人気ブログランキング |

<   2016年 05月 ( 45 )   > この月の画像一覧



f0180726_7143026.jpg

アメリカのFDA=食品医薬品局は、5日、「未成年者の健康に影響を及ぼすおそれがある」などとして、「電子たばこ」を18歳未満の未成年者に販売することを禁止すると発表しました。
「電子たばこ」は、ニコチンや香りの成分などを含む液体を電気で蒸発させ霧状に変えて吸うもので、世界的に禁煙の取り組みが広がるなか、たばこに代わるものとして市場が急速に拡大しています。
こうしたなか、アメリカのFDAは5日、電子たばこに関する初めての規制を発表しました。
この中で、電子たばこが「未成年者の健康に影響を及ぼすおそれがある」などとして、18歳未満の未成年者に電子たばこを販売することを禁止し、販売に当たっては本人であることを証明するものの提示を義務づけています。
また、メーカーに対しては、電子たばこに含まれる成分をFDAに提出することや、販売の前に審査を受けることを義務づけています。
FDAの調査によりますと、アメリカでは電子たばこを使っている中学生や高校生はおよそ300万人と急激に増加し、電子たばこの使用がたばこの喫煙に結びついているという指摘も出ていて、規制を求める声が高まっていました。
日本国内では、ニコチンを含んだ電子たばこの販売は認められていません。


f0180726_7125261.jpg

シリア・パルミラ(CNN) ロシアのオーケストラが5日、シリア中部パルミラの遺跡でクラシック音楽の演奏会を行った。パルミラは過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に一時占領されていたが、ロシアの支援を受けたシリア政府軍によって3月に奪還されたばかりだ。
ロシア軍は演奏会を取材させるため、ジャーナリスト約100人を5台のバスに乗せ、シリア北西部のラタキアからパルミラまで6時間半かけて運んだ。バスの車列は装甲戦闘車両の護衛を受けたほか、上空では攻撃ヘリが旋回して警戒に当たった。
パルミラ奪還後、ロシア軍は数週間かけて遺跡内で爆発物や不発弾の撤去を行ったという。
演奏会が行われたのはローマ時代の円形劇場だ。昨年7月、ISISはここで25人の「処刑」を行い、その様子を撮影したビデオを公開した。ISISは3月にシリア政府軍がパルミラを奪還するまでに多くの歴史的建造物などを破壊した。
演奏会ではワレリー・ゲルギエフ氏指揮のサンクトペテルブルク・マリインスキー劇場管弦楽団がプロコフィエフやバッハなどの作品を演奏した。観客の多くはロシア軍兵士と、ロシア・シリア両国の高官で、ロシア国営テレビが舞台の設営や中継を行った。
開始前にはプーチン大統領のスピーチが生中継で流された。同大統領は演奏会について、テロ被害者すべてへの追悼であり、「自らの命の危険も顧みずにテロと戦う人々すべてへの感謝」のしるしだと述べた。
シリアの国営シリア・アラブ通信(SANA)によれば、6日にはシリア国立交響楽団などによる演奏も予定されているという。


f0180726_792373.jpg


さて、アメリカ大統領選予備選のこと。

結局、共和党の候補はトランプに。共和党の主流派の多くも、いまのトランプの勢いに屈せざるを得なかったということ。インディアナ州の予備選以降、結構多くの共和党実力者がトランプになびいた。

共和党の重鎮の一人、ジョン・マケイン上院議員もトランプ支持を表明した。ともかくまずは勝ち馬に乗れ!ということらしく、そこに主義主張なり定見があるわけじゃない。政治家特有の駆け引きだ。もし定見らしきものがあったとすれば、それは「クルーズは死ぬほど嫌い」という当初からの思いかもしれない。超右派で危険な原理主義者のクルーズよりは、素っ頓狂な大口たたきの実業家、トランプの方が組みやすし...とでも思ったのか。

まあ、第三者から見ればどっちもどっちなのだろうが、もしトランプが大統領選の本選でヒラリーに勝つ、などということが起きた場合は、その影響は世界に及ぶ訳だから、のんきに構えてはいられない。

