人気ブログランキング |

史上最大のゾウ調査、アフリカ上空を46万キロ




f0180726_12474875.jpg

史上最大のゾウ調査、アフリカ上空を46万キロ
富豪ポール・アレン氏が出資、ビッグデータが保護活動を変える

アフリカ南部のボツワナでゾウの数を確認する調査用飛行機。「グレート・エレファント・センサス」は、史上最大規模となるアフリカ野生生物の空からの調査だ。(Photograph Courtesy the Great Elephant Census: A Paul G. Allen Project)
[画像のクリックで拡大表示]
 アフリカの野生生物を対象とした、史上最大規模の空からの調査「グレート・エレファント・センサス(GEC)」で得られたデータにより、ゾウの保護にビッグデータが大きく貢献できることがわかってきた。

 アフリカ全土で行われているこの調査は、マイクロソフトの共同創業者として財を成した富豪、ポール・G・アレン氏の出資により、2014年2月に開始された。目的は、アフリカに生息するゾウの頭数をより明確に把握することだ。(参考記事:「空からのゾウ生息数調査、アフリカ」)

 以来、さまざまな組織に属する90人の研究者が調査チームに加わり、ゾウの生息地を擁する18カ国の上空を飛び回ってきた。砂漠の中の氾濫原オカバンゴ・デルタから、果てしなく広がるチャドのサバンナまで、調査チームがこれまでに飛んだ距離は累計46万キロに及ぶ。これは地球を11周半回ったのと同じ距離だ。

「飛行距離の長さだけでも、この調査は従来とは比べものにならないほど大規模なものです」。この調査の技術開発部門でシニア・プログラム・マネージャーを務めるテッド・シュミット氏は言う。

 シュミット氏率いる開発チームは、ポール・G・アレン氏の投資会社、バルカン社の慈善事業部門から派遣されていて、この調査のためのデータベースを構築した。調査チームから提供されるデータのすべては、ここで保管・分析される。

「これほど大量の生の調査データが1カ所に集められたのは初めてのことで、それこそがこの調査の素晴らしい点です。以前は、データはすべて研究者のノートパソコンにしまい込まれていました。こうしたデータを集約して保管すれば、アフリカじゅうの保護活動家や政治家が利用できるのです」


有名なタンザニアのセレンゲティ国立公園。今回の調査により、この国のゾウの生息数は近年、違法な象牙取引を目的とした密猟のせいで激減していることがわかった。(Photograph Courtesy the Great Elephant Census: A Paul G. Allen Project)
[画像のクリックで拡大表示]
 シュミット氏によれば「調査は完了した」とのことで、今後数カ月間で、バルカン社の技術チームは最終データを見直す。2016年3月にはその情報を国際自然保護連合(IUCN)にも提供し、さらなる科学的な分析や保護活動策に役立ててもらう予定だ。

厳しい現実と明るいニュース

 これまでの調査結果からは、アフリカゾウにとって厳しい現実と明るいニュースの双方が見えてきた。

 なかでも衝撃的だったのは、2009年には約10万9000頭だったタンザニアのゾウの数が、2015年には5万1000頭と、53%も激減していたという事実だ。学術誌『Science』に発表された最近の研究によると、タンザニアは10年以上前から、東アフリカから違法に輸出される象牙の主な産地となっているという。(参考記事:「ゾウの60%が消えたタンザニア、その原因は」)

 タンザニア野生動物研究所の主席研究員、エドワード・コヒ氏は言う。「頭数減少は予想していましたが、これほどまでとは。これは受け入れがたい現実でした・・・政府にとっても、誰にとってもです」

 今回の調査によると、頭数の減少が最も著しかったのは、タンザニア南東部にある生息地だった。このエリアには同国のゾウの80%が生息する。

1 2 >
f0180726_1248875.jpg

by denhazim | 2016-01-09 12:48