<   2014年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧


f0180726_1736914.jpg

原発関連】2014.4.29 21:09
「原発やめると言えない」「日本は電力輸入極めて困難」 安倍首相、独紙に書面で
⇒原発ゼロを唱えることは大切だと思います。しかし、現実には、ゼロは難しいと思います。
 安倍晋三首相は29日付のドイツ紙フランクフルター・アルゲマイネとの書面インタビューで「原子力をやめると軽々しく言うことはできない」と述べ、原発の再稼働にあらためて意欲を示した。
 ドイツは東京電力福島第1原発事故後、2022年末までの「脱原発」を決めている。安倍政権が原発を「重要なベースロード電源」と位置付け、再稼働方針を明記したエネルギー基本計画を閣議決定したことについて、同紙は「多くのドイツ人が理解できない」と質問した。
 首相はこれに対し「日本は島国で、近隣諸国から電力を輸入することは極めて困難だ」と指摘。資源に乏しい日本では原発は引き続き重要な役割を果たすとし、安全確保を徹底した上で再稼働を進めたいと表明した。また中国、韓国との関係改善に向け「対話のドアは常に開いている」とも述べた。(共同)
[PR]
by denhazim | 2014-04-30 17:35

f0180726_1574825.jpg


時の首相を騙すのはいとも簡単とばかりに、東大卒のエリート集団が悪知恵の数々を企み始めた。増税させた奴が一番偉い奴。我先にと「工作」に走る財務官僚たちの目に、国民の姿は映っていない。

「さあ、次は10%へ増税だ」

さっそく「増税関連倒産」第一号が出てしまった。

「新潟県のスーパー河治屋です。'55年創業の老舗ですが、ここ数年は大型スーパーの台頭で苦しんでいた。そこへきて増税となり、新税率に対応する新型レジの設備投資ができない状況にも追い込まれ、最終的に資金繰りに行き詰まって新潟地裁から破産手続きの開始決定を受けた」(同社関係者)

ほら、言わんこっちゃない。そう感じた人は少なくないだろう。

4月1日から消費税が5%から8%に増税され、全国で悲鳴が止まらない。「4月1日~6日までの国内18店における売り上げが前年同日対比でマイナス21・8%になりました」(高島屋広報・IR室)、「4月第1週の週末の売り上げは前年比1割減でした」(関西の大手量販店の広報担当者)というように、各地の店から客がゴソっと消えた。

企業各社は顧客をつなぎとめる防衛策に必死で、日本マクドナルド、牛丼チェーンのすき家など「値下げ」に踏み切る会社が続出。安値競争で企業が消耗戦を繰り広げるデフレ不況の光景が蘇ってきた形だ。

「その最中、安倍晋三首相は5日の土曜日に日本橋三越本店を訪れた。つくだ煮、靴など合計約4万円(内消費税分は約3000円)の買い物をして消費する姿勢をアピールするつもりだったが、『消費税がだいぶ高くなったんだという実感があった』と暢気なことを言ったため、『いまさら言うな』とか『庶民は三越に行かない』などと猛批判を受けています」(首相担当記者)
[PR]
by denhazim | 2014-04-30 15:07
f0180726_11365347.jpg


政府が農業協同組合の改革案として、上部組織の全国農業協同組合中央会(JA全中)が約700の地域農協から負担金として年間約80億円の運営費を集める制度を廃止する検討に入った。

各農協が手元に残る負担金を使い、農産物の販売強化や特産品の開発など、地域の特徴を生かした独自の経営に取り組むよう促す。

政府は、6月にまとめる農協改革案に盛り込みたい考えだ。今秋の臨時国会で農協法を改正し、JA全中の経営指導権や負担金などの規定の廃止を目指す。環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の早期妥結をにらみ、昨年のコメの生産調整(減反)廃止に続く農業強化策の柱として農協改革を進める方針だ。

農協法改正後のJA全中は、経団連や全国銀行協会などと同じ一般社団法人となり、各農協などが会員費を払うかどうかを自由に判断できるようにすることが想定されている。
[PR]
by denhazim | 2014-04-30 11:37
f0180726_11311268.jpg


