体制の確立が求められ
[PR]
f0180726_834874.jpg


 《 母の席に座ってください 》

ある小学校で良いクラスをつくろうと
一生懸命な先生がいた。

その先生が五年生の担任になった時、
一人、服装が不潔でだらしなく、
遅刻をしたり、居眠りをしたり、
発表なども一度も手を上げない少年がいた。

先生はどうしてもその少年を好きになれず、
中間記録には少年の悪いところばかりを
記入するようになっていた。

ある時、少年の一年生からの記録が目に留まった。

そこにはこう書いてあった。
「朗らかで、友達が好きで、人にも親切。
 勉強もよくでき、将来楽しみ」とある。

間違いだ。
他の子に違いない。先生はそう思った。

二年生になると
「母親が病気で世話をしなければならず、
 時々遅刻する」と書かれていた。

三年生では
「母親の病気が悪くなり、疲れていて、
 教室で居眠りをする」。

三年生の後半の記録には
「母親が死亡。希望を失い、悲しんでいる」
とあり、

四年生になると
「父は生きる意欲を失い、
 アルコール依存症となり、
 子どもに暴力をふるう」。

先生の胸に激しい痛みが走った。

だめと決めつけていた子が突然、
深い悲しみを行き抜いている生身の人間として
自分の前に立ち現れてきたのだ。

先生にとって目を開かされた瞬間であった。

放課後、先生は少年に声をかけた。
「先生は夕方まで、教室で仕事をするから、
 あなたも勉強していかない?
 わからないところは教えてあげるから」。

少年は初めて笑顔を見せた。

それから毎日、
少年は教室の自分の机で予習復習を熱心に続けた。

授業で少年が初めて手をあげた時、
先生に大きな喜びがわき起こった。

少年は自信を持ち始めていた。

六年生で先生は少年の担任ではなくなった。

卒業の時、先生に少年から一枚のカードが届いた。
「先生は僕のお母さんのようです。
 そして、今まで出会った中で一番素晴らしい先生でした」

それから六年。またカードが届いた。
「明日は高校の卒業式です。
 僕は5年生で先生に担当してもらって、
 とても幸せでした。
 おかげで奨学金ももらって
 医学部に進学する事ができます」

十年を経て、またカードがきた。

そこには先生と出会えた事への感謝と、
父親に叩かれた体験があるから
感謝と痛みが分かる医者になれる
と記され、こう締めくくられていた。

「僕はよく五年生の時の先生を思い出します。
 あのままダメになってしまう僕を
 救ってくださった先生を、神様のように感じます。
 大人になり、医者になった僕にとって最高の先生は、
 五年生のときに担任して下さった先生です。」

そして一年。

届いたカードは結婚式の招待状だった。

「母親の席に座ってください」

と一行、書き添えられていた。

先生は嬉しくて涙が止まらなかった。

------------------------------------------------------

どんな子だって、褒められたい、いい子でいたい、
信じて欲しい、認められたい。

教育って、
教えることよりも、認めてあげることが
一番大切なのかもしれないと感じさせられました。

子どもでも大人でも
自分を認めてくれた人を忘れませんよね。
[PR]
f0180726_918626.jpg


中韓を「無視」し日本の正当性訴え 首相「右傾化」偏見払拭の旅 ニューヨークに4日間滞在
2013.9.24 00:40 (1/2ページ)[安倍首相]
カナダ、米国へ向けて出発する安倍首相と昭恵夫人=23日夕、羽田空港(小野淳一撮影)
カナダ、米国へ向けて出発する安倍首相と昭恵夫人=23日夕、羽田空港(小野淳一撮影)

 安倍晋三首相は、ニューヨークに4日間滞在する長めの日程を組んだ。首脳外交を極力抑え、多数が集まる前での演説を重視しているのが特徴だ。中国や韓国の策謀により国際社会に「右傾化政権」などとの反日的な偏見が生じているのを踏まえ、女性や人権問題を重視する「安倍外交」をアピールし、偏見を解くのに努める考えだ。

 「国連総会の演説を通じて、国際社会における日本の存在感をしっかりアピールしていきたい。特に、シリア問題への貢献、21世紀の女性の役割の重要性に焦点を当て、日本政府の女性重視の姿勢を世界に向けて発信したい」

 首相は出発に先立ち、羽田空港で記者団に、こう意気込みを語った。

 首相として国連総会に出席するのは初めて。平成18年の第1次安倍内閣では、首相指名と組閣の日程が重なり、出席できなかった。

 直近の自民党の首相は、毎年9月に政権交代を繰り返したため、欠席や滞在時間が極端に短くなるケースが目立った。麻生太郎氏の滞在はわずか10時間だった。民主党政権の鳩山由紀夫、野田佳彦両氏は「外交デビュー」と位置付け、国連総会に集まる各国首脳との会談を精力的にこなした。

 首相は、内閣改造を見送り、秋の臨時国会の召集を10月15日まで遅らせたことで、ニューヨーク訪問に時間を割く余裕が生まれた。
[PR]
f0180726_7275628.jpg


9月16日にホテルオークラ東京「平安の間」で一組の結婚披露宴が行なわれたという。新婦側の主賓スピーチを行なったのは時の総理大臣安倍首相であったという。外交や内政に奔走する合間を縫っての披露宴出席だ。よほど重要な人物の令嬢なのだろう。その挨拶の冒頭はこうだ。「私の両横には小泉、森元総理がいらっしゃいます。自分が官房副長官をやっていた時の総理をさしおいて私が主賓を務めることになったわけですが、先ほどからいろいろと指導されております・・・」。一方の新郎は東大出身の経済産業省キャリア官僚。この披露宴には政界だけでなく各界からそうそうたるVIPが出席したという。みんなの党渡辺喜美、長島茂雄、王貞治、丸山茂樹、青木功・・・これだけぼゲストが集まる結婚披露宴を行なう新婦の父親はさぞかし有力者に違いないと思うだろう。その有力者とはパチスロゲームなどを販売する大手アミューズメント会社の社長だという。その会社は日本にカジノを誘致しようと積極的に動いているという。「カジノ誘致は日本産業の振興につながる」という持論の安倍首相は「カジノ議連」の最高顧問であるという。カネをわしづかみにする連中が集まったこの披露宴こそこの国の政策を決定する指導者たちの集まりなのだ。その一方で多くの若者はブラック企業の犠牲になり、多くの国民は消費税増税にあえぐことになる。国民はこの現実を両目を見開いてよく見たほうがいい。その事を教えてくれたのはきょう発売のフライデー10月4日号である。
これほどの政治家が参集した集まりであるのに、大手メディアは一切報じない。ゴシップ写真週刊誌だけがこの国の本当の恥部を取り上げるのである(了)
[PR]