<   2015年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

f0180726_15452284.jpg


無法 過激組織 「イスラム国」に 拘束されている 後藤健二さんの

解放に関する ニュースが 次々と流れています。

人命が何より 大事、 後藤さんを救出しようと

「I am Kenji」と掲げた写真を 交流サイトに 投稿する動きが

世界に広がっています。

私も 一刻も早く 後藤さんが 解放されることを祈っています。



しかし、 皆さん 冷静に 考えてみて下さい。

安倍首相が 17日、 (日本は 財政困難であり、

救済すべき事項が 山積にもかかわらず)

難民救済に 2億ドル(236億円)の

供与を 表明したことが 火種となり 「イスラム国」が

二人の日本人人質の身代金を 要求してきたのです。

とはいえ、 そもそも 殺害されたと言われている 湯川遥菜さんと

後藤健二さんが イスラム国に 捕まっていなければ

こんなことは起きなかったのです。

日本政府は 過去 再三に渡って 危険地域に近づくなと

警告をしてきました。

湯川さんは不心得にも 武器を売って 利益を得ようと

危険極まる シリアへ 足を踏み入れたのです。

後藤さんは 奥さんが 出産するというのに

湯川さんを助けに 行ったのです。

しかも 「自分の身に 何か起きても シリアの人を

責めないで、 自己責任をとる」という

メッセージまで 残しています。

ジャーナリストの後藤さんは、 これまで 悲惨な戦場の 模様や

犠牲となった子供たちの様子を 世界に知らせることに

懸命に 命がけの仕事をなさっていて、 素晴らしいことだと

思います。 が 、 湯川さんを救うことに どれだけの

意義が あったでしょうか?

生まれた赤ちゃんは 当然 父を必要としています。



イスラム国は 後藤さんと ヨルダンに収監されている

サジダ・リシャウィ死刑囚との 交換を要求しています。

この女性は 2005年 ヨルダンの首都アンマンの

ホテルで 連続 自爆テロに関与、 50人以上が

亡くなっているのですが 本人は 自爆に失敗、

ヨルダンに 死刑囚として 収監されているのです。

有志連合の アメリカ軍と共に イスラム国と戦っている

ヨルダン軍の パイロット、 モアズ・カサペス中尉は

エリート中のエリート、 しかも ヨルダンの有力部族の息子さん。

イスラム国に 捕らえられているわけですが、

ヨルダン国にしてみれば 自国の捕虜を救出したいに

決まっていますし、優先するのが 心情です。

日本の記者を助けて、 自国の勇士を 死に至りしめたら、

革命が起きるかもしれません。 

ヨルダン国王は 窮地に陥ってしまいます。



たびたび 後藤さんのお母様が マスコミに

登場していますが、 私は腑に落ちません。

苗字が違うのは 事情があるのでしょうが

2週間も前に 孫が生まれたことも、 再婚していたことすら

知らなかった 生みの母親。

自分の息子が 日本や、 ヨルダン、 関係諸国に

大・大・大・大迷惑をかけていることを

棚にあげ、 ひたすら 安倍首相に 「あと 24時間しか

ありません。 助けて下さい。」 と

訴えているのは、 どうかと思います。

ひたすら、 地にひれ伏して、

謝るべきではないでしょうか。

それからです、 母として 安否を願うのは・・・。

皆さんも、 センチメンタルに 浸っているだけではなく、

事件の真髄を 知るべきです。



私は 1970年6月、 3才3ヶ月になった娘のカリナを

連れて、 パリから スカルノ大統領の 死の床に

殺される事を 覚悟で 馳せ参じました。

その時、只 ひとつのことを 神に祈りました。 

「もし 私が銃弾に倒れることがあったら、

どうか 数秒でもいい、 カリナの命を 我が手で

絶つ力を与えて下さい」と 願ったのです。

カリナが 敵の手におちることなど

考えられなかったからです。

不謹慎ではありますが、後藤さんに話すことが出来たら

いっそ 自決してほしいと 言いたい。

私が 彼の母親だったら そう 言います。

我が子を 英雄にする為にも ・・・



湯川さんと 後藤さん、 この二人の日本人の為、

ヨルダンを巻き込み、 世界までも 巻き込んだ

イスラム国との人質 交換 解放 大事件!!

イスラム国は 日本の国民 感情を 利用し、

アメリカ同盟国 ヨルダンに ゆさぶりをかけているのです。

冷静に 考えたら この二人が 私情で どれだけ 国家と 国民に

迷惑をかけたか、 それを知るべきではないでしょうか?

交換条件である 死刑囚を釈放することになり、

カサペス中尉が 無事でなかったら、

それは 大変な罪なことだと思います。

イスラム国のデマンドの時間は あと 3時間後、

日本時間 今夜 11時半です。



皆さん どう思われますか?

