<   2016年 05月 ( 45 )   > この月の画像一覧



f0180726_12405587.jpg

まるで一筋のスポットライトを浴びているかのように、行き交うクルマたちの中で輝きを放っている。小粒でも堂々たる存在感は、ダイヤモンドに等しいほどだ。初めて『4Cスパイダー』を目にした時、そんな強烈なオーラにすっかり心を奪われてしまった。

でもこの日は朝から、新緑を散らす雨。せっかくのオープンモデルなのに、そのルーフをめくることはできず、美しいスタイルも魅力半減かとあきらめて対面した。巻貝のようにテールライトをくるみながら、隆起した塊感でダイナミックにサイドへと続くフェンダーライン。引き締まったアスリートの筋肉のようにも、やわらかな女性のボディのようにも見え、とても魅惑的だ。そこに雨粒が幾重にも滴る4Cスパイダーは、太陽の下とはまた違った妖艶さで出迎えてくれたのだった。

たまらずドアを開けたものの、すんなりとは乗り込ませてくれない。強靭なボディを暗示するかのような幅広いサイドシルを乗り越え、地面スレスレかと錯覚するほど低いスポーツシートに腰を落ち着け、足をねじ込むように引き入れる。するとそこには、すべてがドライバーのためにあるような、タイトだが昂揚感をあおるコクピットが広がる。

美女とワルツを踊るように優雅なドライブをイメージしつつ、真っ赤なスタートボタンを押せば、背後から想像以上に野太い雄叫びが響いてきて、早くも妄想は崩れ去った。雄叫びの主は、ミドシップに搭載された新世代の1.8リットル4気筒直噴ターボエンジン。240ps/350Nmのハイパワーを「アルファTCT」と呼ぶ新世代の6速ATで引き出し、0-100km/h加速はわずかに4.5秒という俊足だ。

右足に力を込めていけば、その思いがけない重たさに背筋が伸び、ステアリングの頑固さに腕の筋肉まで引き締まる。近ごろあふれている、ドライバーを甘やかすスポーツカーに慣れた身には、久々に感じるハードな刺激がのっけからビシビシくる。

そして、直線では背中にキックをくらったような猛烈な加速に、全身の血液が沸き立つような興奮。シーケンシャル式マニュアルモードで3速まで落として、一気にコーナーを駆け抜ければ目の覚めるような爽快感。だんだんとジャジャ馬をてなずけていくように、4Cスパイダーが思い通りの挙動を示してくれるまでの課程を楽しむのも、近ごろではなかなかできない贅沢な時間だ。

美しき路上のダイヤモンドには、刺も蜜も隠れていた。4Cスパイダーはドライバーを決して退屈させない、近ごろでは希有なオープンスポーツだ。
[PR]

f0180726_122947100.jpg


[伊勢/志摩 27日 ロイター] - 主要7カ国(G7)は27日、主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の首脳宣言を公表した。世界経済の将来的な下方リスクに警戒感を示すとともに、全ての政策手段を総動員することを確認した。経済の現状が「危機」かどうかをめぐっては、「新たな危機に陥ることを回避する」とし、現在は危機的状況ではないとの見方をにじませた。

首脳宣言では「G7伊勢志摩経済イニシアティブ」を打ち出し、経済分野での諸課題に共同で対処することで一致。世界経済の成長を「喫緊の優先事項」と位置付け、各国の状況を考慮しつつ、成長実現へ「均衡ある政策の組み合わせを用いる」とした。

安倍晋三首相が26日の討議で、コモディティ価格の下落などがリーマン・ショック級とする資料を各国首脳に提示したが「クライシスとまで言うのはいかがなものか」との異論もあり、世界経済の現状認識に注目が集まっていた。

首脳宣言は、世界経済の回復は続いているが「下方リスクが高まっている」とする一方、「新たな危機に陥ることを回避するため、経済の強じん性を強化してきている」とし、現在の状況が危機に当たるとの認識では一致しなかった。

焦点の1つだった財政出動については、機動的な財政戦略の実施と構造政策を果断に進めるとしたうえで、「G7が協力して取り組みを強化することの重要性について合意」した。

為替に関しては、過去のG7やG20の声明を踏襲するかたちで、「為替レートの過度の変動が経済に悪影響を与える」と指摘。為替レートを目的としないことに加え、すべての国が通貨の競争的な切り下げを回避することの重要性を強調した。

