人気ブログランキング |

マック、販売減に追い打ち 業績回復は見通せず



f0180726_5571398.jpg

マック、販売減に追い打ち 業績回復は見通せず
かき入れ時の夏休み期間に日本マクドナルドHDを襲った期限切れ鶏肉問題。問題の工場から調達した在庫の廃棄損に加えて客離れの長期化も予想され、「下期(7~12月)に100億円規模の損失が出てもおかしくない状況」(今村朗執行役員)へと追い込まれた。この問題を別としても、課題である売上高の減少傾向には歯止めがかかっておらず、3月就任したサラ・カサノバ社長による再建策は正念場を迎えている。

 同日発表した平成26年6月中間連結決算は、売上高が前年同期比約7%減の1210億円と当初見通しに比べて10億円未達。営業利益は約50%減の35億円、最終利益も約59%減の18億円と、それぞれ計画を下回った。

 今期はテコ入れ策としてファミリー客の重視路線にかじを切り、店舗改装や子供向けセットメニューの改良などに注力。通期の既存店売上高を0~1%増まで戻し、来年以降の再成長につなげるシナリオだった。

 1月は限定メニュー効果で半年ぶりに既存店売上高をプラスに持ち込んだが、その後は大型連休商戦やサッカーW杯関連メニューが不発で6月まで5カ月連続の前年実績割れ。上期(1~6月)通算の売上高は3.5%減、客数も同8.2%減と回復の兆しがみえていない。。
by denhazim | 2014-07-30 05:57