人気ブログランキング |

2008年 09月 09日 ( 2 )



f0180726_831775.jpg






野菜の王様」とも言えるが、モロヘイヤは「王様の野菜」。
今や庶民のものとなったが、王様の野菜という意味の「ムルキーヤ」が語源。
この野菜は独特のぬめりが特徴だが、このぬめりにこそ秘密があるらしい。
夏バテを解消したい今の時期にはぴったりの野菜だ。
いつもはお浸しで食べることが多いけれど、少し秋らしいレシピを工夫してみる。

≪モロヘイヤのグラタン≫
・モロヘイヤ(ざく切り)
・ベーコン(細切り)
・モッツァレラ
・醤油

茹でたモロヘイヤをザク切りにし、ベーコンの細切りと一緒にさっと炒める。
塩胡椒で薄めの味付けをしたら醤油で香りをつけグラタン皿に。
モッツァレラを適当にトッピングしてオーブンへ。
チーズが溶けたらОk。
ネバネバトロリのグラタン。
by denhazim | 2008-09-09 08:31 | グルメ


f0180726_8263512.jpg



≪モロヘイヤのスープ≫
・モロヘイヤ(細かく刻む)
・ニンニク(みじん切り)
・コンソメ
・卵

ニンニクを焦げないように炒めたらコンソメスープを加え、細かく刻んだモロヘイヤを放す。
塩胡椒などで味を整えたらひと煮立たちさせ、溶き卵を流す。
トロトロフワフワのスープ。



スープにコクと旨みが生まれるので、ニンニクは外せない。
元々、モロヘイヤはスープで食されることが多かったようだから、違和感のないレシピだ。
スープにとろみがあるので、溶き卵が、きれいに花開くように散ってくれる。
by denhazim | 2008-09-09 08:27 | グルメ