<   2016年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧



f0180726_14351961.jpg

◇世界ゴルフ選手権◇WGC HSBCチャンピオンズ 最終日(30日)◇シェシャンインターナショナルGC(中国)◇7266yd(パー72)

「ここではちょっと言いにくいですね…」。3日目のラウンドを終えた公式記者会見で、松山英樹が苦笑いする場面があった。中国のメディアからの質問。「今週、いつもと違うドライバーを使っている理由を教えてください」――

日本勢最多タイとなる米ツアー通算3勝目を世界選手権で成し遂げた松山は、前週の「CIMBクラシック」から契約先のダンロップスポーツ製ではない1Wを握っていた。お世話になっているメーカーに配慮するため、ソールをペンで黒く塗って加工したキャロウェイ製のモデル。“痛いところをつかれた”とばかりに「また元のモノに戻すと思います」と話して、その場を切り抜けた。

今週は、ロリー・マキロイ(北アイルランド)がナイキゴルフの事業縮小に伴い、新たにテーラーメイド製のウッドを握って大会前から注目を集めた。道具を扱うゴルフというスポーツでは、世界のトッププロが実際に試合で使うクラブの動向はニュースのひとつ。中国で、アジアで、松山は既に“そういう対象”だった。

今年で11回目の開催となった大会は、アジア勢初のWGC制覇という快挙で幕を閉じた。後続との7ストローク差は大会史上最多、24歳8カ月5日での優勝は大会史上最年少。誰もが、松山英樹をアジアのスーパープレーヤーと認める結果だった。

優勝会見は、中国をはじめとしたアジアのメディアから自然と沸き起こった拍手で始まった。アジア出身選手として初めてのタイトル獲得について感想を求められた松山は「そこは全然思うことはないです」と、つれない返答。「Y.E.ヤンさん(韓国)が、メジャー(2009年全米プロゴルフ選手権)を勝っているので。(WGCでアジア勢が過去に)誰か勝ったと思っていたので、逆にいま、それを聞いてビックリ」と淡々と続けた。

それでも世間は、日本の24歳を希望の星と見る。「中国のゴルフ界をどう思うか?今後どうすべきか?」と矢継ぎ早に質問が飛んだ。

「中国の選手として、梁津萬(リャン・ウェンチョン)さん、(2013年マスターズでローアマチュアを獲得した)グァン・ティンランの名前が頭に挙がります。グァン選手はマスターズに出られるくらいの力がある。リャンさんは日本ツアーでも活躍している。(中国のプロに)ポテンシャルはあるはず」「いまより多くの(アジアの)人がプレーすれば、もっともっとメジャーで上位に行けると思っています」「ここで僕が勝てたことで、日本だけでなくアジアのみんなの刺激になったらうれしい。オリンピックもそうだが、メジャーで頑張りたい」

日本が生んだ逸材の言葉にヒントはないか。クラブやスイングだけではない。その発言すべてが、いまや海外のゴルフファンのニュースになる。2011年の「アジアアマチュア選手権」優勝から「マスターズ」でのローアマチュア獲得。日本ツアーでステップし、米ツアーでも飛躍を遂げ、アジアの人々は彼を“僕らのエース”と見る。

そんな期待を背負い、松山には自覚が芽生え始めている。「うまく言葉で表せないけれど…(アジアのゴルフを)自分の結果で、引っ張っているようにとらえられたらうれしい。そのためには、自分のプレーをしっかりやらなくちゃいけない。まずは自分のプレーを最優先させたいです」と頼もしい。憧れのメジャータイトルへ。同じ夢を見る人は、海の向こうでもきっと増え続けている。(中国・上海/桂川洋一)
[PR]

f0180726_14314933.jpg

f0180726_1239697.jpg

今夜は、Spooky night...
そう、Halloween です。本来、様々な仮装をした子供達が "Trick or treat" と言いながら、各家の戸口でキャンディーをおねだりします。
アメリカでは、Halloween の日には、仮装して仕事をする日。などという習慣のある職場もあります。ユーモアのある国民性がうかがえますね。
さて、本日は月末の月曜日。今週もよろしくお願いいたします。...
[PR]

f0180726_96863.jpg

世界異談で語り継がれる幽霊船。日本でも古くから目撃されており、葛飾北斎の浮世絵にもその姿が描かれている。その多くは夜に出現するとされているが、今回はなんと、「超巨大幽霊船」が“白昼堂々”出現したというのだ。

■幽霊船か、キリストか?

