<   2013年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧


f0180726_91449.jpg


みなさまへ メリークリスマス ♪
いろいろなことがあった2013年ですが、クリスマスのスピリットは
人に与えること、愛することを思い出させてくれます。
冬至のグラストンベリーで得たメッセージは
いよいよ、新しい時代がくるよということでした。
言葉をかえれば、あなたの番がくるということ!
英語では、YOUR TURNといいます。
すでにもともとのクリスマスだったユール=冬至もすぎて
日は、日一日と長くなってきています。
光がどんどん増えてくるに従って、知恵も愛も活力もどんどん増えてきますね。でも、その前に少しだけ、自分の心や魂の奥を覗いてみましょう。
と、クリスマスエンジェルがワンドを振りながら天から降りてくるかのようですね。

メリークリスマス エヴリワン!
すばらしいイブとクリスマスをお過ごしください~☆
[PR]
by denhazim | 2013-12-25 09:01
f0180726_923522.jpg



「HAVE A POP CLASSICO HOLIDAY」は、松任谷由実のルーツとなっている「CLASSICO」に未来的な「POP」を融合させたニューアルバム「POP CLASSICO」の世界観とコンサートステージのアートワーク、バーニーズ ニューヨークの商品やショーウィンドウが連動するコラボレーション企画。メインの「動くウィンドウディスプレイ」は、バーニーズ ニューヨークのウィンドウドレッサーを務める谷口勝彦クリエイティブディレクターが手がけ、松任谷由実のアルバムジャケットなどに森本千絵が描いたファンタジックなアートワークをシンクロさせることで、ファッショナブルに表現されている。
 歴史的建造物として知られる銀座六丁目の交詢ビルに構える銀座店では、週末と20日〜25日の限定期間中、プロのミュージシャンがショーウィンドウ内に登場して特別編曲の「恋人はサンタクロース」や「ルージュの伝言」などの名曲を演奏するパフォーマンスをはじめ、松任谷由実が12変化するアムバムジャケットのアートワークを背景に写真家レスリー・キーに撮られているかのような気分が味わえるという一般参加型のフォトブースを開設。「HAVE A POP CLASSICO HOLIDAY」のスタートを記念して松任谷由実がドアマンに扮して登場したことに続いて、4日夕方には約10分間のシークレットライブが行われるなど、サプライズ企画が多方面から話題を集めている。
 「HAVE A POP CLASSICO HOLIDAY」ではこのほか、新曲「Babies are popstars」を松任谷正隆がリミックスしたバーニーズ限定クリスマスバージョンがBGMとして店内で流れているほか、コラボレーションアイテムを展開。第1弾ではクリエイティブ集団「XEROSEN(ゼロセン)」がデザインしたコラボレーションTシャツ、第2弾では「ANREALAGE(アンリアレイジ)」がニューアルバム「POP CLASSICO」の各アルファベットをモチーフにデザインしたファッションアイテムやオリジナルギフトアイテムが販売されている。
[PR]
by denhazim | 2013-12-17 09:23
f0180726_9495581.jpg




なぜGoogleはロボットを必要とするのだろうか?

Googleはすでにユーザーのポケットの中、つまりモバイル市場を制覇している。しかしこの市場はすでに飽和点に近い。世界には何億台ものインターネットに接続可能なモバイル端末が稼働しており、その多くがAndroidかiOSを搭載している。この先10年ほどは買い替え需要と小刻みな改良を除いて大きな動きは望めない。

もちろんGoogle Glassはこれと別の新しい動きだ。Glassはわれわれをスマートフォンよりはるかに密接にGoogleサービスに結びつける。Glassのユーザーは地図でのナビゲーションからレストラン選び、写真やビデオの撮影、その他あらゆる活動によってGoogleから情報を得ると同時にGoogleのために情報収集役を務めることになる。GlassのユーザーはGoogleにとって最高の顧客となる。しかしそれでもGoogleは満足しない。

