<   2014年 09月 ( 87 )   > この月の画像一覧

f0180726_1728596.jpg


差し入れいただきましたー!1つどうぞ^^
[PR]
by denhazim | 2014-09-30 17:27

f0180726_17224336.jpg


1962年式ポルシェ356B 1600 カルマン・ハードトップ・クーペ。356Bのカブリオレにハードトップを固定してノッチバックとしたもので、その名の通り、コーチビルダーであるカルマン社がその制作を手がけました。356Bの生産台数が31192台であるのに対し、ノッチバッククーペの生産台数は1047台。レアなモデルです。
写真:RM Auctions
[PR]
by denhazim | 2014-09-30 17:22

f0180726_12453271.jpg


⇒日本の経済が安定しないのは、雇用、労働のしかたに問題があるんじゃない?
⇒終身雇用制がなくなってから、日本は不安定ですよね。
★派遣法改正案を再提出 「3年上限」廃止
 政府は29日、先の通常国会で廃案となった労働者派遣法改正案を閣議決定し、衆院に再提出した。派遣労働者の受け入れ期間の上限を廃止する内容で、民主党などは「雇用の不安定化につながる」と批判。対決法案を最小限に抑えた「無風国会」にあって、大きな争点の一つとなりそうだ。
 受け入れ期間は現在、通訳などの専門業務を除き最長3年に制限されている。改正案では、専門業務かどうかの区分をなくした上で、企業が3年を超えて派遣労働者の受け入れを続けたい場合は、労働組合からの意見聴取を条件に働く人を入れ替えて延長できるようにする。施行は来年4月。
 政府は今年3月に閣議決定し先の通常国会に提出したが、派遣事業者に対する罰則規定で本来「1年以下の懲役」とすべき部分を「1年以上の懲役」と誤記したため野党が反発、審議入りせず廃案となった。
[PR]
by denhazim | 2014-09-30 12:45
f0180726_12335316.jpg

f0180726_12341559.jpg


信頼できるチームワーク、そしてそのリーダーがいたら、すべてが可能になる。
[PR]
by denhazim | 2014-09-30 12:34

f0180726_12273897.jpg

「反中感情」のうねり 若者「一国二制度は口だけ」 年配は「商売できれば」
2014.9.30 05:00 (1/2ページ)
繁華街で路上座り込みを続け「香港の未来は香港人が取り返す」と叫んだ大学生ら。何人もの学生が熱射病予防のため額に日本メーカーの熱冷ましシートを貼っていた=29日午後、香港(河崎真澄撮影)
繁華街で路上座り込みを続け「香港の未来は香港人が取り返す」と叫んだ大学生ら。何人もの学生が熱射病予防のため額に日本メーカーの熱冷ましシートを貼っていた=29日午後、香港(河崎真澄撮影)

 「香港の未来は香港人が取り返す!」。日系百貨店などが立ち並ぶ香港島の繁華街、銅鑼湾の幹線道路上で学生らは29日も座り込みを続け、シュプレヒコールを繰り返した。

 香港中心部のこの日の最高気温は32度。路上はアスファルトの照り返しで真夏のようだ。それでも、この日午後にかけて、「真の普通選挙」を求めて抗議デモの輪に加わる学生の姿が増え続けた。

 段ボールに「香港に真の民主主義を」と大書きしていた香港中文大学3年の唐さんは、「一国二制度なんて結局、中国共産党の口先だけのレトリックに過ぎなかった」と言い放った。

 英国と中国の両政府が、北京で香港の主権返還に関する共同声明に仮調印したのは、30年前の1984年9月26日のことだ。97年7月1日の返還後も、50年間は香港の民主社会を変えないとする「一国二制度」が盛り込まれた国際公約だ。

 28日夜から徹夜で座り込みしているという別の男子大学生は、「民主社会そのものを抑圧しようとする共産党政権は決して許せない」と拳を振り上げた。
[PR]
by denhazim | 2014-09-30 12:28
f0180726_12201352.jpg


もはや恒例のパスタなり(*´∀`)
[PR]
by denhazim | 2014-09-30 12:20

f0180726_8251840.jpg


小泉元首相、反原発ライブで「音楽を楽しみ原発ゼロとは素晴らしい!」
2014.9.29 21:43 [原発・エネルギー政策]
コンサートに登壇、あいさつする小泉純一郎元首相(右)、細川護煕元首相=29日午後、東京都江東区(宮崎裕士撮影)
コンサートに登壇、あいさつする小泉純一郎元首相(右)、細川護煕元首相=29日午後、東京都江東区(宮崎裕士撮影)

 小泉純一郎元首相は29日夜、東京・青海で開かれた反原発ライブで細川護煕元首相とあいさつに立ち、「原発のない社会こそ豊かな生活だというふうにしないといけない」と原発ゼロの社会を目指すよう訴えた。

 小泉氏は集まった若者らを前に「音楽を楽しみながらの原発ゼロ運動は素晴らしい」と会場を盛り上げ、細川氏も「No Nukes(原発ゼロ)に向けて頑張ろう」と呼び掛けた。