 問題の幽霊船が出現したのは、米ミシガン州スペリオル湖。英紙「Daily Mail」によると、ミュージックビデオの撮影のため同地を訪れていた米国人ジェイソン・アスラン氏が10月8日に発見、撮影に成功したそうだ。撮影した動画をYouTubeに投稿すると、たちまち再生回数90万回を突破するほどの話題となり、複数の海外メディアも大きな関心を示しているという。
[PR]

f0180726_922888.jpg


グループBMWは10月11日、ロサンゼルスで開催された同社100周年イベントにて、2040年頃の移動手段をイメージしたコンセプトシリーズの一環として、BMWモトラッドからオートバイのコンセプト・モデル「VISION NEXT 100(ビジョン・ネクスト 100)」を発表した。このオートバイは、我々がよく知っている従来型の二輪車とはかけ離れた、仮想現実的なコンセプトに基づくものだ。外観は確かに二輪車で、BMW特有のスタイリング的特徴も見られる。もちろんゼロ・エミッションのコンセプトだが、通常エンジンが設置される位置には金属の塊のようなものがある。ここには水平対向エンジンの代わりに、風を遮るために変形するオーナメントが装備されている。

MINIやロールス・ロイス、そしてBMWのビジョン・ネクスト 100のコンセプトは、自動車業界の未来志向を表すようなSF調であり、特にロールス・ロイスは美的観点から先鋭的だった。しかし、BMWモトラッドはライディング・エクスペリエンス自体に関わる機構の安全性を懸念したため、このコンセプトはいかに二輪車の基本を変化させるかという意味で先鋭的となっている。とはいえ、他のビジョン・ネクスト 100のコンセプトのように、搭載されている未来志向のシステムを生かして市販化を控えるオートバイを本気で提案しているとは思わないでほしい。どちらかといえば、将来的な可能性に対する純粋な理論上の外見を紹介しているようなものだ。

このゼロ・エミッションのオートバイには、他のオートバイのコンセプトとは一線を画す実に興味深い2つの特徴がある。1つはステアリングに合わせて変形する非常に特殊なフレームだ。ハンドルバーをひねると、フレーム全体が形を変えるのだ。柔軟性は、通常オートバイのデザイナーならフレームに用いるのを避ける概念なのだが、だからこそ型破りな方法となった。その結果、ステアリングやサスペンション周りにはジョイントやベアリングがない。また、スイングアームもないし、スプリングやバンパーといった部品も見当たらないことにも注目すべきだろう。これは、タイヤがサスペンションのような働きをするおかげだ。さらにセルフバランシング制御機能や、トラクションと安定性を制御する様々な技術が組み合わされ、絶対に転倒しない未来のオートバイであるとBMWは説明する。
[PR]


f0180726_8554572.jpg

今年のノーベル文学賞受賞者、ボブ•ディラン氏。70代後半かな〜
この人の名前を知っていても、音楽をほとんど聞いたことがない。かなり年上の従兄弟や叔父叔母たちは馴染みがあるらしいのですが、…わからない。
個人的にはマイケル・ジャクソンのスター性というかカリスマ性のある音楽に感心して成長したので、時代錯誤があり、ピンとこない。(^_^;)
[PR]


f0180726_15223284.jpg

[モスクワ 12日 ロイター] - 激しいレトリックで知られるロシアの国家主義政治家ウラジーミル・ジリノフスキー氏は、ロイターとのインタビューに応じ、米国民は大統領選で共和党のドナルド・トランプ候補に投票すべきであり、さもないと核戦争に引き込まれる恐れがあると述べた。

ジリノフスキー氏は、トランプ氏は米ロ間の危険な緊張を緩和できる唯一の人物であるのに対し、民主党のヒラリー・クリントン候補は第3次世界大戦を引き起こす可能性があると述べた。

多くの国民はジリノフスキー氏について、注意を引くために露骨な表現を使う道化師的な存在とみている。ただ、プーチン大統領に近く、政権の忠実なしもべとしても広く認識されている。世論の反応を見るため過激な発言を指示されていることがあるとみられている。