また、地政学紛争やテロ、難民問題と世界経済との関連にも言及し、こうした問題は「世界経済を複雑化させている」とした。

さらに6月の国民投票で結果が決まる英国の欧州共同体(EU)からの離脱問題では、離脱すれば世界貿易や投資、雇用拡大の流れに逆行し、世界経済にとって深刻なリスクになると明記した。
[PR]

f0180726_122947100.jpg


[伊勢/志摩 27日 ロイター] - 主要7カ国(G7)は27日、主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の首脳宣言を公表した。世界経済の将来的な下方リスクに警戒感を示すとともに、全ての政策手段を総動員することを確認した。経済の現状が「危機」かどうかをめぐっては、「新たな危機に陥ることを回避する」とし、現在は危機的状況ではないとの見方をにじませた。

首脳宣言では「G7伊勢志摩経済イニシアティブ」を打ち出し、経済分野での諸課題に共同で対処することで一致。世界経済の成長を「喫緊の優先事項」と位置付け、各国の状況を考慮しつつ、成長実現へ「均衡ある政策の組み合わせを用いる」とした。

安倍晋三首相が26日の討議で、コモディティ価格の下落などがリーマン・ショック級とする資料を各国首脳に提示したが「クライシスとまで言うのはいかがなものか」との異論もあり、世界経済の現状認識に注目が集まっていた。

首脳宣言は、世界経済の回復は続いているが「下方リスクが高まっている」とする一方、「新たな危機に陥ることを回避するため、経済の強じん性を強化してきている」とし、現在の状況が危機に当たるとの認識では一致しなかった。

焦点の1つだった財政出動については、機動的な財政戦略の実施と構造政策を果断に進めるとしたうえで、「G7が協力して取り組みを強化することの重要性について合意」した。

為替に関しては、過去のG7やG20の声明を踏襲するかたちで、「為替レートの過度の変動が経済に悪影響を与える」と指摘。為替レートを目的としないことに加え、すべての国が通貨の競争的な切り下げを回避することの重要性を強調した。

また、地政学紛争やテロ、難民問題と世界経済との関連にも言及し、こうした問題は「世界経済を複雑化させている」とした。

さらに6月の国民投票で結果が決まる英国の欧州共同体(EU)からの離脱問題では、離脱すれば世界貿易や投資、雇用拡大の流れに逆行し、世界経済にとって深刻なリスクになると明記した。
[PR]


f0180726_12264350.jpg

女優、矢吹春奈(31)が27日、篠山紀信氏(75)撮影の初のヘアヌード写真集「春奈」を発売し、東京都内で行われた写真展「未発表」のレセプションパーティーに出席。写真集について「1ページ目からホントにヌードです。目指すは完売。増刷させていただけたら」とアピール。篠山氏は宮沢りえ(43)の「Santa Fe」(1991年発刊)を引き合いに、「超えたいですね。200万部」。
[PR]


f0180726_12213069.jpg

東京都の舛添要一知事は27日の定例会見で、自らの政治資金などに関する新たな疑惑について「全てがクロではない」などと反論し、謝罪に終始した前回の会見から一転して強気の姿勢も見せた。ただ、「信頼を失っている私の口から話しても信じてもらえない」として、具体的な説明には踏み込まなかった。

 調査を依頼した元検事の弁護士2人については、25日に資料の精査を始めたと説明し、「一刻も早く調査結果を出してもらいたいとお願いしている」と述べた。ただ、舛添氏へのヒアリングはまだ行われていないといい、調査の終了時期についても明言しなかった。 

 会見では、舛添氏が今年4月までの1年間に都内の美術館・博物館の視察を計39回繰り返し、視察全体の7割を占めていたことについて、報道陣から多くの質問が出た。

 舛添氏は趣味とも公言している美術関係の視察が多い理由を問われると、「東京五輪・パラリンピックに向けた文化振興のため」などと説明。「複数の美術館で使える共通チケットの発行などが可能かどうか検討した」と説明した。

 展示が変わるたびに同じ美術館を繰り返し訪れていたことについては「(美術館側から)招待されたものがほとんど」とし、保育所や介護施設などの視察を行っていなかったことについては「改めるべきは改める。バランスをみながらやっていきたい」と述べた。

