<   2016年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧



f0180726_1383775.jpg

[ニューヨーク 29日 ロイター] - 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが急伸し、対円で6週間ぶりの高値に上昇した。日銀のマイナス金利導入決定に加え、昨年第4・四半期の米国内総生産(GDP)速報値が市場予想とほぼ一致したことが追い風となった。

ドル/円JPY=は米GDP統計の発表後、一時2.4%高の121.68円に上昇。昨年12月18日以来の高値をつけた。直近では1.9%高の121.05円。

シチズンズ・バンクのグローバルマーケッツ部門統括者、トニー・ベディキアン氏は、米国と他の主要中銀との金融政策の方向性がかい離していることがあらためて鮮明となっており、これがドルを支援したと指摘。「値動きが大きくなったのは、日銀の決定が予想外だったためで、ドル資産への資金流入が加速した」と話した。

昨年第4・四半期の米国内総生産(GDP)速報値は、季節調整後の年率換算で前期比0.7%増と、2.0%増の第3・四半期から急減速したが、市場予想とほぼ一致した。

月間では、ドルは対円で0.4%値上がり。日銀のマイナス金利導入決定まで、ドルは1.3%超下落していたが、この日の大幅上昇で下げを取り戻した。

ドルはユーロEUR=、ポンドGBP=、スイスフランCHF=に対しても1%超の値上がりとなった。

ドル/円 NY時間終値121.07/121.09
[PR]

f0180726_13193738.jpg


★産業用ロボットに革命をもたらす知能化技術

人が教えなくても、ロボットが自ら学習し、働くようになる。MUJINが描く、未来の工場とは—。
現実派の営業マンと天才肌の技術者—。米アップルやホンダを彷彿させる創業者コンビが、ロボット活用の新境地を切り拓いている。これまでの産業用ロボットは、人の手によるティーチング(教示)が必要な上、作業に僅かな変更点でも生じれば最初から全てやり直さなければならない。MUJINの知能化制御技術は、この作業を自動化し製造・物流現場のコストを大きく省く。既存ロボットメーカーのオペレーションシステムに依存せず、導入後はMUJINコントローラーで直接制御でき、汎用性も高い。つまりはスマートフォンにおけるアンドロイドの役割を担う。
大手自動車メーカー各社やEC物流大手などの大企業への納入実績を持つ、この唯一無二の制御技術を開発したのがCTO(最高技術責任者)の出杏光魯仙だ。ロボット研究の世界的権威・金出武雄の元で学び、カーネギーメロン大学で博士号を取得した。そんな出杏光が2009年、東大研究員時代に訪れた国際ロボット展でCEOの滝野一征と出会う。当時、滝野は大手工具メーカーのトップ営業をしていた。地上と宇宙をつなぐ「宇宙エレベーター」などの夢を語る出杏光に対し、超現実的な滝野はどこか近寄りがたさを感じたが、対照的な両者は馬が合い、11年のMUJIN共同創業へと繋がる。
得意分野はそれぞれ異なるが、“お客様第一”という根の部分が一致し、激しい議論はより良い判断へと帰結。その成果が、主力製品の「バラ積みピッキング知能システム」である。ピッキングは、現場効率・コスト面に大きく貢献するキラーアプリであり、ロボット知能化の登竜門とも呼べる。「我々の思いはただ一つ、もっと多くの方々にロボットを使っていただきたいのです」
少子高齢化が進む日本は、ロボット大国であると同時に世界最高の市場でもある。工場が集積し、現場の意識が高く、フィードバックも得やすい。東京に拠点を置くMUJINが、資金力に勝る欧米企業の先をいける所以だ。既にレーザー加工や溶接加工へも活躍の場を広げ、独自プラットフォームをつくり上げつつある。最終目標は産業用ロボットが自分で見て、考え、動き、人のように働くことで工場が無人になる世界だ。MUJINが描くロードマップは大きい。
ただの製造機械を、「自律的」なロボットに
MUJINのテクノロジーは、応用の利かない「ただの製造機械」を、状況に応じて自ら動作をつくりだす「自律的なロボット」に変える。人間による個別動作プログラミングの手間をなくし、「止まらない工場」を実現する。
MUJIN◎ 産業用ロボット向けの知能化ソフトウェアを開発する、東京大学発のスタートアップ。ブルガリア出身で、ロボットの動作計画エンジン「OpenRAVE」開発者として知られる出杏光魯仙(Rosen Diankov)が、元メーカー営業マン滝野一征と2011年に創業。14年にはジャフコおよびUTECから総額6億円を調達した。
[PR]