他にうまい言い方がないのだが、これまでGoogleは「手足を欠いていた」。 われわれ人間のユーザーはアリと同じで、ほとんどの場合、定型的な行動しか取らない。毎日同じ経路で通勤し、巣から遠くへ離れることは少ない。Googleはデータ企業であり、人間のユーザーが集めてくるデータよりはるかに大量のデータを必要としている。ここでロボットが登場する。宇宙探査、より精密な地図データ取得、工業的生産プロセスの大幅な改良など、向こう数十年に起きる革新の多くはロボットが主導することになるだろう。

Baxterのようなシンプルな人間型ロボットは何百万人もの人間の職にとって代わるだろう。その結果、製造業における深刻な人余りをもたらすに違いない。Foxconnのようなメーカーはすでに巨額の資金をロボット開発に投じている。遠隔操作タイプであろうと自律タイプであろうと、各種ドローンは人間の諸感覚を劇的に延長する。 われわれはロボットのセンサーによっていながらにして遠く離れた場所についての知識を刻々と得ることができる。そのうちわれわれが病気になったときは介護ロボットが ベッドから起こし、体を清潔にするなど世話をしてくれることになるだろう。小型のロボットが減量を手助けし、町をパトロールするだろう。今ロボットへの投資に出遅れている企業は今後何十年にもわたってそのツケを払うことになる。

だからGoogleはロボットを必要としているのだ。Androidが7000万人ものユーザーのインターネットへの通路となったのと同じように、Googleはロボットのマン・マシン・インタフェースを制覇したいのだ。GoogleがAndroidを買収してモバイルの世界に参入を決めたとき、多くの専門家は「無意味だ」と批判した。専門家は完全に間違っていた。同じことがロボットについても言える。

GoogleがBoston Dynamicsとその他7社のロボット企業を買収したのは今すぐ四脚のBig Dogロボットを大量生産して町を走り回らせるためではあるまい。しかしBoston DynamicsのPETMANのような二足歩行人型ロボットで踏破困難な地形に送り込んで地図データの収集に当たらせることはあるかもしれない。将来はGoogle Nowのハードウェア版のような役を果たすアシスタント・ロボットが登場するだろう。われわれの後を従いて歩き、さまざまな手助けをし、一度に2箇所にいる必要が出たときはアバターとなってわれわれを代理してくれるようなロボットだ。われわれがロボットに頼れば頼るほどGoogleは貴重なデータを得ることができる。

ビジネス上の観点も見逃せない。ロボティックスは巨大産業だ。アナリストは数年以内にBoston Dynamicsが50億ドル企業に成長すると予測していた。Googleが買収したロボティックス企業はいずれも同じくらいの成長の可能性を秘めている。Googleの無尽蔵の資金力と巨大なマーケティング能力を得た現在、これらの企業は消費者向けから産業向けまであらゆる市場で一大攻勢をかけられる可能性を得た。

すぐにシリコンバレーをロボ・グーグラーが歩きまわるようにはならないだろう。しかしGoogleが自動走行車をついに成功させた例を見れば、今後10年以内にサーゲイとラリーが二足歩行人型アシスタント・ロボットを従えて登壇する日が来るだろうと私は予測する。Googleがスカイネット化する日は近い。
[PR]
by denhazim | 2013-12-16 09:49

f0180726_1149130.jpg


f0180726_1148055.jpg




これがシャープの本気!?

これまでもタブレット端末は「まな板」なんて呼ばれることがありましたが、Sharp Europがとうとう、本当にまな板として利用できるまな板タブレット「Chop-Syc」のプロトタイプを発表しました!

このまな板タブレット、タブレット端末として使えることはもちろん、ディスプレイに強化ガラスを採用しており、タブレット上で安心して包丁を使うことができるんです。
[PR]
by denhazim | 2013-12-14 11:49
f0180726_1150842.jpg


