パ・リーグ、日本ハム-西武、21回戦、26日、札幌ドーム)日本ハム・大谷翔平投手(21


f0180726_16161041.jpg


パ・リーグ、日本ハム-西武、21回戦、26日、札幌ドーム)日本ハム・大谷翔平投手(21
)が西武戦に先発し、今季最速の161キロをマークした。

 岩手・花巻東高の先輩・雄星を相手に、大谷が魅せた。一回二死二塁のピンチで、西武・中村に対する4球目に今季最速の161キロを計時。球場のどよめきが冷めない中、続く5球目も161キロと力勝負。最後は142キロのフォークで空振り三振に仕留めた。

 通算3度目となる西武・菊池との投げ合い。昨年4月14日は大谷が勝利投手となり、同7月2日は両者勝ち負けつかず。大谷が先輩の前で気迫の投球を続けた。
[PR]
by denhazim | 2015-08-28 16:16