人気ブログランキング |

この判決後、裁判官は大丈夫かな? 圧力がかかり、左遷? ⇒不当なことが起きなければいいのですが…

f0180726_932193.jpg


【大飯原発】2014年5月21日 19:44 (時事通信社)
 大飯原発、再開認めず=運転に「具体的な危険」―福島事故後初・福井地裁
⇒この判決後、裁判官は大丈夫かな? 圧力がかかり、左遷?
⇒不当なことが起きなければいいのですが…
 関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)は安全性が確保されていないとして、周辺住民ら189人が関電を相手に再稼働の差し止めを求めた訴訟の判決が21日、福井地裁であった。樋口英明裁判長は「運転によって人格権が侵害される具体的な危険がある」と述べ、関電に運転差し止めを命じた。2011年の東京電力福島第1原発事故後、差し止めを認めた判決は初めて。
 大飯3、4号機は昨年9月、定期検査に入り停止中。原子力規制委員会は再稼働の前提となる安全審査を進めている。関電は控訴する方針。
 樋口裁判長は「大飯原発は地震の際の冷却機能や放射性物質の閉じ込め構造に欠陥がある」と指摘。関電が想定する地震の最大の揺れ(基準地震動=700ガル)について、「基準地震動を超える地震が到来しないというのは、根拠のない楽観的な見通しにすぎない」と述べた。
 関電は1260ガルの揺れまで設備の安全性を維持できると主張したが、裁判長は「地震によって複数の設備が同時に使えなくなったり、故障したりすることは当然考えられる」と述べ、700ガル以下の揺れでも冷却機能が失われ重大事故が起きる可能性に言及した。
 使用済み核燃料を貯蔵するプールについても、「放射性物質が外部に放出されるのを防ぐ原子炉格納容器のような堅固な設備は存在しない」と述べ、危険性を認めた。
 その上で、福島原発事故で半径250キロ圏内の住民避難が検討されたことを理由に、原告のうち大飯原発から半径250キロ圏内の住民166人について請求を認めた。
by denhazim | 2014-05-23 09:32