 何度も深く頭を下げた20日の会見と異なり、この日は次々と報じられる疑惑について「全てがクロではない」「疑惑でも何でもないと思っているものもある」と強気の姿勢も見せた。調査を担当する弁護士の氏名を明らかにしない理由については、「明らかになれば取材が殺到し、対応に時間を取られる。一日も早く調査に集中してやるためだ」と説明した。
[PR]

f0180726_12171342.jpg

オバマ大統領の広島訪問 所感の全文
5月28日 0時26分
オバマ大統領の広島訪問 所感の全文
アメリカのオバマ大統領は27日午後、現職の大統領として初めて被爆地・広島を訪問しました。被爆者の人たちを前に述べた所感の全文です。
71年前の晴れた朝、空から死が降ってきて世界が一変しました。せん光が広がり、火の海がこの町を破壊しました。
そして、人類が自分自身を破壊する手段を手に入れたことを示したのです。

なぜ、私たちはこの場所、広島を訪れるのでしょうか?
私たちは、それほど遠くはない過去に、恐ろしいほどの力が解き放たれたことを深く考えるためにここにやってきました。
この場所に来て10万人を超える日本の男性、女性、そして子どもたち、数千人の朝鮮半島出身者、数十人のアメリカ人などの犠牲者の死を悼みます。

犠牲になった人たちの魂が、私たちに語りかけています。
もっと内側を見て、私たちはいったい何者かを振り返り、今後、どのようになろうとしていくべきか、私たちに語りかけています。

戦争は広島だけが特別なのではなく、暴力的な紛争は古くから行われています。われわれの祖先は火打ち石で刃を、木片からやりを作る方法を覚えました。こうした道具は、ただ単に狩りのためではなく、人類を殺すための武器として使われてきました。

どの大陸でも、あらゆる文明は戦争の歴史に満ちています。
穀物の不足や、金への欲望、あるいは国粋主義や宗教的な理由から戦争が起こってきました。帝国は台頭し、衰退しました。人々は支配され、解放されました。

それぞれの歴史の転換点で罪のないひとが苦しみ、多くが犠牲となりました。
そして、犠牲となった人たちの名前は、時がたつと、忘れられていきました。

広島と長崎で残忍な終わりをみた世界大戦は、裕福で力のある国によって戦われました。
これらの国の文明は、すばらしい都市を築き、壮大な技術を生み出しました。思想家たちは正義、調和、真実の考えを生み出しました。

しかし、支配したい、制覇したいという思いは、小さな部族でも、争いを生みました。
古くからある思考の在り方が、新しい能力によって、増幅されてきましたが、そこには制約するものはありませんでした。ほんの数年の間に6000万人の人たちが亡くなりました。
私たちと同じ、男性、女性、子どもたちです。
撃たれ、殴られ、行進させられ、拘束され、飢え、毒ガスで殺されています。

世界中には、戦争を記しているところや、勇ましく英雄的な行動を伝える慰霊碑があり、墓場やからっぽになった収容所などが、声にならない悪行を伝えています。
しかし、この空に上がったキノコ雲のイメージのなかに、私たちは人類の矛盾を強く突きつけられます。

私たちを人類たらしめている思考、想像力、言語、道具を作る能力、そして、私たち自身を自然から区別し、思いどおりに自然を変える能力。
そういったものが、私たちに度を超えた、大きな破壊力を与えるのです。

物質的進歩や、社会的革新は、こうした真実を見えなくさせるのでしょうか。
どれだけたやすく暴力を正当化してきたのでしょうか。
すべての偉大な宗教は、愛や慈しみ、公正さを説いていますが、決して、信仰が殺す理由になってはいけないのです。

国は台頭し、人々が結束できる理由を探し、犠牲や協力、偉業が生まれますが、同じ理由が人類を抑圧し、異なる人たちを非人間的に扱ってきました。

科学によって、私たちは海を越えてコミュニケーションを図り、空を飛び、病を治し、宇宙を理解しようとしますが、また、その同じ科学が、効率的に人を殺す道具として使われることもあるのです。
近代の戦争は、この真実を、私たちに教えてくれます。
そして、広島は、この真実を私たちに教えてくれます。

私たちの人間社会が、技術の進歩と同じスピードで進歩しないかぎり、技術はいずれ、私たちを破滅させかねません。
原子を分裂させることを成功させた科学の革命は、私たちの道徳の革命をも求めています。だからこそ、私たちはここに来ました。

広島の中心にある、この場に立つことで、原爆が落ちた瞬間を想像せざるをえません。私たちは、あの日、目にした光景に恐れおののき、困惑した子どもたちの気持ちに、思いをはせなければなりません。