 12月6日(ブルームバーグ):ともに新興企業の創業者で世界の長者番付にも名を連ねるツイッターのジャック・ドーシー氏とソフトバンクの孫正義氏が日本の小口向けクレジットカード決済市場で激しい戦いを繰り広げている。スマートフォンやタブレットPCがあれば手軽に加盟できるため小規模店舗などで導入が加速すると読んでいる。
日本の小口決済市場ではIT企業やカード会社の参入が相次いでいる。ソフトバンク が米ネット決済のペイパルとの提携で3月に、5月には三井住友カードがツイッター 共同創設者のドーシー氏が社長を務める米ITベンチャーのスクエアと共同で事業を開始。クレディセゾン も国内ベンチャーのコイニーと組んで参戦した。
社員2人のデザイン事務所を共同経営する蔵野由紀子さん(40)は当初導入したソフトバンク連合のサービスから、いったんスクエアに乗り換え、その後また元に戻した。加盟店手数料はソフトバンク側が当初5%だったが、スクエアが3.25%の安さを武器に参入。これに対抗してソフトバンクがさらに下回る3.24%に設定し直したからだ。
この小口決済はスマホやタブレットPCがあれば、イベント会場やフリーマーケット、病院の往診や海の家などどこでもカードが使えるようになる。従来は加盟店端末の設置などに20万円程度の初期費用が必要だったが、中小企業向け決済では各連合が競争の中、ITによりこれをほぼ無料化、5-8%だった手数料も3.25%前後と大幅に低くした。
スクエアのドーシー氏は日本の小口決済市場について、「あらゆる規模の顧客の取引をもっと簡単にすることが私たちの使命だ」と強調。その上で、すでに「加盟店への翌日現金振り込みや、明瞭な手数料システムなどを提供している」とEメールで述べた。ソフトバンクは孫氏によるコメントを控えている。
[PR]
by denhazim | 2013-12-12 11:50
f0180726_11383625.jpg



東国原、党を離れて議員辞職するというニュースが流れてたが、なんと猪瀬失脚を見越して知事選挙の準備を始めるらしい。まあ悪いことをするわけじゃないが、なんとも節操がないというか・・・。
[PR]
by denhazim | 2013-12-12 11:39
f0180726_16394432.jpg

[PR]
by denhazim | 2013-12-11 16:39
f0180726_11464660.jpg



「自分が考えていた以上に多くの苦難や悲惨さがあった」。キャロライン・ケネディ駐日米大使は10日に訪れた長崎原爆資料館で被爆者の体験を聞き、こう語った。館内で当時の様子を伝えた被爆者たちは「メモを取りながら、真剣に聞いてくれた」と歓迎した。

 曇り空の下、資料館を訪問したケネディ大使は青のコート姿で、長崎市の田上富久市長らに案内された。原爆投下に至る説明や被爆した建物に興味を示した。

 視察後、記者団に「話を聞いた被爆者は平和の使者だ。取り組みを支援したい」と述べた。

 館内で被爆体験を語った日赤長崎原爆病院の朝長万左男院長(70)は「被爆2世への影響を聞かれ、今後経過を観察する必要があると話した。実務にたけており、大きな仕事をこれからされるのではないか」と話した。視察後は平和祈念像前で献花し、犠牲者の冥福を祈った。
[PR]
by denhazim | 2013-12-11 11:46

f0180726_18504555.jpg


大人が夢を支援、中高生の起業広がる
 子供向けのIT(情報技術)関連教育を専門にするライフイズテックは11月19日、中学生や高校生を対象にした起業支援事業「ライフイズテックスターズ」を始めた。中高生が開発したアプリやウェブサイト上のサービスを軌道に乗せるために資金を提供したり、助言したりする。中高生の夢を大人が手助けするものだ。

 スターズは、アイデアを考えた中高生に対して、起業に必要な資金として50万円を提供する。法人登記やサーバー代など開発に必要な費用に充てる。保護者と事業計画について相談し、同意を得られることが前提となる。
[PR]
by denhazim | 2013-12-08 18:51
f0180726_1452860.jpg

ハワイで太平洋戦争の口火が切られた日
渋谷で戦後のヒーロー力道山がで刺された日
ニューヨークでジョンが暴漢にあった日
世界のどこかで今日も相変わらず人間同士の殺し合いがーーーーー
人間同士の競争が無くならない限り戦は終わらないが
子供の犠牲だけは何としても救いたいね。
フィンランドからきたサンタも今日は渋谷で平和を祈
http://youtu.be/TCBNF4_Zf9w
[PR]
by denhazim | 2013-12-08 14:03