<   2013年 09月 ( 69 )   > この月の画像一覧

f0180726_861619.jpg


【 グリーン胡麻みつ団子で、お月見はいかが・・・ 】

今年の中秋の名月(十五夜)は9月19日。
十五夜のお月見には、お月見団子は欠かせませんよね。
今年はひと工夫した「グリーン胡麻みつ団子」を手作りしてみませんか。

つくり方はいたって簡単。
シャインの青汁と白ごま、甜菜糖を使って、とろーりとした「グリーン胡麻みつ」を作ります。
これをお団子、白玉で包み、シャインの青汁を軽く振りかけると、「グリーン胡麻みつ団子」の出来上がり。

見た目も綺麗なうえに、とってもヘルシー。
モチロン、抹茶風味で実に美味ですよ♪
是非お試しくださいね。
[PR]
by denhazim | 2013-09-16 08:06
f0180726_7563147.jpg


首相夫人、代議士夫人などと大上段を振りかざされること無く
昭恵夫人らしい自然体がとても好感を持てます。
このまま安倍首相と二人三脚で頑張って頂きたいですね!
それにしてもこれほど首相夫人が活躍されたことは今までに無いのでは?
しかもとても明るいお人柄で、行かれる先々を明るくして下さっています!


安倍晋三首相の昭恵夫人が6日に都内で講演し「私は原発反対だ。(首相が)外に行って原発を売り込んでいるのに心が痛む」と語っていたことが7日、分かった。関係者によると、昭恵夫人は「(原発は)日本の大事な技術だと思う。それは認めるが、原発に使っているお金の一部を新しいエネルギーの開発に使い、日本発のクリーンエネルギーを海外に売り込んだらもっといい」などと話した。

 主人(安倍晋三首相)が地元に帰ることができないので、私が代わりに山口に足を運ぶ機会が増えていますが、よく地元の人から「総理のお体はいかがですか」「健康管理に気をつけてください」と声をかけられます。本当にみなさん優しくてありがたいです。

 おかげさまでかつてないほど体調はいいですね。結婚以来、一番いいかもしれません。相変わらず家でアイスクリームは食べているし、たまにビールも飲んでいます。外食の時にはビールだと1杯、ワインだと2杯くらいは飲んでいますよ。梅酒とかハイボールなんかも飲みますね。

 自宅で映画をみる機会も増えています。だって帰ってくるのが早いんですよ。首相が行く場所は限られているでしょう? 「じゃあ2次会に行くか」というノリにはならないし、誘われたから誰とでも会うこともできないので、限られてきちゃうでしょう。

 でも、(主人の)帰ってからの生活なんてわかりません。私の方が遅く帰るし…。それを週刊誌に書かれたこともありますけど。こんなもの書かれちゃったと言ったら「まあ事実だからね」って(笑)。

 週刊誌によく書かれることも、主人は「あんまり、大したことないよ」って。周囲の人が見せてないかどうかわからないけど、あまり知りませんね。多分、主人も自分のことが書かれていたら気になるけど、自分に影響がない限り私のことは「まあいいか」という感じですよ。
[PR]
by denhazim | 2013-09-16 07:56
f0180726_1165030.jpg

それでも人類は叡智を尽くして、二酸化炭素の排出を止めるべきなのか!?(序章)
温暖化人為論者は、騙されるなに騙されるなという本やテキストを大量に作成しています。笑。環境庁付属の研究機関には相当レベルの高い気象学者や環境学者が勢ぞろいしており、反温暖化論者を血祭りにあげています。丸山先生も血祭りにされているおひとりです。なにせ、環境省の御紋と、学位、博士号を盾に、ぐいぐい来ています。ヒートアイランド現象も、二酸化炭素の増加がそもそもの原因だとシミュレーションできると主張しています。まさに、二酸化炭素削減ビジネスとそれに群がる科学者。私にはオウム真理教に帰依していった科学者の姿にダブってみえます。信仰と科学は人類の危機、人類の罪を言い立てるところで、もっとも接近するものだということだと思っています。


IPCCの第5次報告書の予定稿が新聞等で報道され始めた。いつものやり口である。2100年には81cmの海面上昇、気温は4.8度上昇。今までも散々、かなりの断定口調で、炭酸ガスの増加は『人類の責任』と言ってきていたが、今回は踏み込んで人類の責任を強調しているとか。センセーショナルな刺激だけ先行で既成事実を呆けた脳内に叩き込む。いつもの連中のやり口である。

