人気ブログランキング |

ミステリーなお話

f0180726_1242220.jpg


これは、遺書を書かされてから殺されたパターンでしょう。しかも、自殺確定がはやすぎます。

また、階段の手すりに紐状のものをひっかけて踊り場で首を吊るなんてとても器用なことをやっています。

STAP細胞潰しのマスゴミ一斉攻撃が小保方さんに降り注がれ出した頃から心療内科を受診しているというが、原因を探る必要がありますね。ユダ金の脅迫があったのかもしれません。

昔、首の吊りにくい場所で首吊り状態で死体が発見された中川一郎氏を思い出させるような死に方です。手口は、CIAかモサドのものであると思われます。

これで、STAP細胞がいよいよ本物である可能性が高まり、再現実検の成果がそのままいちゃもんをくっつけられて盗み出される可能性も高まったということです。

小保方さん、もうわかっていらっしゃるとは思いますが、STAP細胞は、既成の医学を根底から覆してしまう存在ですから、ユダ金が妨害するのは当たり前なんです。

今までインチキやり放題で作り上げた自分達だけが利する体制である現代医学ですからね。寝耳に水のSTAP細胞に自分達のドル箱を持っていかれてしまっては、もともこもないはずですから。(笑)

もう後がない断崖絶壁に立たされたユダ金達は、人工地震テロ、ガザ地区のホロコースト紛争、エボラ出血熱生物化学兵器攻撃と総動員をかけてきています。6月から世界中でおかしなことが起きまくっているのは、そのためでしょう。

噂によると、ロック爺さんは、誕生日祝いに駆けつけた医者である一族を、抗がん剤が害毒この上ないから使用を中止するように進言したのを飛行機事故に見せかけて殺してしまうわけですから、一族一人の命よりユダ金全体の利益を重視していることが大変よくわかります。世も末と言うか、もはやめちゃくちゃなようです。
by denhazim | 2014-08-07 01:23