■デヴィ夫人のブログより引用

このブログは、あくまでデヴィ夫人個人の意見です。
あなたはこの問題について、何を思い、何を考えますか?
[PR]
f0180726_10192036.jpg


【準備は出来ていますか?】 2015年1月28日(水)
幸せは、準備をたくさんした人のところに舞い降りる。
たくさんの準備をしてもっともっと幸せを受け取りましょう!
おはようございます♬
「何かいいことないかなぁ」って、今日も待っていませんでしたか?
「幸せにしてくれる人がどこかにいる!」って、考えていませんか?
でもね、待っているだけでは幸せはやって来ないのです。
何もしないのに幸運が舞い降りるなんで、
宝くじを買ってもいないのに、宝くじが当たったら良いなぁ!って
思うのと同じです。
いつ幸せがやって来ても見逃さないように
今日から準備をして環境を整えましょう。
自分の蒔いた種が育って、
実った時に、
いろんな準備をして、いろんなことに手を尽くして、
それを神様が認めてくれた時に、ギフトが降って来ます!
いつも心をすまして
幸せがやってくるように
いつでもいつでも準備をしている自分でいましょう!
たくさんの幸運を受け取る準備をする
1日になりますように。
[PR]
f0180726_10115066.jpg


【感謝の達人】
何にでも感謝の気持ちが必要とわかってはいるけど、なかなかそう思えない時がある。例えば「今度○○に行きましょう」とか「××しましょう」と相手が申し出てくれたとしても、なかなか実行したことがないと、どうしても言葉を素直に受け入れることができないこともある。でもそこで考え直した。「言ったことは実行する」これが当たり前になっていると、相手にもつい求めてしまうけれど、でも、やるやらないを決めるのは、相手なのだから、実行されるかどうかにフォーカスするのではなく、言ってくれたという「行動」に対して、有り難く感謝しないといけないと。
そう思うと相手に感謝の気持ちでいっぱいになる。
人は自分の都合のいいようにしか考えられないことも多いけれど、相手の気持ちを思い、行動に感謝することが大切。
私もまだまだだな、と改めて思い直す。
これからは何でも素直に受け入れ「感謝の達人」を目指そうと決めた。
何にでも感謝できるってすごく幸せな気分になれる。
そう気づけてよかった。
[PR]

f0180726_9594976.jpg


【ピンチは人生のターニングポイント】 2015年1月29日(木)
ピンチの時は辛くて混乱してしまうかも知れませんね。
でも、乗り越えた世界を、ワクワクしながら見られたら
ピンチはチャンスだって、考えられるのではないでしょうか?
おはようございます♪
「絶体絶命!人生最大のピンチ!」って感じたことはありますか?
すべての計画が狂ってしまったり、
どうしていいのかわからない程混乱してしまった出来事。
でもね。
そんな出来事も、振り返って考えてみると
その時が人生のターニングポイントだった!と
思ったことがありませんでしたか?
電車の線路の切り替えスイッチのように
そこから行き先が別れ、
人生という旅を楽しみことが出来たなら、
辿りついたその先は、まるで別世界。
自分の想像をはるかに越えた世界かも知れませんね。
そしてすごく幸せな自分がいるかも知れません。
ピンチをどう取り組むかで
その後にやってくるチャンスも変ってくるかも知れません。
難解なことが起ったら、チャンスが感じることが出来る
前向きな1日になりますように。
[PR]
f0180726_9462021.jpg


【自分のことを頭が悪いって言える人】
私の経験上、自分のことを頭が悪い、と言える人に本当に無能な人はいない。むしろ逆に頭の良い人の方が多い。自分が本当は無能じゃないってわかっているから自分を下げて言えるのかも知れない。頭がいい人には謙虚な人が多い。実力がない人ほど自分を飾り付けて大きく見せようとしたがる傾向があるけれど、本当に頭の良い人は、決して自分を必要以上に大きく見せようとはしない。
実力がない人が自分のことを頭が悪い、って言ってしまうと、本当に無能に思われてしまいかねないから決して言うことはしない。
でも頭の良い人が同じように言っても、人はちゃんとその人の実力がわかっているからそう思うことはない。
だから逆に言えば自分が頭が悪いと言って、人から肯定されないように実力をつけないといけない。
一度人に「私は頭が悪いから」と言ってみてはどうだろう。
相手がどんな反応をするかで自分が人からどう思われているのかがわかるかも。
私もちゃんと否定してもらえるように日々精進です。
[PR]
f0180726_9402238.jpg