f0180726_129021.jpg

寒さで身体の芯まで冷え切った夜は、ゆっくりお風呂につかって温めたい。最近は、入浴剤やバスソルトなどバスグッズも充実してきました。

しかし、高い入浴剤ばかり買うのって経済的にも大変...そこでお、家で余っていたものが入浴剤として活用でき、しかも美容効果が期待できたらとってもお得ではないでしょうか。そこで、肌がうるツルになる美容風呂の作りかたを紹介します。

柑橘系は使える! 今が旬なみかん風呂

12月の冬至にゆず風呂に入りますが、おすすめはみかんの皮を入れた「みかん風呂」です。乾燥させたみかん(2~3個分)の皮を布の袋に入れて浮かべるだけ。みかんの皮に含まれるビタミンCやクエン酸の効果で肌がツルツル、すべすべになります。

実はみかんだけでなく、ゆずやグレープフルーツ、オレンジやレモンの皮も入浴剤として使えます。とくにグレープフルーツの香りは、ダイエット効果やリラックス効果が高いと言われているので、捨てずに入浴剤として利用してみて。

緑茶風呂で美白になーれ

緑茶風呂は、ビタミンやカテキンが含まれるため美肌や美白に効果的と言われています。また、保湿効果も期待できるそう。緑茶の茶葉を大さじ3杯を、茶葉用のパックに入れて湯船にポンッ!

お湯を入れるタイミングで一緒に入れておくと、きれいな緑色になり、目でも楽しむことができます。また、緑茶に含まれるフラボノイドに消臭効果があるので、汗やタバコといったニオイが気になるときにもおすすめです。

はちみつでとろ~りうるうる肌に

乾燥肌でかゆくなってしまう人には、はちみつ風呂でたっぷり保湿を。はちみつには、ビタミンB群やビタミンC、カリウムなど美肌づくりには欠かせない成分が満載なので、乾燥を防ぎつつ、美肌の効果が期待できます。

はちみつを大さじ2~3杯入れるだけで、バスルームは甘いはちみつのいい香りが漂います。保温性もアップするので、冷え性の改善にもなりそう。

ブレンドして2倍お得な美容風呂作り

単体で楽しむのもいいですが、ブレンドして自分だけの美容風呂を作るのがとっても楽しいんです。たとえば、「はちみつ×グレープシードオイル」風呂は、はちみつの保湿や美肌効果に加えて、オイルの抗酸化作用でエイジングケアに最適。

また、「重層×クエン酸」でデトックスに効果的な炭酸風呂をつくるなど、組み合わせは色々あるので、自分の肌や目的に合わせて試してみて。GLITTYでも紹介した「日本酒風呂」や「はちみつ×レモン」風呂など、美容風呂の幅はいくらでも広げられそう。

高い入浴剤もいいけれど、ブレンドした美容風呂だって充分効果が期待できます。仕事で疲れていても、「今日は何を入れてみようか~」と楽しみがあるだけで帰り道の足取りが少し軽くなりそうです。
[PR]


f0180726_1245069.jpg

[ロンドン 18日 ロイター] - 英下院は18日、米大統領選の共和党指名争いでトップに立つドナルド・トランプ氏の英国入国を禁止するよう求める請願について審議した。

今回審議が行われたのは、トランプ氏が昨年12月にイスラム教徒の米国入国を禁止すべきだと訴えたことを受け、英国でトランプ氏の入国禁止を求める請願に50万人を超える署名が集まったため。

