人気ブログランキング |

卒業後、最初のブランド「OneOff Denim」を立ち上げるが、

f0180726_15194462.jpg


2005年、Josh Gustin(写真左、以下ガスティン)氏は、MBAを取得するためにカリフォルニア大学バークレー校のビジネススクールに通っていた。同級生のほとんどが銀行またはコンサルティング会社にインターンシップに出かけていく中、ジーンズの材質やつくりが大好きだったガスティン氏は、将来はファッションの世界に進むことを希望。デニムのデザイナーや職人に師事し、ジーンズを自分でデザインして作る方法を学生時代に習得する。

卒業後、最初のブランド「OneOff Denim」を立ち上げるが、このブランドは鳴かず飛ばずに終わった。

2011年に「メイド・イン・アメリカの男性用プレミアム・ジーンズ」というコンセプトで、新たなブランド「Gustin」をロンチしたところ、今度はバイヤーの目に留まり、サンフランシスコ、ロサンジェルス、ニューヨークの3都市の合計14の高級ブティックで販売されるようになる。

しかしガスティン氏の心に残ったのは満足感ではなく、苛立ちだった。

* ブティックが高いマージンを上乗せするため、消費者が高い値段を支払わなければならない
* ブランドが消費者に直接語りかけることができない
* 消費者がどんなスタイルを望んでいるかを、発売の少なくとも1年前に予測しなければならない
* キャッシュフローが安定しない

上記の理由から、彼はアパレル業界の旧来の産業構造に強い嫌悪を感じるようになり、2012年に共同経営者としてStephen Powell氏(写真右)を迎えると、この不満を解消するためにまったく新しいビジネスモデルを構築することを2人で計画する。
by denhazim | 2014-01-26 15:19