トランプの同盟国は米軍の駐留経を100%負担すべきだという主張やら移民対策、貿易協定のあり方...等々、彼が本気であるなら大変な話だ。

clinton trump

それでは本選の行方はどうなるのか...ということだが、実はかなり「まずい」状況になっている。なにが「まずい」のかといえば、もしかすると本当にトランプが大統領になってしまうかもしれないから。

現段階の世論調査では、ヒラリーがトランプを5~6ポイントほどリードしているようだが、その程度の数字はあっという間にひっくり返る。特に多くの米国民から嫌われている二人による闘い(これも珍しい話だ...)だから、ちょっとしたことで形勢は逆転する。

例えば現実にはまったく即していない無理筋の主張であっても、一人でも多くの米国民が単純に「おお、そうだそうだ!」となるような主張を大声で訴えれば、間違いなく瞬時に状況は一転するに違いない。

一般的な米国民にはほとんど興味のない事柄だが、話を分かりやすくする意味で日米同盟の例で説明すると、トランプの「米国が攻撃を受けても、日本は何もしなくていい。それはフェアじゃない。だから駐留費を全額負担しないなら、駐留米軍の撤退もあり得る。アメリカはもう世界の警察にはなれないし、それだけの金もないから...」なんていうもの言いは、「おお、そうだそうだ!」となりやすい。

ここでヒラリーが、「在日米軍は日本防衛のためだけに存在するのではない。朝鮮半島、中国、南シナ海など、アジア太平洋の安定は米国の国益そのものだ」なんて力説したとしても、多くの米国民はそんなことには耳を貸さないし、多分きちんと理解しようとしないだろう。

経済政策にしても、一ドルでも多くアメリカが得するための方法はなにか...に話を収斂させるに違いない。つまり、国際安全保障政策にしても対外経済政策にしても、すべてをバランスシート上の損得話にしてしまう訳だ。これって単純でわかりやすいから。

そうはいってもこれまでの国際関係上の取り決めや約束事があるから、そう簡単にはいかないだろう...と思う人も多いはずだ。もちろんその通りで、トランプが大声でいっていることが簡単に現実になる訳じゃない。

しかし...だ。トランプやヒラリーはいま実際に安全保障問題や経済政策の舵取りをしている訳じゃない。やっているのはあくまでも「選挙戦」でしかない。だからそこでの目標は、いかにして選挙で一人でも多くの米国民に「おお、そうだそうだ!」と思わせるかが重要で、その意味ではトランプのものいいは、今のアメリカ社会では実に有効に機能しているのだ。

質はまったく違うけれど民主党のサンダースが、「1%の金持ちだけが得をしている格差社会」を大きな問題として、その改革を進めるための「夢」を分かりやすく語って圧倒的に若い世代の支持を集めているのと似ていなくもない。そこに実効性がなくても多くの人がサンダースに票を入れている訳だから。

こう考えてくると、俄然トランプが有利に思えてくる。大きな流れで見れば、暴言でアピールして支持を得てきたトランプは、本選で少しだけ軌道修正すればヒラリー嫌いの浮動票を結構簡単に獲得できるように思える。

実際トランプは、早くも政策を軌道修正。法定最低賃金について昨年11月には「上げない」といっていたのに、最新のインタビューでは最低賃金引き上げを示唆。「私は大部分の共和党員とは違うんだ」と嘘ぶいている。

一方ヒラリーはといえば、本選に勝つために必要な共和党穏健派の票を取り込むために、現状よりさらに保守に傾倒する必要がある。これ、かなり大変なことで、下手をすると民主党左派(つまりサンダースを支持しているような人たち)の票をぐん~と減らすことにも繋がりかねない。それでなくてもサンダースは、この期に及んでも「最後まで頑張る!」と意気軒昂な訳だから、予備選が終わったあと、本選に向けてすんなりと民主党がまとまるとは考えにくい。だからといってヒラリーが、サンダースを副大統領候補にするとも思えないし。

ただ、人気、実力ともに高いマサチューセッツ州選出の上院議員、エリザベス・ウォーレンを副大統領候補にする...というのは悪くないアイディアに思える。彼女の実力は折り紙つきだし、多分、ヒラリーより大統領にふさわしいぐらいの人物だから。彼女はサンダースと考え方が近い(けれども彼の支持を表明している訳ではない)から、その支持層もサンダースと重なる。当然ながらこの場合、民主党の正副大統領候補が女性ということになる訳だが...。