TPP関連】2014年4月25日 19:35 (サーチナ)
 TPP協議のカギを握る「農産品関税」、日本政府の打ち出す「攻めの農業」とは=中国報道
 日本と米国の環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉において、日本の農産品の関税問題が大きな争点の1つとなっている。中国メディアの中国経済網は25日、日米の厳しい交渉から日本の農業の脆弱(ぜいじゃく)性が見て取れるとする一方、「日本は攻めの農業を押し出す方針」と報じた。
 記事は、日本の農業は先進的な生産技術や設備が導入されているとしながらも、「典型的な高コスト産業」であり、「各農家の生産規模も小さいため、競争力は低い」と報じた。記事は、日本の農産品の価格が高い理由として、「自民党を中心とした日本政府が長年、選挙対策として農業保護政策をとり、農家にさまざまな補助金を提供していたため」と論じた。
 さらに記事は、TPP参加を決定して以来、安倍内閣は度重なる討論を経て、「生産規模の拡大、企業参入の容認、農産品取引のさらなる市場化、海外市場への進出」などを含めた「攻めの農業」の採用を決定したと紹介している。
 続けて、日本の「攻めの農業」のポイントとして「日本が持つ農産品ブランド」に注目。その例として「粘度が高く、炊くとすばらしい香りが生まれるコシヒカリ」や、「繊細な肉質と口に入れると溶けてなくなる神戸牛や松阪牛」、玉露茶やさくらんぼの佐藤錦などを挙げた。
 記事は日本政府の分析を引用し、「欧米やアジアにいると言われる約4億人の富裕層は高額でありながらも高品質な日本のブランド農産物を購入する消費能力を持つ」とし、いかに日本の農産品ブランドを発信し受け入れてもらうかが「攻めの農業」の成功のカギとなると報じた。(編集担当:村山健二)
[PR]
by denhazim | 2014-04-30 11:31
f0180726_11274347.jpg


【オバマ大統領に関する評価】
 オバマ大統領は民主党。つまり、米国国内事情の立て直し優先。そして、対象となっているブッシュ大統領は、共和党、つまり軍事組織の総司令官を堂々と代表する立場にあることをご理解ください。米国は、党が違うだけで、大統領の言動にこんなにも違いが出る国なんです。私の在米体験より。
政治家の実績が行動で評価されるのなら、オバマ米大統領の実績とは何だろうか。5年前、黒人初の大統領として熱狂的に迎えられた雰囲気は、今はもうない◆再選は果たしたものの「世界の警察官」と呼ばれた米国の威信は大きく揺らいでいる。シリアへの軍事介入をためらい、ロシアのクリミア編入を簡単に許した姿を見ていると「優柔不断」「弱腰」「内向き」などという言葉が脳裏に浮かぶ。「核なき世界」というリップサービスでノーベル平和賞を受賞したが、世界の非核化は何一つ進んでいないように見える◆今回のアジア歴訪では中国に脅かされている国々を回り、米国が安全保障に果たす役割を力強く約束したが、言葉の端々(はしばし)で中国に対する遠慮が感じられ、毅然さに欠けた。八重山の住民も含め、多くの人たちが「オバマは本当に頼りになるのか」と疑心暗鬼になった◆オバマ氏と対照的なのがブッシュ前大統領だ。先頭に立って9・11テロに対処し、アフガニスタンやイラクで果敢な軍事行動を起こし、独裁政権を打倒した。行動することと、しないことの差は大きい◆ブッシュ氏は後世の歴史家から「偉大な大統領」と評価されるだろうが、オバマ氏に関しては現在の姿を見る限り、「平凡な大統領」で終わりそうな予感がする。
[PR]
by denhazim | 2014-04-30 11:27
f0180726_1117941.jpg


[上海 29日 ロイター] - 中国の李克強首相は、長江沿いの地域を開発して一大経済振興地帯にすると表明した。政府の公式ウェブサイトに掲載された報告によると、改革と投資プロジェクトを組み合わせた「国土の5分の1以上を占める地域と約6億人の人々にとって、発展に向けた大きな刺激となる」プログラムを実施する。景気が減速するなか、政府がこれまで打ち出した小型刺激策を拡大する兆しと見られる。

公表された報告によると、国家発展改革委員会(NDRC)の当局者らは、長江デルタおよび長江上流にある11省を「活性化する」計画だ。対象となる地域には、上海や江蘇省などのほかに、四川省の成都・重慶経済特区も含まれ、長江デルタの発展が進んだ地域と内陸部との経済統合が促進されるとしている。