議員らからは、入国禁止の措置を取ればかえってトランプ氏の宣伝になるという意見や、米国の内政問題に関与するのは英国のためにならないとの意見が聞かれた。

3時間にわたる審議では各党議員がトランプ発言を批判したが、入国禁止措置には反対する声が多く、採決も行われなかった。

メルマガを購読する

今、あなたにオススメ
[PR]


f0180726_1221252.jpg

米軍がシリアやイラクなどで偵察・攻撃に使う軍用ドローン(無人偵察・攻撃機)を遠隔操縦する「パイロット」が不足している。米紙ウォールストリート・ジャーナル(電子版)によると、空軍は年間約180人のドローンパイロットを訓練しているが、一方で年間230人が職場を去っているのだ。あまりの不人気ぶりに、米軍は5年間で12万5千ドル(約1500万円)の特別ボーナス支給を決定するほど。人手不足を招く不人気の背景には、パイロットの精神を蝕む2つの問題があるようだ。(岡田敏彦)

ドローンの「操縦」

 米軍はイラクやシリア、アフガニスタンなどで偵察や地上目標の攻撃といった危険な任務に無人機を投入している。RQ-1「プレデター」やMQ-9「リーパー」が代表的だ。プレデターは全長約8・2メートル。赤外線カメラや地上攻撃用のミサイル「ヘルファイア」を搭載し、攻撃にも使える。

 これらはドローンというだけあってプログラムされた飛行ルートを自動で飛ぶのだが、特定の目標の追跡や攻撃が必要になると、衛星通信を介した遠隔操縦に切り替える。アメリカ本土にある誘導ステーションから、ドローンパイロットの資格を持つ兵士が無人機を操縦するのだ。操縦者は、主に有人機の操縦資格を持つ者(パイロット)から選ばれ、専用の訓練の後、ドローンの操縦任務に就く。
[PR]

f0180726_1157235.jpg

f0180726_11125659.jpg


紐があるものと思い込んでいました。

過去にEnergy BoostやSpringbladeそしてmiCoachなど数々のイノベーションでスポーツ界のテクノロジーを進化させ続けてきたアディダスが、またしても衝撃的な新シューズを日本で発売します。

「エース 16+ ピュアコントロール FG/AG」は、ご覧の通り靴紐が全く必要としない、全く新しいサッカーのスパイク。

スパイクのアッパーには一本の糸で編みあげられたニット素材を使用。足にフィットする形状と伸縮性を実現したといいます。さらに、耐久性や形状維持性も確保する樹脂フィルムのコーティングを使用して、完全にシューレースとシュータンを取り除く、画期的な一体型デザインです。


20160118adidasraceless03.jpg


サッカーをプレイするために必要なパーツをミニマムにまで減らしたら、必要ないのは靴紐だったということですね。これでもうプレーヤーは蹴る瞬間にボールの感覚が足に伝わりやすくなるはずですし、蹴りやすくなること間違いなし。FIFAがルールを定めない限りこれでワールドカップに出場も出来ますね。





このスパイク実際に使っているところを見たいなあ。アーセナルのMFメスト・エジルが履いているようなのですが、レアルのガレス・ベイルに履いてもらってズドンと思いっきりボールを蹴ってもらって威力を図りたい。それで「靴紐、必要ないね」なんてコメントしてくれらた、各社靴メーカーさんもレースレスの流れが一気に来くるかも。


20160118adidasraceless02.jpg


この「エース 16+ ピュアコントロール FG/AG」、なんと日本で限定120足の発売が決定しました。予約受け付けは1月19日からで、店頭販売は2月11日に始まります。取り扱いはアディダス オンラインショップと、アディダス ブランドコアストア大阪(1月23日より予約開始)、サッカーショップKAMOオンラインストアとその一部店舗のみという超限定モデルです。2016年はアディダスのブレイクスルーに始まって、スポーツ界でもイノベーションが見られそう。レースレス・シューズちょっと楽しみです。
[PR]


f0180726_9561844.jpg

第154回芥川賞・直木賞、受賞作決定!
芥川賞には滝口悠生さんの「死んでいない者」と本谷有希子さんの「異類婚姻譚」、直木賞には青山文平さんの『つまをめとらば』
2016.01.19 19:50
第154回芥川龍之介賞