とにもかくにも今回のアメリカ大統領選挙は、「前例のない」もの、もしかすると不毛な議論や誹謗中傷が乱れ飛ぶ、最低のものになるかもしれない

f0180726_742311.jpg

英国で5日、ロンドン市長とスコットランドやウェールズ、北アイルランド議会など地方選挙の投票が行われた。ロンドン市長選は保守党、ザック・ゴールドスミス氏(41)と労働党英国で5日、ロンドン市長とスコットランドやウェールズ、北アイルランド議会など地方選挙の投票が行われた。ロンドン市長選は保守党、ザック・ゴールドスミス氏(41)と労働党、サディク・カーン氏(45)の事実上の一騎打ち。世論調査ではカーン氏がリード。ロイター通信によると、同氏が当選すれば、欧米の主要な首都で初のイスラム教徒の市長となる。

 欧州連合(EU)離脱を巡る6月23日の国民投票が約1カ月半先に控えるが、各選挙の争点はいずれも地元の問題に絞られ、EU問題は大きな争点にはなっていない。保守党のボリス・ジョンソン市長(51)の任期満了に伴うロンドン市長選の争点は高騰する住宅費、交通事情の改善、テロ対策など。有力2氏はいずれも下院議員で、ゴールドスミス氏が富豪の息子である一方、パキスタン系のカーン氏は公営住宅育ちの人権派弁護士と対照的だ。

 市長選は投票翌日の6日朝(日本時間同日夕)から開票し、早ければ同日夜に大勢判明の見通し。(共同)

 欧州連合(EU)離脱を巡る6月23日の国民投票が約1カ月半先に控えるが、各選挙の争点はいずれも地元の問題に絞られ、EU問題は大きな争点にはなっていない。保守党のボリス・ジョンソン市長(51)の任期満了に伴うロンドン市長選の争点は高騰する住宅費、交通事情の改善、テロ対策など。有力2氏はいずれも下院議員で、ゴールドスミス氏が富豪の息子である一方、パキスタン系のカーン氏は公営住宅育ちの人権派弁護士と対照的だ。

 市長選は投票翌日の6日朝(日本時間同日夕)から開票し、早ければ同日夜に大勢判明の見通し。(共同)


f0180726_6595142.jpg

[ニューヨーク 5日 ロイター] - ロイター/イプソスが5日公表した世論調査結果によると、11月の米大統領選挙をめぐり、民主党のヒラリー・クリントン氏、もしくは共和党のドナルド・トランプ氏のどちらかを支持している米有権者のうち、約半数は支持する主な理由として対立候補の勝利を阻止するためと答えた。

調査では11月の本選に向けてトランプ氏もしくはクリントン氏を支持する主な理由について質問。これに対し、トランプ氏支持者の約47%はクリントン氏に勝利してほしくないためと回答した。また、43%はトランプ氏の政治的スタンスに好感を抱いているためとしたほか、6%は個人的に同氏を気に入っているためと答えた。

同様にクリントン氏の支持者も、約46%がトランプ氏に大統領になってほしくないためと回答。40%はクリントン氏の政治的スタンスに賛同しているためとしたほか、11%は個人的に同氏を気に入っているためと答えた。

バージニア大学のセンター・フォー・ポリティクスのディレクター、ラリー・サバト氏は世論調査結果について、有権者が対立政党をますます恐れるようになっており、米国におけるイデオロギー対立が進んでいることを示していると指摘。前国務長官のクリントン氏と不動産王のトランプ氏が本選で争うことが見込まれる中、こうした感情は一層悪化していると述べた。

調査は4月29日─5月5日に実施され、トランプ氏に投票する意向を示した469人、クリントン氏に投票する意向を示した599人が調査対象に含まれている。


f0180726_6554855.jpg

【ワシントン=加納宏幸】米共和党のライアン下院議長は5日、トランプ氏への支持について「現時点では準備ができていない」と述べ、トランプ氏が同党を団結させる意思があるかを見極めるまで留保する考えを示した。米CNNテレビのインタビューに答えた。

 ライアン氏は「すべての共和党員、保守主義者を結束させる旗頭が必要とされている」と語った。下院議長の大統領権限継承順位は副大統領に次ぐ。共和党では最高位にあるライアン氏の発言は、トランプ氏の指名獲得に対する主流派の抵抗感を物語っている。