トランプ氏に投票を、敗れれば核戦争の恐れ=露ジリノフスキー氏© REUTERS トランプ氏に投票を、敗れれば核戦争の恐れ=露ジリノフスキー氏
同氏は「米ロ関係は最悪の段階にきている。これ以上悪化すれば戦争になる。米国民は、11月8日の大統領選でトランプ氏に投票すれば地球の平和に一票を投じることとなり、クリントン氏に投票すれば戦争になる。いたるところでヒロシマやナガサキが再現されるだろう」と述べた。

ジリノフスキー氏は、イスラム教徒の多いロシア南部との間に有刺鉄線を設けることを提案するなど、メキシコ国境の壁建設を提唱するトランプ氏と政策面で類似した主張があり、「ロシアのトランプ」との見方もある。トランプ氏になぞらえられることを好んでいるという。
[PR]

f0180726_74127100.jpg

➡︎心からご冥福をお祈りいたします。
【共同通信:2016/10/13 21:19 JST】在位70年を迎えたタイのプミポン・アドゥンヤデート国王が13日、死去した。88歳だった。タイ王室が発表した。存命する世界の王族・皇族の中で最も長期間、君主の座にあり、立憲君主制のタイで政治対立の調停役として絶大な影響力を有していた。
 タイでは14年5月のクーデターを招いたタクシン元首相派と反タクシン派の対立は根深いままで、国王の死去が今後、新たな政情不安をもたらす恐れがある。
 プミポン国王は1782年成立のチャクリ王朝9代目君主でラマ9世とも呼ばれる。『王室プロジェクト』と呼ばれる社会活動で地方の住民の生活向上に尽力し、敬愛されていた。(バンコク共同)
[PR]



f0180726_15155972.jpg

経済の動きがグローバル化という発想になると、力のある国にとって都合の良い契約社会となるか…双方の落としどころを契約とするのか…
興味深いですね。
【ノーベル経済学賞】
米大学の教授2氏に 契約理論に関する研究で
【AFP=時事】(更新、写真追加)スウェーデン王立科学アカデミー(Royal Swedish Academy of Sciences)は10日、2016年のノーベル経済学賞(Nobel Prize in Economics)を、英国出身のオリバー・ハート(Oliver Hart)氏、およびフィンランド出身のベント・ホルムストローム(Bengt Holmstrom)氏に授与すると発表した。授賞理由は、契約理論に関する研究。
【関連写真】ノーベル経済学賞を受賞したベント・ホルムストローム氏
 選考委員会は、「両氏が生み出したこの新たな理論装置は、実際の契約や制度、さらに契約の設計上陥りかねない落とし穴について理解する上で有益だ」と評価。両氏の画期的な研究により、幅広い領域で政策や制度を設計していくための「知的基盤」が確立されたとしている。
※もう少し…
2人は企業などが組織の運営のために従業員や取引先、株主などと、どのような契約を結ぶことが合理的なのかを理論的に説明する「契約論」と呼ばれるモデルを考案しました。
ハート氏はこの「契約論」の基礎を考案し、ホルムストローム氏は経営者と株主など利害が対立する状況で情報をお互いに共有していることが重要であることを証明して、実際の社会で幅広く応用されています。
ノーベル賞の選考委員会は、授賞理由について「『契約論』は、会社の経営から法律まで多くの分野に影響を与えた。彼らの業績のおかげでわれわれは契約を結ぶ当事者の間で資産の権利などがどのように割り当てられているかを分析する手段を得た。民間市場や公共政策においてどのように契約が作られるべきか新たな考え方を提示してくれた」としています。
2人の受賞について慶應義塾大学の土居丈朗教授は、「従来の理論では、企業が結ぶ契約はあらゆる事態を想定していることが前提となっていたが、2人は、契約に無い、予期していない事態が起きた際、企業がどのように行動するのか分析した。こうした研究は企業が契約を交わす際、予期しない事態を踏まえてどのように契約を結ぶかに応用されている」と話しています。
京都大学経済学部の依田高典教授は「ハート氏とホルムストローム氏は企業間など実社会で行われている契約の在り方について理論的に解明した。この理論は現在、ビジネススクールで広く教えられていて、経営者にとって必須の知識になっている」と話しています。
 1948年生まれのハート氏は、米ハーバード大学(Harvard University)で教授を務める一方、67歳のホルムストローム氏は米マサチューセッツ工科大学(MIT)で教授を務める。
 両氏には、合わせて800万スウェーデン・クローナ(約9500万円)の賞金が贈られる。【翻訳編集】 AFPBB News
[PR]


f0180726_2350863.jpg

【AFP=時事】女子テニスのマリア・シャラポワ(Maria Sharapova、ロシア)が5日、ドーピング違反をめぐる資格停止処分で、国際テニス連盟(ITF)が自身を見せしめにしようとしていたと非難した。