私たちは、彼らの悲鳴にも耳を傾けます。あの酷い戦争、その前に起きた数々の戦争、そして、あの酷い戦争の後に起こりうる、あらゆる戦争で殺害された、罪のないすべての人たちのことを思います。

彼らの苦しみとその声は、どんなことばであっても表現しきれないものです。
しかし、私たちは、みな、歴史を直視する責任があります。そしてこのような苦しみを再び起こさないためにも、私たちは何を変えなければならないのかを、自問すべきなのです。

被爆者の方々から、証言を直接うかがうことは、いずれできなくなるでしょう。
しかし、1945年8月6日の記憶は、風化させてはなりません。
その記憶によって、私たちは現状に甘んじてしまうことに、あらがうことができます。その記憶は道徳的な思索を後押ししてくれます。

そして、変わることも可能にするのです。
あの運命の日以来、私たちは希望を持つことのできる選択をしてきました。

アメリカと日本は同盟を結んだだけでなく、友情で結ばれました。その同盟と友情は、戦争が奪う命の数よりも、はるかに多くの人たちに恩恵をもたらしました。
ヨーロッパの国々も連合をつくり、かつての戦場を商業と民主主義で結ばれた場所に変えました。

迫害されている人や国々は自由を求めています。
そして、国際社会は国際機関や国際条約を成立させ、戦争を回避するとともに、核兵器を制限し、減らし、究極的には、廃絶させることを追求してきました。

とはいえ、国家間のあらゆる対立、テロ、腐敗、残虐、迫害といった、世界各地でいまも見られる出来事が、私たちの任務に終わりがないことを示しています。
私たちは、人間が悪を行う可能性を完全に消し去ることはできません。

だからこそ、国家と、それらの間で結ぶ同盟は、自分たちを守る術を持たなければならないのです。
しかし、わが国アメリカのように、核兵器をみずから持つ国は、恐怖の論理から脱する勇気を持ち、核兵器のない世界を追求しなければなりません。

私が生きているうちに、この目標を達成することはできないかもしれませんが、破滅から世界を遠ざける努力を続けなければなりません。
そのために、核兵器を廃絶するための道筋をつけることができるし、核兵器が新たな国家や狂信者たちの手に渡るのを防ぐこともできるはずです。

ただ、それでも足りません。どんなに粗雑な銃や爆弾であっても、すさまじい規模の暴力を可能にするさまを、私たちは今も、世界の各地で目の当たりにしています。

私たちは、戦争に対する考え方を変え、外交によって、紛争を回避し、すでに始まった紛争についても、それを終えるための努力を怠ってはなりません。世界の国々は、ますます相互に依存するようになっています。
しかし、それを暴力的な競争ではなく、平和的な協力につなげるべきです。

起こすことのできる破壊の大きさではなく、何を作り出すことができるかで国の価値を判断すべきです。
もしかすると、何よりも必要なのは、私たちがいかに世界の人々と互いにつながっていて、人類の一員であるのか、改めて思いをいたすことなのかもしれません。

このことこそが、私たちの種の特別さなのです。私たちの運命は、遺伝子で決まっているわけではありません。だから、過去の過ちを再び犯す必要はないのです。

私たちは学ぶことができます。選ぶことができます。子どもたちに、これまでとは違う話を伝えることができます。人類に共通の価値観があり、戦争が起こりにくく、今よりも残酷な行いを許さない世界の話を。

そうしたものを、私たちは被爆者の方々の話しの中にみることができます。最も憎んでいるのは戦争そのものだとして、原爆を落とした爆撃機のパイロットを許した女性の被爆者の話。肉親を失ったのは自分と同じだとして、広島で原爆の犠牲になったアメリカ人の遺族を探した男性の被爆者の話。

アメリカという国は、シンプルなことばで始まりました。「すべての人は平等で、生まれながらにして生命、自由、そして幸福を追求する権利を持っている」と。
ただ、こうした理想を現実のものにすることは、アメリカ国内であっても、そしてアメリカ人どうしであっても、決して簡単なことではありません。

しかし、この理想は大陸や海を越えて共有されるもので、追い求めること自体に大きな価値があるのです。

どの人もそれぞれの価値があり、誰の命も貴重なものです。私たちが伝えなければならないストーリーは、私たちはみな、人類という1つの家族の一員だということです。
それが、私たちが広島に来た理由です。