中国指導部はこれまで、市場が期待する大型刺激策に否定的な姿勢を示し、小規模な刺激策を講じてきた。李首相の発言は、改革を推進しながらも、経済の急減速(ハードランディング)は回避したいという指導部の意向を表している。

開源証券の調査責任者、Tian Weidong氏は、「これまでも『経済帯』を建設する同様の計画はあったが、実施には時間がかかるだろう」と指摘した。
[PR]
by denhazim | 2014-04-30 11:17

f0180726_10473962.jpg

★オバマ来日、最大の敗者は韓国大統領だったメディアが書かない重要な教訓
~中国株式会社の研究(245)
 2014.04.28(月) 宮家 邦彦著
【中国に関するオバマ発言】
 まずはオバマ大統領の実際の発言を検証してみよう。以下は4月24日の共同記者会見で同大統領が尖閣諸島と日米安保条約などについて述べた部分だ。微妙なニュアンスを理解していただくためにも、ここは英語を正文とし、筆者の責任で仮訳を付けさせていただいた。
- Our treaty commitment to Japan's security is absolute, and Article 5 covers all territories under Japan's administration, including the Senkaku Islands.(日本の安全保障に対する米国のコミットメントは絶対的であり、[日米安保条約]第5条は尖閣諸島を含む日本の施政権下にあるすべての領域を対象としている)
- We don't take a position on final sovereignty determinations with respect to Senkakus, but historically they have been administered by Japan and we do not believe that they should be subject to change unilaterally.(米国は尖閣諸島に関する最終的主権問題の決定に関する立場を取らないが、歴史的に尖閣諸島は日本の施政権下にあり、米国としてはこれを一方的に変更すべきではないと考える)
- This is not a new position, this is a consistent one. There's no shift in position. There's no "red line" that's been drawn. We're simply applying the treaty.(これは新たな立場ではなく、米国の立場は一貫している。米国の立場に変更はなく、これで「[武力行使を示唆するような]レッドライン」が引かれることはない。米国は単に条約を適用しているのである)
- At the same time, as I've said directly to the Prime Minister that it would be a profound mistake to continue to see escalation around this issue rather than dialogue and confidence-building measures between Japan and China. And we're going to do everything we can to encourage that diplomatically.(同時に、この問題を巡り日中間で、対話や信頼醸成措置ではなく、[緊張]のエスカレーションが続くことは重大な誤りであり、このことは安倍首相にも直接伝えている。米国はこうした動きを外交的に全力で慫慂=しょうよう=していく)
勝者か、敗者か
 安倍首相は必ずしも勝者ではない。オバマ大統領が確認したことは1960年日米安保条約の内容に過ぎないからだ。
オバマ大統領、TPP締結へ日本に「大胆な措置」求める