第4次までの報告書で散々、自分たちは『科学的』だといって、とんでもない断定を繰り返して来た連中が、今更、やっぱり科学的に確信したとか、苦笑、じぁあ今までの確信は何だったのかと笑ってしまうし、今回も同じでしょと言いたくなる。彼らは行動そのものが非論理的であり、科学的ではない。科学の事実は多数決とは関係ないし、彼らは、依然として二酸化炭素にしか興味がなく、エアロゾルも太陽も深海流もマントル層も一切気候との関係は調査しないし、研究は無視する。

前回の報告書で、南極の氷によって海面が数ミリ上昇したと断定していたが、南極の氷が溶けたからではない。南極の氷が増えすぎて、海に落下した分で上昇したと彼らが報告書に書いている。いったい、温暖化や二酸化炭素と何の関係があるというのか?日本人の99%の人はそういう記述を読まないし、マスメディアは書きもしない。温暖化人為説は疑わしい等とは書くことが出来ないからだ。

さて、

最近の「異常気象」の原因が、万が一、少しでも、二酸化炭素による温暖化が原因である可能性があるなら、人類はその叡智を尽くして温暖化を防止すべく、二酸化炭素の排出削減に取り込まなければならないと、世間一般ではよく言われている事は私もよく承知している。

まず、気象が異常か異常でないかは、基準の決めの問題で、私が変態か変態でないかと言っているのと何も変わらない。仮に私が変態、もとい、気象が異常だとして、それが温暖化が原因かどうかはさらにさっぱりわからない。温暖化をやたら心配するクリスチャンと環境ビジネスマンの集まりであるIPCCの報告書でも、一貫して寒冷化している地球の部分もあると書いてある。

そもそも、去年の平均気温が20度として、今年が22度なら温暖化だが、1万年前に平均気温が30度だったら、1万年前にくらべれば去年も今年も寒冷化になる。地球温暖化って、そもそもなんなのよっていうわたしの心の叫び、わかりますか?

さらにさらに、その温暖化が、人類起因のもので、化石ガスを燃やし続けた悪行の報いだと、そこいらじゅうのナウシカちゃんが叫びたてている。苦笑。そういうナウシカちゃん達に、私はいつも聞くことがある。

『ナルホド。人類がここ100年で化石燃料を異常に燃やしたから二酸化炭素が増えたんだね。で、具体的に化石燃料を燃やしてでる二酸化炭素の量は1年でどれくらいなの?』

この答えを知っているナウシカちゃんナウシカ君に、私は一人と言えど会ったことはない。後程、私が正解を教えて差し上げます。

増えているから増えているのだってば!!だって、温度が上がっているじゃない。産業革命前はもっと冷えていたし、産業革命以降に気温があがっているのだから、温暖化は二酸化炭素のせいなのだってば(byナウシカちゃん達)というのは正しい?

産業革命以降に気温が上がっているというのは半分嘘である。ちゃんと長期にデータを見ればもっと前から気温は上がっている。もっと昔には、もっと高い気温の時があった。二酸化炭素と気温の相関関係は太古の昔よりはっきりと存在する。という事は、大昔は人類起因で二酸化炭素が増えない事が明らかである以上、気温が上がれば二酸化炭素が増えるというのが正確な物の言い方になる。

私は以降、もう何度目かだけれど、『二酸化炭素で地球は温暖化しない。二酸化炭素の地球気温への影響は非常に軽微である。その軽微な影響の中で、さらに人為によるものは無視していい規模である。したがって、これに年間数兆円の予算をつけるというのは、どぶに金を捨てる行為であり、環境ビジネスで飯を食っている連中のどうしようもない既得権になりつつある』ということを、真正面から、明らかにしていく。
[PR]
by denhazim | 2013-09-15 11:05
f0180726_10545020.jpg


あなたの魅力を磨き価値を高める!本日の名言☆その359】

負ける戦いはしない。
負けるだろうという戦いはもちろん、
負けるかもしれないとか、苦戦するだろうという戦いは
最初からしないことです。

ですから、実際の事業が始まって営業を開始するときには、
全体構想の9割は終わっていないといけないんです。

~孫正義~


なぜ負ける戦をしてしまうのか?