 4日に下されたスポーツ仲裁裁判所(CAS)の裁定の結果、2年間の資格停止処分が15か月に短縮されることになったシャラポワは、ITFが紛争の間、中立性を欠いていたと主張する。

 米公共放送PBSとのインタビューで、ITFが自身を見せしめにしようとしていたかと問われた四大大会(グランドスラム)通算5勝の元女王は、「まったくもって信じたくないですが、そう思い始めてもいます。2年間の資格停止処分を受けたましたが、ITFは当初4年間の処分を望んでいました」と語った。

 一方、英ロンドン(London)に本部を置くITFは5日、今年1月に行われた全豪オープン(Australian Open Tennis Tournament 2016)のドーピング検査で陽性反応を示した同選手に対しては、当初から2年間の資格停止処分を下していたとして、シャラポワの発言を否定している。

[PR]



f0180726_23461399.jpg

イチロー、夢実現に向けて…再来年44歳まで現役も 1年契約延長

イチロー、夢実現に向けて…再来年44歳まで現役も 1年契約延長: マーリンズ・イチロー外野手(撮影・リョウ薮下)© zakzak 提供 マーリンズ・イチロー外野手(撮影・リョウ薮下)
 マーリンズは5日、大方の予想通り、イチロー外野手(42)との来季契約の選択権を行使し、契約を1年更新した。球団公式サイトによると、来季年俸は200万ドル(約2億1000万円)。さらに、44歳となる2018年の契約も球団側に選択権があることを明かした。「50歳まで現役を続けたい」というイチローの夢は確実に実現しようとしている。

 マイアミの本拠地で会見したサムソン球団社長は「殿堂入りが確実な選手がチームにいることは誇りに思う」と言い、イチローの挑戦を支援する考えを表明した。

 ■18年は球団選択権

 第4の外野手として今季は143試合に出場し、打率・291、1本塁打、22打点で10盗塁。日米通算でピート・ローズが持つメジャー記録の4256安打を抜き、メジャー通算は史上30人目となる3000安打に到達。その後、史上25位の3030安打(日米通算は4308安打)まで伸ばした。

 万能性が高く、故障が少ない。マッティングリー監督は「外野3つのポジションをどこでもこなし、スピードがあって、代打もできる選手はなかなか簡単には見つけられない」と話しており、これが契約更新の理由を端的に表している。

 所属するナ・リーグは、バントや守備、走塁技術を含めた汎用性が重要視される。投手と野手を同時に交代させるダブルスイッチが多く、控えでも何らかのかたちで毎日のように出場する。球団が来季契約の選択権を行使するのは既定路線だった。

 ■若手のお手本に

 チームに与える好影響も評価されており、試合前の準備などは若い選手の手本になっている。ゴードン内野手(28)らイチローを尊敬する若手も多く、「イチローの練習をまねしている」という選手もいる。

 普段は辛口の米メディアも極めて好意的。一時はプライドの高い孤高の選手として敬遠されたこともあったが、最近は人情味にあふれるチームの兄貴分という役割が定着した。

 NBCテレビは「3000安打の喧噪は終わったが、通算安打数という階段をなお駆け上がり続けていく。若手を凌駕して、まだあと数年やりたいと言っている。もし今シーズンに近い結果を残せば、2018年もプレーすることに何の支障もないだろう。年俸が200万ドルということを考えれば、チームから愛されている将来の殿堂入り選手を残留させるリスクは何もない」と伝えている。

 来季も今季並みのプレーを維持できれば、「パドレスのトニー・グウィン(3141本、18位)に近づくだろう」と報じた米メディアもあるが、イチローの目標はもっと高い。来季以降は安打数以上に、何歳までプレーできるかが大きな焦点となっていく。

[PR]