記者会見するオバマ大統領〔AFPBB News〕
 この問題で米国政府はオバマ以前から慎重だった。日本の関係者が内心望んだのは中国が真に恐れる米国の明確な軍事介入約束だったろうが、米国がそこまで踏み込むことは当面ないだろう。
 一方、安倍首相は敗者でもなかった。TPP貿易交渉について、米国が望むような「原則合意」に追い込まれることはなかったからだ。TPP交渉の決着が見えてきたことは大きな前進だっただろうが、日本側は様々な理由から、今回「ブレークスルーがあった」と言うことを躊躇したのだろう。
 それではオバマ大統領はどうか。TPPについては上記の通りであり、オバマ大統領は勝者にはなれなかった。しかし、貿易交渉の最終段階では数日間の徹夜など当たり前である。日本側の甘利明内閣府特命担当大臣と米側マイケル・フロマンUSTR(米国通商代表)が疲れ切って初めて、本当の交渉が始まったと考えた方が実態に近いのだろう。
 一方、オバマ大統領は敗者でもなかった。今回も領土問題に関する中立的立場を引き続き維持している。また、日米安保条約第5条の尖閣諸島への適用を明言しても、具体的な軍事介入を約束したわけではない。その点はレッドライン発言が問題となった昨年9月のシリア化学兵器使用問題とは大きく異なる。
中国は敗者か
 それでは敗者は中国だったのかというと、必ずしもそうではない。確かに東京でのオバマ発言は従来より一歩踏み出したものだ。しかし、それで中国は本当に驚いているだろうか。相変わらず中国外交部の報道官は激しく反発しているが、中国の最高レベルの政治指導者はそれほどナイーブではないだろう。
 繰り返すが、今回オバマ大統領が述べたことは1960年安保条約の内容を踏襲したものだ。中国人民解放軍関係者なら、中国周辺海域における最近の米軍と自衛隊の動きをよく承知しているだろう。万一尖閣有事が発生した際、米国の来援は恐らく中国側の軍事戦略や作戦計画に既に織り込み済みだと思う。
 それでは真の敗者はだれなのか。筆者の独断と偏見は以下の通りだ。
●安保問題、特に安保条約第5条適用と集団的自衛権に関するオバマ大統領の発言は日本国内の集団的自衛権などを巡る与野党間の議論に微妙な影響を与える可能性がある。
●この点は、日米安保関係拡大に批判的な野党はもちろんのこと、与党の一員でありながら集団的自衛権に関する憲法解釈の変更に消極的な公明党を含む与党の一部にとって影響は小さくないだろう。
●もう1つの敗者は韓国政府かもしれない。これまで朴槿惠大統領は日本の「歴史認識」や安倍首相の「靖国参拝」などを口実に日米韓、特に安全保障分野での日韓関係の深化に一貫して消極的だった。
●だが、今やオバマ大統領が日本との安保関係をこれほど重視する以上、今後とも日韓関係改善に向けた米国の韓国に対する働きかけが続くと見るべきだろう。
 ちなみに、今回のオバマ大統領訪日で中国は敗者にならなかったが、オバマ大統領のフィリピン訪問では中国が最大の敗者である。この点については、機会があれば、いずれご説明したい。
オバマ大統領訪日の教訓
 オバマ大統領訪日で得られた最大の教訓は「静かな外交」の重要性だと考える。訪日計画が発表されて以来、日米両国政府は「靖国参拝」について沈黙を守ってきた。特に、米側は日本に対する批判的発言を意図的に控えてきたように見える。昨年末の不幸な「失望」声明とは大いに異なるアプローチだ。
 米国が「靖国参拝」を快く思っていないことは事実だろう。だが、そのことを水面下で日本政府に対し静かに働きかけるのと、逆にメディアの前で公然と日本側を批判するのとでは、その外交的効果に雲泥の差がある。
 これまでも米国は日本の歴史問題を「静かな外交」で処理してきた。米国にとって東アジアで最も重要な国益は、日本の首相を公然と批判して靖国参拝を思いとどまらせることではないはずだ。
 今回の米国外交は結構プロフェショナルかつ効果的だった。こうした英知が日米関係に戻ってきたことを素直に歓迎したい。
いいね! ·
[PR]
by denhazim | 2014-04-30 10:47
f0180726_10403611.png