 小泉氏は降壇後、記者団から福島県知事選(10月26日投開票)に関わるかを問われ、「ない」と明言。細川氏は「福島で原発ノーということはみなさんが分かっている。それが争点になるわけでもない」と述べた。
[PR]
by denhazim | 2014-09-30 08:26

f0180726_88379.jpg


国会開会式での天皇陛下お言葉
2014.9.29 13:33 [両陛下ご動静]
第187臨時国会の開会式でお言葉を述べる天皇陛下=29日午後、国会・参院本会議場(酒巻俊介撮影)
第187臨時国会の開会式でお言葉を述べる天皇陛下=29日午後、国会・参院本会議場(酒巻俊介撮影)

 本日、第百八十七回国会の開会式に臨み、全国民を代表する皆さんと一堂に会することは、私の深く喜びとするところであります。

 ここに、国会が、国権の最高機関として、当面する内外の諸問題に対処するに当たり、その使命を十分に果たし、国民の信託に応えることを切に希望します。
[PR]
by denhazim | 2014-09-30 08:07
f0180726_824676.jpg



【価値観を理解する】
人間関係がうまくいかない理由の1つに価値観の相違がある。これは男女間だけでなく、同性同士や仕事関係においても当てはまる。元々人というのは、生まれた場所や育った環境が異なるので、価値観が同じということはあり得ない。ということは、自分の価値観を相手に当てはめるというのは無理がある。そもそも自分の価値観を人に押し付けることは、相手にもそれが伝わるので、相手にしたらいい気分のものではない。そうなると人間関係はギクシャクする。では相手とうまくいくためには、どうしたらいいのか。
それは、相手の価値観を認めることが大切。
例えば、この人はこういう考え方をする人なんだとか、こういう意見もあるのね、というように相手を理解すること。
そもそも自分と同じような人ばかりで世の中が構成されたらつまらない。
いろんな価値観の人がいるからこそ、人生は面白い。
そういう風に考えられたら、きっと平和な世の中になる。
誰とでもそんな関係を構築できるといいな。
[PR]
by denhazim | 2014-09-30 08:02

f0180726_1941252.jpg


日本として何をすべきか?
                 
【MSN産経ニュース:2014/09/29 07:30 JST】 米国のオバマ大統領は、9月22日にシリア北部の『イスラム国(IS)』拠点に空爆を開始した。中東への不関与政策をとってきたオバマ氏がISに対し反転攻勢に出るのは、11月の中間選挙を意識したからである。
 また、ISの苛烈な『イスラム全体主義』も無視できない段階に入った。正統カリフ制の意義とは無縁な『カリフ国家』を僭称するISは、イスラム法の恣意的解釈による残虐行為を躊躇わない。北イラクのヤジド派の虐殺、キリスト教徒の迫害(強制改宗、磔刑、断頭刑、強姦、女性の性奴隷化)、軍兵士と部族兵の大量処刑などは、歴史にも類を見ないほどだ。
 ISはアルカーイダと違い、欧米に直接攻撃を仕掛けたことは無い。にも拘らず、IS攻撃に踏み出した主な要因はやはり石油である。ISはイラクとシリアの石油生産や市場価格に影響を与え始めたからだ。彼等は、トルコやヨルダンの密輸業者にバレル当たり25ドル、タンカー当たり1万から1万2千ドルの廉価で原油を売り、1日に200万ドルを稼ぐという観測もある。米国と湾岸諸国はISの油価への影響を許せない。今回の空爆でサウジアラビア、バーレーン、アラブ首長国連邦に加えて、それらと折り合いの悪いカタールも作戦に参加したのは偶然ではないのだ。
 事実、ISがサウジ等、君主制国家を否定することによる中東安全保障上の危機は無視できないものだ。ISはリヤドを次の目標と公言して憚らず、その野心は国際石油資本の脅威となる。兵員数は、6月の6千人から9月には3万人を超えた。またイラク軍から1個師団相当の米軍供与兵器を鹵獲した結果、今やクウェート軍の2倍の力量を誇るとさえ言われる。しかもISは、世界最強と目される米軍兵士とも違い、『聖戦』で喜んで死ぬ覚悟を決めた戦士ばかりなのだ。IS兵1人は他国の兵10人分に相当するという説も荒唐無稽といえない。
 しかも、ISには欧米を含めた世界中からテロ戦士が参入している。ロシアのチェチェンやダゲスタンからも多くの若者がはせ参じた。折からアルジェリアでは、IS空爆に抗議してフランス人を拉致殺害する事件も生じた。この動きを看過すれば、ロシアや米国につながる広域的テロ・ネットワークがつくられ、本国にもテロが拡散するのは火を見るより明らかだろう。
 米国はシリアでアサド政権に抵抗する自由シリア軍を支援すると共に、その両者と対決するIS攻撃に踏み込むことで、シリアの複雑な三者鼎立状態に関与せざるを得ない。これは、かつてのイランとイラクの二重封じ込め政策よりも複雑なパズルに他ならない。アサド氏はIS空爆を奇貨として失地回復を狙うはずだ。他方空爆は、対決の長期化で米国を疲弊させ中東の地政学的変動を目指すISにとって、想定内の動きであろう。ISの拡大を阻止できる中東新戦略の国際構築とは何か。難民支援等に約2550万ドル(約28億円)の供出を決定した日本の知恵の見せ所でもある。(山内昌之)
[PR]
by denhazim | 2014-09-29 19:03