それは、イメージする力が弱いからだ。

設計図もなく家を建てることはできない。
しかし、負け戦になる個人事業主の多くは、
素晴らしい資材をもっていながら設計図がない。
場当たり的に図面を引いていく。


私たちはスタートから積み上げるのではない。
ゴールから一気に叩き落とすのだ。
だからこそ、勢いが生まれる。


あなたの事業のゴールは明確ですか?
色も、匂いも、場所も
そこに集う仲間の笑い声も聞こえてきますか?


深層自己説得、
毎朝、宣言すること、
定期的に詳細な計画を作成・修正すること、
社員や応援者、仲間と夢を語ること、
一人でも多くの人に文字ではなく、
絵で自分の事業を伝えること、


日々楽しみながら、イメージできる力を養うこと、
これこそが勝利の方程式だ。
[PR]
by denhazim | 2013-09-15 10:54
f0180726_7471691.jpg


いよいよ、JR九州の豪華クルーズトレイン「ななつ星」の内装やディーゼル機関車が報道陣向けに公開となりました。

JR九州の今までの3回の抽選は全て外れてしまったのですが、旅行会社主催の「ななつ星」ツアーをなんとかゲットすることができました。
超人気のななつ星のツアーどうやって取ったかは、ブログ記事で書きましたので参考にしてみてください。
(下のURLをクリック)
運が良ければ、今からでも春までの便を取ることができるかもしれませんよ♪
http://tetsubiz.nakajimashigeo.com/JR九州/ななつ星の予約ができました!しかもネット予約即決で!.html
[PR]
by denhazim | 2013-09-15 07:47
f0180726_77396.jpg


「夢はなかなか見つからないよ」
「未来のことはわからないよ」
多くの人はそう言います。

でも、万人に平等に、かつ、必ずやってくるもの、
それは”死”です。

あなたが死ぬ時、

周りには何がありますか?
周りには誰がいますか?
どんなシチェーションですか?

これって、未来に記憶を飛ばす
最高の魔法の質問だと思いませんか?


あなたに向けた”弔辞”を
あなた自身で書いてみては如何でしょう(^0_0^)?

この究極の『未来からの手紙』を書くことにより、
あなたの未来がより明確に決まります。

そして《未来》を決めるからこそ
”今”やるべきことが見つかるはずです。

※弔辞とは・・・
  故人への最後の別れの言葉。

参考に、私の弔辞を載せますね(^0_0^)


////////////////////////

【弔辞】

今こうしてあなたの遺影の前に立っていると
とても不思議な感覚です。

親友として、ビジネスパートナーとして
ずっとあなたを近くで見てきましたが、
今、この瞬間のあなたの顔が今までで一番の「笑顔」には驚いております。

まさか《葬式パレード》をやるなんて。


夢を掴むんだ!!叶えるんだ!!
といってデザイナーを辞め、その時の苦労も身近で見てきました。

私も一時期はあなたの将来を不安に思ったりもしておりました。
なんて無謀なんだ!?と思ったこともあります。

実際、なかなかやりたいことが見つからず、
壁にぶつかって葛藤しているあなたも見てきました。

その時は、なんて声を掛けたらいいかわからず、
ただ飲みに誘うことしかできませんでした。


しかし、その後あなたは《夢》を見つけましたね。
あなたの《夢》を聞いた時はまたまた驚かされましたが(笑)


ディズニーを超えるテーマパーク『ドリッシュワールド』を創るんだ!!
日本中、世界中で笑顔を生み出す『奇跡のパレード』をやるんだ!!
ハワイに住んで、”人生自由自在”に心の底から楽しく笑顔で生きるんだ!!

でも、その《夢》を語っているあなたの顔は
まるで子供のようで、
見ているこちらまで楽しくなりました。

あなたのあの笑顔を見た日を
昨日のことにように思い出します。


今、こうしてあなたが創った『ドリッシュワールド』で
あなたのお葬式が開かれていますよ。

最後の遺言にあんなことが書いてあるなんて、
僕ですら予想できませんでした。

「僕が死んだら、
 ハワイのドリッシュワールドで《葬式パレード》をやってくれ」

葬式をパレードにするなんて前代未聞すぎます。
まぁ、それもあなたらしいんですけどね(笑)


