人気ブログランキング |

ホンダが水素を燃料とする燃料電池車(FCV)を

f0180726_19271491.jpg


ホンダが水素を燃料とする燃料電池車(FCV)を、日本で先行販売する方針を固めたことが6月24日、分かった。

FCVは、水素と空気中の酸素を化学反応させて発生する電気でモーターを回して走る車で、運転中は水のみを排出し二酸化炭素などを出さないことから、「究極のエコカー」とも言われている。急速充電器でも20−30分はかかる電気自動車(EV)に比べて、水素充填時間は約3分とガソリン車とほぼ同程度で、走行距離も500km以上と、EVの200kmより優れている。

ホンダが2015年に一般販売開始を目指しているFCVは、1回の燃料補給で走行距離800kmを誇るという。販売価格は2015年1月頃に先行発売される予定のトヨタのFCVの動向をみて判断されるが、700万〜800万円程度を見込んでいる。MSN産経ニュースが報じた。

当初は自動車市場の中心となる米国での先行発売を検討していたが、「日本発の最先端技術として売り出す」ことを狙い、日本国内で先行発売する方針を固めた。
 
一般的に1千万円超となる価格についても「採算より普及を優先する方針」(ホンダ幹部)として、割安にする考え。700万~800万円で販売した場合、電気自動車(EV)と同等の政府の補助金が出れば、消費者の負担は600万円台前半からとなる。
 
by denhazim | 2014-06-27 19:27