EUは超大国の形成を模索しており、ヒトラーやナポレオンと同じ末路をたどる運命にあると述べた。



f0180726_11132355.jpg

[ロンドン 15日 ロイター] - 英国の欧州連合(EU)からの離脱(ブレグジット)を支持しているボリス・ジョンソン前ロンドン市長は、英紙サンデー・テレグラフとのインタビューで、EUは超大国の形成を模索しており、ヒトラーやナポレオンと同じ末路をたどる運命にあると述べた。

同氏は、EUには民主主義や求心力のある権威が存在せず、試みは失敗するだろうと指摘。「ナポレオン、ヒトラーなど多くの人がこの方法を試み、悲劇に終わっている。EUは別の手段による試みだが、欧州という概念に対する潜在的な忠誠心がないことが永遠の課題となっている。皆が尊敬し、理解できるような権威が存在しないことにより、民主主義の大いなる空白が生じている」と述べた。

英国のEU加盟継続の是非を問う国民投票は、6月23日に行われる。
[PR]
by denhazim | 2016-05-17 11:13 | 地球環境