今、このドリッシュワールドには
あなたが創りたかったたっくさんの笑顔が生まれていますよ。

みんな、あなたに
青い花、ブルーローズを渡しに来ています。

ブルーローズの花言葉、『夢は叶う』

もしかしたらブルーローズの力で
あなたが生き返るんじゃないかとヒヤヒヤしてます(笑)


今日のハワイは快晴です。
生前、雨男だったあなたを祝うかのように、
雲ひとつない青空です。

ハワイの風も空も太陽も
あなたの旅立ちを祝ってくれていますよ。

遺影をアロハポーズで決めている人は
なかなかいないです(笑)
アロハスピリッツがあなたを認めてくれたんでしょう。



最後に、
あなたが生前大事にしていた言葉を代読して、
今ここにいるみんなに聞かせたいと思います。

『人生に《夢》があるのではない
 《夢》が人生を創るのだ』
[PR]
by denhazim | 2013-09-15 07:07
f0180726_6434974.jpg


日本の固体燃料ロケットの歴史は昭和30年、東大の糸川英夫博士が主導した「ペンシルロケット」の発射実験にさかのぼる。45年にはラムダロケットが人工衛星「おおすみ」を打ち上げ、日本は世界4番目の衛星打ち上げ国に。平成15年にはミュー(M)5ロケットが小惑星探査機「はやぶさ」を打ち上げるなど、大きな足跡を残してきた。

 固体燃料ロケットは液体燃料を使う主力機H2Aなどと比べて構造が単純で、低費用で製造できる。短期間で開発可能なため、新技術を導入しやすいのも利点だ。費用が割高だったM5は18年に廃止され、固体燃料ロケットの歩みはいったん途絶えたが、イプシロンの登場で伝統を守った。

 イプシロンの登場で日本の固体燃料ロケットは新時代を迎える。これまでは大型化で打ち上げ能力を高める「重厚長大」路線だったが、イプシロンは効率重視へと大きく転換。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の森田泰弘プロジェクトマネージャは「打ち上げを簡単にして宇宙を身近にする」と意義を強調する。

 ロケットを打ち上げる際の管制業務は、これまで大掛かりな設備と100人規模の要員が必要だったが、イプシロンはパソコン2台とわずか数人の管制員で可能になる。ロケットで世界初の人工知能「ROSE」(ローズ)を搭載し、打ち上げ前に機体を自動的に点検する革新的な機能も備えており、作業を大幅に省力化できるのが特徴だ。
[PR]
by denhazim | 2013-09-15 06:32
f0180726_7545588.jpg


2020東京夏季オリンピックは、公式の計画によると、オリンピック村、8 km以内のスポーツ施設の約75%で、コンパクトなゲームになります。

"東京の計画の最大のセールスポイントは、"選手一 'です - オリンピック村や会場の配置でコンパクト、 "Nobumoto樋口、東京2020評議会の演技事務総長は7月に述べています。

東京の計画によると、37スポーツ施設の28は、中央区晴海でのウォーターフロントエリアに主に埋立地の44ヘクタールのパッチ上に座るなりオリンピック村、8キロ以内になります。

村は17,000選手や関係者を収容することができるようになりますと3カジュアルな700席のダイニング設備を10,000平方メートル、5,000席のダイニングホールを持つことになります。

宿泊施設はのハブへと発展する領域の残りの部分と、祭典後にマンションや賃貸マンションに転換すべきである "国際交流"。

メイン五輪エリアは遺産ゾーンと東京湾のゾーンに分割されます。1964年五輪からのレガシー設備を備えています遺産ゾーンでは、陸上競技、ラグビー、卓球、柔道や他の5つのスポーツのために会場を開催します。

として推進されている東京湾ゾーン、 "東京の将来の都市開発のためのモデル、"体操、テニス、漕艇、セーリング、水泳、多くのために21会場を開催します。

射撃やゴルフイベントは横浜、札幌、利府、宮城県のスタジアムと一緒に予選サッカーの試合を開催します埼玉県で開催されます。

37会場のうち、22は、資本のための "恒久的な遺産"として残るように11で、特に2020年のオリンピックのために構築されます。

スポーツ壮観を組織の総コストは4554億円と見積もられている。

一方、新宿区、1964年オリンピックのメインスタジアムで由緒54,000席の国立競技場は、来年7月解体され、2019年3月でオリンピックスタジアム "最先端"として再構築。

