アメリカ次期大統領のドナルド・トランプ氏が

f0180726_11475129.jpg

「トヨタはメキシコのバハにアメリカ向けカローラの新工場を建設するそうだが、とんでもない! アメリカに工場を建設するか、さもなければ多額の国境税を支払ってもらう」

 アメリカ次期大統領のドナルド・トランプ氏が、1月5日にツイッターでトヨタ自動車のメキシコ生産計画を批判した。トヨタは2015年4月に「19年にメキシコに新工場を設立してカローラを生産する」と発表しているが、トランプ氏はこれに釘を刺したものと思われる。

 この“警告”を受けて、6日にはトヨタをはじめとする自動車関連株が値下がりするなど影響が表れているが、経済評論家の渡邉哲也氏は「サプライチェーンの計画見直しは必要になるが、トヨタにとってはそれほど悲観することではない」と語る。

「トランプ氏の発言は、『トヨタのみならず、同様の状況にある自動車メーカーすべてに同様の措置をとる』という意図であると思われる。アメリカ向け自動車のメキシコ生産においてトヨタは最後発であり、生産台数はまだまだ少ない。そのため、今後拡大しようとしていたわけだが、今回はそこに横槍が入ったにすぎない。むしろ、現段階でメキシコでの生産台数が多い日産やフィアット、GM(ゼネラルモーターズ)のほうが厳しい立場に置かれることになるだろう」(渡邉氏)
[PR]