愛する人たちのことを考えるために。朝、子どもたちが見せる最初の笑顔。妻や夫といったパートナーがキッチンのテーブル越しに見せてくれる気遣い。そして、安心をくれる両親からの抱擁。

私たちは、同じような大切な瞬間の数々が、ここ広島で71年前、多くあったことに思いをはせることができます。

亡くなったのは、私たちと同じような人たちです。普通の人たちには理解できると思います。人々はこれ以上の戦争は求めていません。彼らは、科学のすばらしさが人生を終わらせるためではなく、向上させるために使われることを望むでしょう。

国々が選択をするとき、リーダーたちの選択にこのシンプルな英知が反映されれば、広島の教訓は生かされます。

ここで、世界は永遠に変わってしまいましたが、きょう、この町の子どもたちは平和な日々を過ごすことができます。
それはなんと尊いことでしょうか。それは、守り、すべての子どもたちに広げていくべきことです。それは、私たちが選択しうる未来です。

広島と長崎を核戦争の始まりとして記憶するのではなく、私たち自身の道徳的な目覚めにしなければならないのです。
[PR]


f0180726_12121363.png

日産自動車は5月27日(現地時間)、ドイツ ニュルブルクリンクで「GT-R NISMO」2017年モデルを初公開した。

 今回のGT-R NISMOでは、3月のニューヨーク国際自動車ショーで公開された「GT-R」2017年モデルと同様に新デザインのフロントまわりが特徴となっており、ダーククローム仕上げのVモーショングリル、剛性を強化したボンネットフード、カーボンファイバーシートを重ねて作られた専用のカーボンファイバー製フロントバンパーなどを採用。

 このフロントバンパーではカナード形状のデザインが与えられ、大きなダウンフォースを発生させるとともにホイールハウス周辺の空気を吸引することで、空力性能を向上することに成功。これにより、2017年モデルのボディ形状は「これまでの日産車の中で最大のダウンフォースと、超高速域での優れた安定性を実現する」という。

 また、ボディ剛性の強化を図ってスラロームタイムやコーナーリング性能が向上したほか、さまざまなドライビングシーンに応じて高レベルのコントロールを可能にするというモード設定型電子制御式のビルシュタイン製ショックアブソーバー「DampTronic」に特別なチューニングを行なうことで、エンジンパワーをより確実に路面に伝えることが可能になったという。

 パワートレーンはV型6気筒DOHC 3.8リッターターボ「VR38DETT」エンジンに6速デュアルクラッチトランスミッションの組み合わせ。2014年モデルと同じく最高出力441kW(600PS)、最大トルク652Nm(66.5kgm)を発生する。
[PR]