英国のザハ·ハディドが設計し、洗練された空力見通し80,000席の施設は、雨からイベントをシールドと開会式と閉会式をホストするために開閉式屋根を持つことになります。

水泳、ダイビング、​​シンクロナイズドスイミングイベントは江東区夢の島地区の新しいオリンピック水泳センターで開催され、ホッケーは品川区大井地区の海浜公園ホッケースタジアムで開催されます。

パラリンピックは、入札委員会はオリンピック村、8 km以内20会場の19を置いた。唯一の撮影イベントが埼玉で開催されます。

パラリンピックは8月25日から9月6日に開催されながら2020年オリンピックは、7月24日から8月9日に実行されます
[PR]
by denhazim | 2013-09-14 07:54
f0180726_1537250.jpg


会長そしてIOCの委員の皆様。佐藤真海です。

 私がここにいるのは、スポーツによって救われたからです。スポーツは私に人生で大切な価値を教えてくれました。それは、2020年東京大会が世界に広めようと決意している価値です。

 本日は、そのグローバルなビジョンについてご説明いたします。

 (プレゼンター紹介)

 19歳の時に私の人生は一変しました。私は陸上選手で、水泳もしていました。また、チアリーダーでもありました。そして、初めて足首に痛みを感じてからたった数週間のうちに、骨肉腫により足を失ってしまいました。

 もちろん、それは過酷なことで、絶望のふちに沈みました。でもそれは大学に戻り、陸上に取り組むまでのことでした。

 私は目標を決め、それを越えることに喜びを感じ、新しい自信が生まれました。そして何より、私にとって大切なのは…私が持っているものであって、私が失ったものではないということを学びました。

 私はアテネと北京のパラリンピック大会に出場しました。スポーツの力に感動させられた私は、恵まれていると感じました。2012年ロンドン大会も楽しみにしていました。

 しかし、2011年3月11日、津波が私の故郷の町を襲いました。6日もの間、私は自分の家族がまだ無事でいるかどうかわかりませんでした。そして家族を見つけ出したとき、自分の個人的な幸せなど、国民の深い悲しみとは比べものにもなりませんでした。

 私はいろいろな学校からメッセージを集めて故郷に持ち帰り…私自身の経験を人々に話しました。食糧も持って行きました。ほかのアスリートたちも同じことをしました。私たちは一緒になってスポーツ活動を準備して、自信を取り戻すお手伝いをしました。

 そのとき初めて、私はスポーツの真の力を目の当たりにしたのです。新たな夢と笑顔を育む力。希望をもたらす力。人々を結びつける力。200人を超えるアスリートたちが、日本そして世界から、被災地におよそ1000回も足を運びながら5万人以上の子どもたちをインスパイア(激励)しています。

 私たちが目にしたものは、かつて日本ではみられなかったオリンピックの価値が及ぼす力です。そして、日本が目の当たりにしたのは、これらの貴重な価値…卓越、友情、尊敬…が、言葉以上の大きな力を持つということです。

(2013年9月13日14時35分 読売新聞)
[PR]
by denhazim | 2013-09-13 15:37


f0180726_11134032.jpg
東京電力は11日、福島第1原子力発電所の汚染水貯留タンクから高濃度汚染水が漏えいした問題で、タンク北側の観測用井戸で10日に採取した水から、放射性物質のトリチウムが1リットル当たり6万4,000ベクレル検出されたと発表した。

今回、トリチウムが検出された観測用井戸は、8月に約300トンの汚染水漏れが明らかになったタンク北側に位置する。トリチウムの値は、8日採取分の1リットル当たり4,200ベクレルと比べて約15倍に上昇し、原子力施設からの放出限度である同6万ベクレルを上回った。

このほか、9日採取分からトリチウムが1リットル当たり2万9,000ベクレル、10日採取分からストロンチウムなどのベータ線を出す放射線物質が同2,000ベクレル検出された。同社は「タンクからの漏えいの影響による可能性が高い」としている。

また、タンク南側の観測用井戸では、9日採取分からトリチウムが1リットル当たり350ベクレル、10日採取分からトリチウムが同350ベクレル、ベータ線を出す放射線物質が同21ベクレル検出された。

同社は、今後も引き続き、タンク周辺の観測用井戸の分析を行い、漏えい範囲の調査を継続していくとしている。
[PR]
by denhazim | 2013-09-13 11:13