現代ビジネスの衝撃的な記事

Webサイト「現代ビジネス」の2013年7月25日の記事で、「知ってましたか これが2020年のニッポンだ - わずか7年後、この国はこんなに変わる あなたの会社は消えているかもしれない「生き残る会社」と「なくなる仕事」教えます」というものがありました。

多くの著名なアナリスト、コンサルタント、大学教授、経済評論家などにアンケートを行い、2020年に「生き残る会社」や「なくなる仕事」について予想してもらったものをまとめて記事にしたものです。

詳しくは元記事を読んでもらうのが一番いいんですけど、「なくなる仕事」の一覧が、なるほどなーと思ったので載せときます。
f0180726_10405752.jpg

[PR]
by denhazim | 2014-04-30 10:41

「人類が誕生してから、どれほど自然を破壊してきただろうか」

生産しては消費する。消費をしては生産する。限りのない欲と、犠牲になる自然。

ロンドンの絵本作家がつくった、世界一笑えない180秒のアニメ映像。人間が、自然との関わりの中で行ってきた、笑えない真実がここには存在する。
f0180726_14312119.jpg

 人間と自然の現実
「虫を踏み殺す。」「蛇の皮を剥いで、靴にする。」「鶏を殺して、フライドチキンにして食べる。」「羊の肉を食べて、毛皮を洋服にする・・・。」

人間の普段の行動が、かわいらしいアニメで社会風刺として描かれている。



日常の行動を考えさせられる、恐ろしい映像。あなたは何を感じるだろうか。



「虫を踏み殺す人間の姿」
f0180726_14323297.jpg

 人間と自然の現実

「蛇の皮を剥いで、靴にする。」
f0180726_14333222.jpg

 人間と自然の現実

「鶏を殺して、フライドチキンにして食べる。」
f0180726_14342556.jpg

人間と自然の現実

「羊の肉を食べて、毛皮を洋服にする・・・。」
f0180726_1435957.jpg

 人間と自然の現実

「海にゴミを捨てまくる。」
f0180726_14353057.jpg

 人間と自然の現実

「木をまるで魔法のように、紙に変えていく。」
 人間と自然の現実
f0180726_1435577.jpg

「フライドチキン、牛、豚肉などの製造工場のプロセス。」
 人間と自然の現実
f0180726_143628100.jpg

「地球にきた宇宙人によって、痛めつけられる人類。」
 人間と自然の現実
f0180726_14365695.jpg

改めて、日常の行動と、

これからの自然との関わり方を、考えさせられるアニメ映像だ。
[PR]
by denhazim | 2014-04-29 14:25
f0180726_14472983.jpg


オバマ米大統領が23~25日に国賓として日本を訪れました。米要人の国賓は1996年4月のクリントン大統領以来で、今回のオバマ氏は18年ぶりとなります。

 Q 国賓とは何ですか

 A 外務省が定める5段階の外国要人招待のうち、最上位の待遇を指します。国王や大統領など元首クラスが対象です。最近では今年3月にベトナムのチュオン・タン・サン国家主席、昨年6月にフランスのオランド大統領が国賓で来日しています。オバマ氏は今回3度目の来日ですが、国賓は初めてです。日本側が国賓での来日を強く希望して実現しました。

 Q 国賓になると、どのようなもてなしを受けられますか

 A 国賓には天皇、皇后両陛下を中心とする「歓迎行事」や、宮中での「ご会見」「宮中晩さん会」、両陛下が国賓の宿泊先を訪ねられ、別れのあいさつをされるご訪問などが行われます。滞在費は日本側が原則負担します。1件あたりの費用は2500万円前後と言われており、国賓は年間2件ほどを想定しています。

 Q 今回オバマ氏が国賓となったのは、どうしてですか

 A 日本側は今回のオバマ氏来日を「日米の絆は揺るぎないとの一つの象徴」(菅義偉官房長官)と位置付けています。国賓として迎え、昨年末の安倍晋三首相の靖国神社参拝など歴史問題でぎくしゃくした日米関係の改善を図る狙いがありそうです。尖閣諸島(沖縄県石垣市)めぐる中国との対立もある中で、米国との関係を強化し、親密さを世界にアピールしたいとの思惑もあるでしょう。

 Q オバマ氏の国賓待遇は円滑には決まらなかったと言われています

 A 国賓の日程をこなすには、少なくとも2泊3日は必要とされていますが、米国側は当初1泊2日での来日を日本側に提示しました。しかし、日本側の強い要請で日程を1日延ばした経緯があります。オバマ氏は国賓として来日しましたが、夫人は同行しませんでした。警備上の理由から東京・元赤坂の迎賓館には宿泊せず、天皇陛下差し回しの自動車も使わないなど、異例ずくめの対応となりました。

 Q オバマ氏は来日中、天皇、皇后両陛下と会見しました

 A 外国要人による天皇陛下との会見は1カ月前までに確定させて宮内庁側に申し入れる慣行があります。今回は日程調整が難航し「1カ月ルール」が守られなかった可能性も指摘されていますが、外務省、宮内庁はともに1カ月前に申請がなされており、問題はないと説明しています。

 会見をめぐっては、2009年に民主党政権が宮内庁の抵抗を押し切り、ルールを破って中国の習近平国家副主席(当時)との会見を実現させ、政治問題化したこともありました。

メーン料理は羊肉 富士山アイスも 晩餐会メニュー

 宮中晩さん会で振る舞われるのは、フランス料理というのが明治以来の慣例。牛肉や豚肉と違い宗教上の制約がないことからメーンの料理には羊肉が選ばれることが多い。鶏肉、羊肉、乳製品などの食材は栃木県にある御料牧場で生産された。定番のデザートとして、富士山をかたどったアイスクリームが24日も提供された。
[PR]
by denhazim | 2014-04-28 14:47