f0180726_129754.jpg


➡︎CNNで報道されたオバマ大統領の広島訪問のスピーチです。
CNNニュースの冒頭に「あの第二次世界大戦で、日本が真珠湾攻撃をしたから、日本に原爆投下をしたんだ。それがきっかけで大戦は終了した。なぜ、合衆国大統領が謝罪しなければならないのか…」と力説していました。
非常に誤った認識不足な報道であったため、カットしました。
さらに、英語のわかるかたがこの動画のニュースを聴いて違和感を覚える箇所はありませんか?
…The survivors have never expected to see this day...U.S. President is paying respect... という部分のpaying の発音の仕方が、pain つまり、痛みという意味の単語の発音に聞こえます。
意図的に構成された文章でしょうね。
聴く人の立場によっては、
pain respect か、
paying respect と
聞こえるように、文章構成、発音に工夫しているように思います。
Hiroshima (CNN)
Barack Obama on Friday became the first sitting U.S. president to visit Hiroshima, where he called for a "world without nuclear weapons" during his remarks at the city's Peace Memorial Park.
Obama said that "71 years ago on a bright, cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed."
"A flash of light and a wall of fire destroyed a city, and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself," the President added during his address at the site of the first nuclear bombing.
Obama was not expected to apologize for the U.S. action to hasten the end of World War II and he did not during his 20-minute-long remarks.
"Why do we come to this place, to Hiroshima? We come to ponder the terrible forces unleashed in the not so distant past. We come to mourn the dead ... their souls speak to us and ask us to look inward. To take stock of who we are and what we might become."
In the Hiroshima museum's guest book before his speech, the President wrote that he hoped the world will "find the courage, together, to spread peace, and pursue a world without nuclear weapons."
'Moral revolution'
A somber Obama spoke after laying a wreath on the museum's cenotaph alongside Japanese Prime Minister Shinzo Abe.
During the speech, the park was silent except for a circling helicopter, chirping birds and camera shutters.
Obama said there is a "shared responsibility" to look into the "eye of history" and ask what must be done to prevent another nuclear weapon being used.
He urged that the world make moral progress alongside its remarkable scientific advancements.
"The scientific revolution that led to the splitting of an atom requires a moral revolution as well," Obama said. "That is why we come to this place."
The President called for an end to senseless wars, even as he reflected that violence has existed throughout human history.
"The world war that reached its brutal end in Hiroshima and Nagasaki was fought among the wealthiest and most powerful of nations," he said.
"Those civilizations have given the world great cities, magnificent art, thinkers that advanced ideas of harmony and truth, and yet the war grew out of the same base instinct for domination. Conflicts can cause conflicts among the simplest of tribes."
Obama closed his remarks by saying, "The world was forever changed here but today the children of this city will go through their day in peace. What a precious thing that is. It is worth protecting."
Survivors speak
Obama's visit to the bomb site was at least six years in the making inside the White House, and follows a visit by Secretary of State John Kerry last month.
The President's American delegation at the site Friday included National Security Advisor Susan Rice, U.S. Ambassador to Japan Caroline Kennedy, advisor and speechwriter Ben Rhodes, and others.
Over 100,000 Japanese men, women and children, thousands of Koreans, and a dozen American prisoners of war died in the bombing.
Sign up for CNN Politics' Nightcap newsletter, serving up today's best and tomorrow's essentials in politics.
Following his speech, the President met with survivors of the bombing. He shared an emotional embrace with Shigeaki Mori, a 79-year-old survivor who worked for four decades to gain official recognition of the 12 Americans killed in the bombing.
Before the event, another survivor, Sunao Tsuboi, said he "never imagined (the President) would come while I am alive."
"We do not need apologies," Tsuboi added.
"I hope that he will present in Hiroshima what is good for the happiness of humankind. I would like to join hands with each other through the power of reason and beyond hatred."

Obama in Hiroshima calls for 'world without nuclear weapons'
Barack Obama on Friday became the first sitting U.S. president to visit Hiroshima, where he called for a "world without nuclear weapons" during his remarks at the…
CNN.COM|作成: KEVIN LIPTAK AND JAMES GRIFFITHS, CNN
[PR]


f0180726_128552.jpg

数年前から注目を集めている「米粉」。米粉とは、その名の通りお米を粉末状にしたもののことです。名前は聞いたことはあるけれど、実際に使ったことはないという方も多いのではないでしょうか。
最近では、これまで小麦粉が使われていたパンやケーキなどに米粉が使われ、もちもちとした新しい食感が愛されています。それだけでなく、米粉は美肌効果までるんですよ。
そこで今回は「米粉」の効果と食べ方のアイデアをご紹介します。米粉ビギナーの方、米粉の活用法が気になる方は必見です。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■「米粉」とは?

「米粉」とは、お米を粉にしたもののこと。奈良時代からおせんべいや和菓子などに使われてきた日本伝統の食材です。米粉でつくったパンや麺類、ケーキはもちもちとしたやわらかい食感があるのが魅力です。

近年、日本のお米の消費量が減っているなかで、もちもちとした食感が楽しめる米粉に注目が集まっています。

それだけでなく、米粉で美肌効果も期待できるのです! 米粉から「必須アミノ酸」がバランス良く含まれているたんぱく質を摂取することができます。

肌に弾力を与えるコラーゲンはこのアミノ酸が原料です。小麦粉よりも米粉のほうがアミノ酸スコアが約1.7倍も高いといわれているので、小麦粉よりも米粉は美肌づくりに適しているといえますね。



■簡単!時短!米粉の食べ方アイデア!

