先日、ケンジントン宮殿でウィリアム王子がめずらしく1対1のカジュアルなインタビューを受けました。



f0180726_924929.jpg

先日、ケンジントン宮殿でウィリアム王子がめずらしく1対1のカジュアルなインタビューを受けました。

インタビューをする栄誉を得たのは、大学生でジャーナリズムを専攻しているSophia Kichouさん。イギリスの『ビッグイシュー』紙が企画した、王子の独占インタビューです。

インタビューアーは元ホームレスの大学生


ソフィアさんは4年前にも王子と会っていました。場所は、ホームレスの若者を支援する団体「Centrepoint」。当時ホームレスだった彼女には、ジャーナリストになる夢がありました。その夢を叶えたらインタビューをすると約束したウィリアム王子。ついに、その約束が果たされる日がきたのでした。

ホームレス救済は、故ダイアナ妃が力を注いだ活動。彼女も「Centrepoint」の後援をしていました。少年の頃からその姿を見ていた王子が、同じようにこの団体をサポートしているのです。

クリスマスを理解している2歳のジョージ王子

子どもの頃に母親を亡くしたふたりの共通の経験やホームレス問題を語ったあと、話題はウィリアム王子のクリスマスの予定になりました。

クリスマス・イブに少しでも寝られたら、ありがたいですね。きっとジョージがうさぎみたいに跳ね回るだろうから。ジョージは、今年になってクリスマスがどういうものだか理解したので、ものすごくはしゃぐと思います。

子どもたちはふたりになったし、ひとりはクリスマスの意味をわかってしまったから、かなり大変だと思います。でも、楽しみにしていますよ。自分の家族を持ったら、クリスマスはもう以前と同じじゃありませんね。

「Daily Mail」より翻訳引用

一家のクリスマスの予定

先日紹介したように、王族はサンドリンガム・ハウスでクリスマスを過ごすのが恒例でした。ですから、結婚後のダイアナ妃がクリスマスに実家のスペンサー家と過ごすことはなかったそうです。

しかし時代は代わり、結婚後キャサリン妃は、王室とミドルトン家で交互にクリスマスを過ごしていました。

シャーロット王女が加わった今年は、サンドリンガム・ハウスに行くと予想されていましたが、恒例の教会のミサには王室メンバーとともに出席予定。その後は、自宅のアンマー・ホール邸にキャサリン妃の両親や親戚を招いてクリスマスを過ごすそうです。

ジョージ王子は2歳5か月。いろいろなことがわかってきて、親にとっても楽しい年頃です。数年後には、シャーロット王女もクリスマスがとても楽しいとわかって、ふたりともがはしゃぎ回っていることでしょう。

[Daily Mail1, 2]
[PR]
by denhazim | 2015-12-12 09:24