人気ブログランキング |

【人から見た自分が本当の自分】

f0180726_1030303.jpg



【人から見た自分が本当の自分】
女性に限らず男性でも毎日鏡を見ると思う。その時、ほとんどの人が正面から見て、一番いい顔が映るように顔を作りがちだけど、他人から見る顔はそれが本当の顔ではない。
実際にはそうではない顔を他人は見ている。
それはどういうことかというと、人と会っているとき、一人でいる時、人は自分の正面から一番いい顔を見ているわけではない。
とうことは、いつどんな場面で誰に見られてもいいように、自分の立ち居振る舞いや表情に気をつけることが大切。
それには普段からの行動もキチンとすることが必要だし、表情も意識しないとふぬけた顔になってしまう。
例えば電車内で携帯を触っている人の顔を見てると、口が半開きで姿勢も悪い人が意外に多い。
以前、タレントの知花くららさんが、立ち話で人と話している時にも、どこから見られているかわからないので、意識しながら話している、と聞いたとき、すごく腑に落ちた。
ちなみにそれは決して人から見られる仕事でなくても、誰にでも当てはまると思う。
さらに外出の際にだけ当てはまるのではなく、自宅にいても同じだと思う。
家にいるからといって、一日パジャマ姿でいるのではなく、身支度を整えていることで日頃のオン状態の自分になれる。
ちなみに私は自宅にいても、朝起きたらキチンと着替えて髪もブローし、身支度を整えてから仕事に入る。
そんな日頃からの意識付けと、自覚が大切で、そういうことを繰り返しているうちにいつどこで見られてもいい自分が出来上がって行くのではないかと思う。
by denhazim | 2014-10-30 10:30