米粉というとパンやケーキなどをつくるイメージがあり、「調理が大変そう」と思われがちですが、次のような方法なら手軽に使用することができますよ。



・片栗粉の代わりに使って「とろみをプラス」

米粉を手軽に取り入れるコツは、いつもの料理にちょい足しすること。片栗粉のようにとろみをつけるのに使えます。例えば、親子丼の鶏肉に米粉をまぶして煮れば、とろとろでジューシーな味わいになりますよ。



・濃厚さが魅力!「ホワイトソース」

ちょい足しアレンジ術としてもう一つご紹介。それは、米粉をホワイトソースにするというアイデアです。牛乳と混ぜてグラタンの具の上にオンしたら、オーブンで焼いてみましょう。もちもち食感のソースが楽しめるグラタンになりますよ。



・電子レンジで簡単・時短の朝ごはん!「マグカップパン」

米粉を使ったパンケーキミックスなどを利用すれば、簡単にマグカップでカップケーキが作れます。卵と混ぜて電子レンジでチンすればできあがりです。忙しい朝ごはんにも良さそうですね。


小麦粉よりも美肌効果が狙える米粉。ぜひ美容の観点からとり入れてみてはいかがでしょうか?


(LBR編集部)

PR男性が気になる女性のムダ毛1位は●●だった!女性のムダ毛処理事情
PR悩みもムダ毛もゼロに!全身つるスベ美肌を叶える方法
【あわせて読みたい】
・意外と知らない!「ポリフェノールと美肌」の関係とは?
・昼までダイエット効果が続く!?「朝きな粉」がオススメの理由2つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・アンチエイジングに◎!ミトコンドリアを活性化&増やす食べ物・飲み物
・NEXTスーパーフード!?「アマランサス」炊き方レシピ&使い方
・ダイエット・美髪に◎!欧米で話題「アマランサス」の食べ方
[PR]


f0180726_1231274.jpg

ランチで食べる機会も多いパスタ。味のバリエーションも豊富なので大好きだという方も多いと思います。
パスタ=太りやすいというイメージをお持ちの方もいらっしゃると思いますが、太らずに食べられる方法があることをご存知でしたか? ちょっとしたコツでダイエット中の人でも安心して食べられる方法があります。
今回はダイエットコンシェルジュの筆者が痩せている人のパスタの食べ方の秘訣をご紹介します。

女性の美肌づくりを応援するWebマガジン|Life & Beauty Report

■魚介のパスタ

あなたは普段どんなパスタを選んでいますか? もしもダイエット中ならば、ミートソースよりも魚介を使ったパスタをオーダーしてください。

イカやエビ、鮭、貝には脂質が少なく、ビタミンB1が含まれています。糖質をエネルギーとして使うときに必要なビタミンです。これがパスタの糖質の代謝を助けてくれます。



■サラダを先に食べる

ランチでパスタを食べる場合、セットでサラダが付いてくることがあります。パスタとサラダを交互に食べていませんか? 痩せている人は、サラダを先に食べているのです。

先に野菜を食べることで食物繊維を摂取できます。食物繊維は腸の中でパスタの成分の糖質の吸収を妨げてくれるのです。余分な栄養が吸収されずに、そのまま体外に排出されるので太りにくくなるのです。



■パンとデザートは食べない

パスタと一緒にパンもランチセットについてくることがあります。パスタは糖質です。同じくパンも糖質。糖質はエネルギーとして身体には必要ですが、余分にとりすぎると脂肪になってしまいます。

パスタで糖質を摂取するので、パンは必要ありません。
また、デザートも糖質のものが多いです。パスタランチのパンとデザートはキレイなボディラインのためにあきらめましょう。



■一口30回噛む

パスタは食べやすいため、噛む回数が少なくてすんでしまうことから、食べすぎの原因になります。
これを防ぐために一口30回噛んでください。噛むことで食べすぎの予防になります。

痩せている人はパスタだけでなく他の食事も一口30回噛む習慣を持っている人が多いのです。
ゆっくり噛むだけで太りにくい体質をつくれるはずです。


いかがでしたか? これらのコツを守ることで、パスタを食べても太りにくくなるはずです。ぜひ試してみてくださいね。


(岡野 ユミ)

PR男性が気になる女性のムダ毛1位は●●だった!女性のムダ毛処理事情
PR悩みもムダ毛もゼロに!全身つるスベ美肌を叶える方法
【あわせて読みたい】
・痩せたいなら絶対食べて!朝食で食欲をコントロール出来ちゃう理由
・メリハリボディをGET!栄養士が教える食べ痩せ術5つ

【エイジングケア情報は姉妹サイトへ】
・痩せなくなったら試してみて!ダイエットの近道は「お腹周りのツボ」
・超カンタン!30代でも「キュッと上向き小尻」になるストレッチ
・寝たまま3分で美尻に!?超簡単ストレッチエクササイズ
・ほうれい線まで消えちゃう!?頬のリフトアップでシワを撃退!
[PR]