「死んでいない者」 (滝口悠生 著/文藝春秋・文學界12月号)


滝口悠生さん
〈著者プロフィール〉
1982年東京都生まれ。埼玉県育ち。2011年「楽器」で第43回新潮新人賞を受賞してデビュー。15年『愛と人生』で第37回野間文芸新人賞受賞。

〈作品〉
『寝相』2014年新潮社刊=第36回野間文芸新人賞候補。『愛と人生』15年講談社刊=第28回三島由紀夫賞候補。「ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス」15年新潮5月号=第153回芥川賞候補、単行本は15年新潮社刊。

「異類婚姻譚(いるいこんいんたん)」 (本谷有希子 著/講談社・群像11月号)


本谷有希子さん
〈著者プロフィール〉
1979年石川県生まれ。2000年より「劇団、本谷有希子」を主宰。作・演出を手掛ける。07年『遭難、』で第10回鶴屋南北戯曲賞を受賞。09年『幸せ最高ありがとうマジで!』で第53回岸田國士戯曲賞を受賞。11年小説『ぬるい毒』で第33回野間文芸新人賞、13年『嵐のピクニック』で第7回大江健三郎賞、14年『自分を好きになる方法』で第27回三島由紀夫賞を受賞。

〈作品〉
『江利子と絶対 本谷有希子文学大全集』2003年講談社刊。「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」04年群像12月号=第18回三島由紀夫賞候補、単行本は05年講談社刊。『ぜつぼう』06年講談社刊。「生きてるだけで、愛。」06年新潮6月号=第135回芥川賞候補、第20回三島由紀夫賞候補、単行本は06年新潮社刊。戯曲『遭難、』07年講談社刊=第21回三島由紀夫賞候補。『乱暴と待機』08年メディアファクトリー刊。『グ、ア、ム』、戯曲『偏路』共に08年新潮社刊。戯曲『幸せ最高ありがとうマジで!』09年講談社刊。「あの子の考えることは変」09年群像6月号=第141回芥川賞候補、単行本は09年講談社刊。戯曲『来来来来来』10年白水社刊。「ぬるい毒」11年新潮3月号=第24回三島由紀夫賞候補、第145回芥川龍之介賞候補、単行本は11年新潮社刊。「嵐のピクニック」12年群像3月号、単行本は12年講談社刊。「自分を好きになる方法」13年群像5月号、単行本は13年講談社刊。



第154回直木三十五賞

『つまをめとらば』 (青山文平 著/文藝春秋)


青山文平さん
〈著者プロフィール〉
1948年生まれ、神奈川県横浜市出身。早稲田大学第一政治経済学部卒業。経済関係の出版社に18年勤務した後、92年よりフリーライター。同年『俺たちの水晶宮』で第18回中央公論新人賞を受賞。ほぼ10年で創作活動を終了。2011年、創作再開。初めての時代小説「白樫の樹の下で」で第18回松本清張賞を受賞。同年、本作品を収録した『白樫の樹の下で』でデビュー。

〈作品〉
『白樫の樹の下で』2011年文藝春秋刊。『かけおちる』12年文藝春秋刊。『流水浮木—最後の太刀』13年新潮社刊。『約定』14年新潮社刊。『鬼はもとより』14年 徳間書店刊=第152回直木賞候補、第17回大藪春彦賞受賞。『つまをめとらば』15年文藝春秋刊=第6回山田風太郎賞候補、他。

