人気ブログランキング |

電気自動車(EV)のフォーミュラカーを使ったFIA(国際自動車連盟)


f0180726_16394763.png


電気自動車(EV)のフォーミュラカーを使ったFIA(国際自動車連盟)
の世界シリーズ「FIAフォーミュラ E選手権」。この電動フォーミュラカーが8月23日、東京 六本木のけやき通りを一部封鎖して公道を疾走した。ナンバープレートを付けない競技車両のフォーミュラ Eカーが公道を走るのは日本初。ハンドルはレーシングドライバーの山本左近氏が握り、沿道に詰めかけたファンの声援に応えていた。

 フォーミュラ Eは2014年9月から開催されていて、2シーズン目となる2015-2016シーズンは10月17日の中国 北京を皮切りに全11戦が行われる。レースはすべて大都市の市街地内を通行止めにしたコースで実施。走行時の爆音と排ガスがないため、市街地での開催がしやすい。走行時はほぼ無音のため、会場ではDJブースを設け音楽が流され、野外ライブのような雰囲気となる。SNSを使ったファン投票で人気を集めたドライバー上位3名が、一時的に急加速ができる「Fan Boost」と呼ばれるインタラクティブな仕掛けもあり、ファンが一体となって楽しめる工夫がされている。

 今回走行したマシン「SRT_01E」は最高出力200kW、最高速225km/hを誇り、0-100km/h加速は3秒。メンテナンスはルノー、シャーシはダラーラ、モーターはマクラーレン、バッテリーはウィリアムズが担当している。タイヤはミシュランの全天候タイプを履いていた。ホイールはO.Z.レーシング。

 なお、前シーズンはワンメイクレースとしてスタートしたフォーミュラ Eだが、今シーズンからはパワートレーンを独自に開発することが可能となり、技術競争が始まる。
by denhazim | 2015-08-24 16:39