FRIEND…心の痛みを理解して、そっと手を差し伸べてくれる人…。
BEST FRIEND…たった一人っていう意味だよ。この人だけは、他の人とシェアできない。
[PR]

f0180726_1033422.jpg


【憧れの人は未来の自分】
多くの人が、憧れの人、目標にしている人、こうなりたいと思っている人がいると思う。目指している人の域にまで到達するまでまだまだ、と思うこともあるかもしれない。雲の上の人に見えるかも知れない。でもこう考えてみてはどうかな?憧れの人は自分より先に動いただけ、と。誰だって生まれたときは何もなかったので、スタートは同じはず。ただ、大人になって(または成長過程で)目標の人は自分より先に動き始めたから先に進んでいるけれど、自分もこれから追いつくんだから、と思うことで、目標の人は雲の上の人ではなくなる。
もちろん、絶対に無理という場合でなければどんなことでもできると思う。
何でも諦めてはいけない。
私も10年前は単なる一会社員だった。
当時目指している人、目標にしている人たちがいた。
でも今こうして独立し、今の私を見て、憧れていると言ってくれる人たちもいる。
当時目標としていた人、目指していた人たちにも相当近づけたと思っている。
憧れている人は未来の自分、と思うと決してそれは無理ではなくなってくる。
これから追いつけばいいだけのことなんだから。
[PR]
f0180726_1554111.jpg


イスラム国が日本人2人の身代金2億ドルを72時間以内に支払わなければ殺害すると警告していた件について、YouTubeに湯川遥菜さんの首が切断された写真を後藤健二さんが持っている画像・動画が投稿されているのが発見され、NHKなども速報で報じています。
[PR]
f0180726_123475.jpg


【日曜日の朝】
日曜日の朝が好き。理由は普段よりも都心に人の出が遅かったり、お店も早い時間だとそれほど混んでいないことが多いから。お天気のいい日だとお日様を浴びながら朝食をゆったりカフェで頂いたり、新聞を読んだりする時間は至福のとき。何だかいいエネルギーをチャージできるような気がする。早起きしてわざわざホテルに朝食だけを食べに行ったこともある。最近は早起きができていないので、日曜日の朝のスタートも少し遅れがちだけれど、これから暖かくなったら、また復活したいと思う。
朝の時間は頭も冴え、仕事もはかどる。
明日からの日常業務に備え、スケジュールを考えたりするのも楽しい。
そんな有効な時間が過ごせる日曜日の朝を遅く起きてしまうのはもったいない。
これからはどんどん陽がでるのも早くなる。
日曜日の朝をもっともっと楽しみたいと思う。
[PR]
f0180726_11572173.jpg


⇒日本人のものの見方、考え方、表現のしかたが、なかなか伝わりにくい一例。これが、外交にも影響しているように思います。
 外国人の見解、解釈は、日本人にとって有利ではないですよ。どの国も自分の国が一番大切だから。
<イスラム国拘束>
新映像に首相「強い怒り」…分析急ぐ政府
毎日新聞 1月25日(日)1時46分配信
イスラム過激派組織「イスラム国」とみられるグループに拘束された仙台市出身のジャーナリスト、後藤健二さん(47)の新たな映像が24日午後(日本時間24日夜)、インターネット上の動画投稿サイトに公開された。後藤さんは同様に拘束されている千葉市出身の湯川遥菜さん(42)の遺体とみられる写真を持たされ、男性の声で「湯川さんは既に殺害された」と英語で訴えた。
【後藤さんの新映像「湯川さんは既に殺害」】
          ◇
 安倍晋三首相は25日午前1時半ごろ、首相官邸で記者団に「あらゆる外交ルート、手段を尽くして解放に向けて取り組んでいる中で、湯川さんが殺害されたとみられる写真がインターネットに配信された」とした上で「ご家族のご心痛を察するにあまりあり、強い憤りを覚える」と語った。「日本政府としては、引き続きテロに屈することなく、国際社会とともに、世界の平和と安定に積極的に貢献していく」と述べた。
 一方、菅義偉官房長官は25日午前0時過ぎに緊急記者会見し、「残る1名の後藤健二氏に危害を加えないよう、また直ちに解放するよう強く要求する」と表明。記者団からの質問は受けず、硬い表情で会見を打ち切った。
 菅氏は内閣危機管理監と国家安全保障局長に関係省庁と連携して情報収集するよう指示した。政府は映像の真偽を含めた確認、分析を急いでいる。
 これに関連し、首相は24日夕、首相公邸でヨルダンのアブドラ国王と電話協議した。同席した岸田文雄外相は記者団に具体的な内容を明らかにせず、「今日の動きを確認、分析し、今後の対応を検討する」と語った。その後、岸田氏は外務省内で斎木昭隆事務次官、三好真理領事局長、上村司中東アフリカ局長らと協議した。
 政府はヨルダンに現地対策本部を設け、中山泰秀副外相らがトルコなど第三国を通じた情報収集を続けている。
[PR]