 共和党のブッシュ元大統領、ブッシュ前大統領、2008年の指名候補だったマケイン上院軍事委員長、さらにロムニー元マサチューセッツ州知事はそれぞれ指名候補を正式に決める7月の党全国大会への出席を見送る意向を表明した。



f0180726_6535221.jpg

主体朝鮮(北朝鮮)の尊厳と国力を最上の境地で輝かせた」

 北朝鮮の金正恩第1書記は6日に平壌で開幕した朝鮮労働党大会の演説で、今年1月と2月に相次いで行った核実験と事実上の長距離弾道ミサイルの発射実験が「大成功」だったと絶賛、核と経済の並進路線を堅持する姿勢を鮮明にした。

 グレーのスーツ姿の正恩氏は、故金日成主席と故金正日総書記の肖像を背景にしたひな壇の中央に立ち、最高人民会議の金永南常任委員長と朝鮮人民軍の黄炳瑞総政治局長を両横に従えた。左手で原稿を無造作に握りながら、高揚したような早口で演説を進めた。

 建国以来、国家に尽くし、他界した党幹部や科学者の名を数十人読み上げて業績をたたえ、黙とうを呼びかけるなど、年配者への尊敬の念を強調。時折、嵐のように起こる拍手を浴びながら、党大会を「社会主義の偉業を完成する新たな里程標」「勝利者の大会、栄光の大会」と呼び、意義を強調した。(共同)


f0180726_6521471.jpg

【ソチ=峯匡孝】安倍晋三首相は6日午後(日本時間同日夜)、ロシア南部ソチの大統領公邸で、プーチン大統領と会談した。安倍首相は北方領土問題に関し「今までのアプローチとは違う新たな発想で交渉を進めないといけない」と提案し、解決に向けた基本的な考え方を確認した。

 両首脳は、9月に極東ウラジオストクで開く東方経済フォーラムで再び会談することも確認。プーチン氏の来日については、引き続き適切な時期を模索することで合意した。ロシアのラブロフ外相によると、北朝鮮情勢に関し、核保有を認めないことでも一致した。

f0180726_1120214.jpg

f0180726_1120914.jpg

 May the force be with you! 本日5月4日は「スター・ウォーズの日」。それを記念して、スター・ウォーズに欠かせない、超人気ドロイド「R2-D2」のゴミ箱を限定3台の特価1万9990円で販売しちゃいます。


f0180726_11162644.jpg

現マクラーレン・オートモーティブの前身であるマクラーレン・カーズが最初に生産した市販車"マクラーレンF1"は、その修理・メンテナンスのためにいまだに1996年製のノートPCを必要としています。

マクラーレンF1は1993年の発売当時、約1億円という価格が話題となったスーパースポーツカー。とはいえ、いまだに自然吸気エンジン搭載車では世界最速とも言われています。

マクラーレン・カーズは生産開始から23年が経過するマクラーレンF1のサービス用PCとして、コンパックLTE 5280シリーズを供給していました。理由はこの3座スポーツカーの修理・メンテナンスを実施するために必要なカスタム仕様の「CAカード」を取り扱うため。

CAカードとは、Conditional Accessカードのことで、テレビのB-CASカードのようなもの。マクラーレンF1の統合化システムにアクセスするためにMS-DOSベースのソフトウェアで動作します。

自動車ニュースサイトJalopnikによれば、マクラーレン・オートモーティブは「CAカードがF1のシステムにアクセスする唯一の方法」と語り、これに対応する20年もののコンパックLTE 5280シリーズを確保するのに苦心しているとのこと。

ただ、マクラーレン・オートモーティブはまだこの車を見捨てておらず、モダンなPCからアクセス可能とすべく新たなインターフェースの準備に取り組んでいるとしています。よってもしこのスーパースポーツカーを入手しようとしている人がいるならば、それを取りやめにする必要はなさそうです。


産業用機器や高価なCADソフトウェアなどには、シリアルまたはパラレルコネクターを利用したハードウェアキー(ドングル)を必要とするものがありました。それらは本体やソフトウェア側のバージョンアップとともにUSBキーなど新しいインターフェースに置き換えられています。