19人が死亡した相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」の殺傷事件で



f0180726_2013132.jpg

19人が死亡した相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」の殺傷事件で、逮捕された元同園職員、植松聖容疑者(26)=殺人容疑で送検=の自宅から押収されていた微量の植物片が大麻だったことが、捜査関係者への取材で分かった。神奈川県警は使用時期を追及するとともに、殺傷事件への薬物の影響についても慎重に調べている。

 捜査関係者によると、27日に容疑者宅を家宅捜索し、ビニール製の小袋に入った植物片を押収。葉をすり潰したような形状で、約0・005グラムとごく少量のため、吸引後に残った物である可能性もあるという。

 植松容疑者は2月の措置入院時の尿検査で大麻の陽性反応が出て、「大麻精神病」や「妄想性障害」と診断された。県警は逮捕後に大麻使用の有無を調べる採尿を任意で求めたが、植松容疑者が拒否したため、令状を取って強制採尿し、鑑定を進めている。覚醒剤と麻薬の任意鑑定には応じ、いずれも陰性と判明した。

 一方、厚生労働省は29日午後にも、植松容疑者の措置入院先の病院に対し、精神保健福祉法に基づく立ち入り検査を実施する。措置入院と3月に退院させた経緯について、調査する予定だ。【村上尊一、熊谷豪】
[PR]