〈受賞作関連記事〉
・女の確かさが照らす、男のよるべなさ 自覚することで歩み始めた男たちの姿を描く│インタビュー・対談(聞き手:「本の話」編集部)│本の話WEB
・女という圧倒的リアル│インタビュー・対談(聞き手:「オール讀物」編集部)│本の話WEB
[PR]

f0180726_18112756.jpg

経済も貧富の差も頭にまったくないね
すべて憲法改正
そのための目先の経済
1000兆円の借金もなんのその
戦争のできる国に仕立て
武器産業も復活させ
いずれ核兵器も持つようになる
もちろん徴兵制度も復活するだろう

海外では英雄気取りで税金を勝手にばらまき
国内では選挙投票率の高い層におだて戦略
自分勝手な歴史観と
自分の趣味の世界の確立ために
税金を限りなく思うように使われている
阿部さんは趣味の世界で楽しんでるだけ
本人はいたって上機嫌
海外では阿部さんではなく日本国民が笑われてる  

早く低学年の教育の問題に気が付かないと日本沈没
[PR]


f0180726_1015244.jpg

Garminが発表したスマートグラスVaria Visionは、サイクリストにとっては「これ欲しかった!」なアイテムなのでは? 既存のアイウェアに取り付けて、走行速度などのデータやスマホの着信、ナビゲーションなどの情報を視界上に表示できます。後方からの車の接近も、前を見たまま確認可能。安全かつ快適なサイクルライフが楽しめるというわけです。
[PR]


f0180726_940716.jpg

シャンプー剤を使わない洗髪が、新しい美容のトレンドになっている。シャンプー剤に含まれる洗浄成分が、毛髪から健康的な皮脂まで落としてしまうという考えから、シャンプー剤を用いた洗髪の頻度を落としたり、あるいは完全にやめたりする人が現れている。たとえば最近、米国の著名人であるキム・カーダシアンは、5日に1回しか髪を洗わないことを明らかにしている。


米ウェストサイド・マウント・サイナイ皮膚科(ニューヨーク市)のAngela Lamb氏によると、この「ノー・プー(no-poo)」と呼ばれる方法が健康に良いかどうかは、毛髪や頭部のタイプによって大きく変わるため、一概にはいえないという。

「ノー・プー」支持者は、洗浄成分の入った製品を使わずに毛髪や頭皮を洗う。重曹やリンゴ酢などを代わりに用いることもある(日本では、シャンプー剤を全く使わない洗髪を「湯シャン」と呼ぶことが多い)。

毛髪はタンパク質でできており、根元の皮脂腺から分泌される油分が毛髪をコーティングし、傷つかないよう保護している。米イェール大学医学大学院のLisa Donofrio氏は、「『ノー・プー』運動の背景には、毛髪に自然な皮脂を残せば、スタイリング剤は不要だという思想がある。ジェルやムース、スプレーなどのスタイリング剤は、定期的に洗髪しなければならない理由の1つとなる。これらの製品は洗い流さなければ毛髪を痛めうるからだ」と述べている。

しかし、スタイリング剤を使わない場合でも、定期的にシャンプー剤を用いる理由は存在すると、複数の専門家が指摘している。たとえば、植毛外科認定専門医(ニューヨーク市)のRobert Dorin氏は、「頭皮からは、皮脂、乾いた汗、汚れ、死んだ皮膚細胞を定期的に洗い落す必要があるが、『ノー・プー』をうたう製品ではこうした汚れを十分に落とせない。また、シャンプー剤を使わない人は、真菌や細菌への感染リスクがある」と指摘する。

Donofrio氏も、「『ノー・プー』では頭皮の炎症、フケやニキビなどが生じる可能性もある」としている。Lamb氏もこれに同意し、「定期的にシャンプー剤を用いることで、こうした問題をコントロールできる可能性がある。ただし、洗髪頻度に明確な決まりはなく、ちょうどよい頻度を知るには自分の頭皮で試してみるしかない。『ノー・プー』で頭皮が極めて健康になったという人もいるし、脂っぽくなったり痒くなったりする人もいる」とアドバイスしている。(HealthDay News 2015年12月29日)
[PR]